メルセデス・ベンツ Aクラス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ    

ベンツマーク メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz A-Class)は、
ドイツの自動車ダイムラー・アーゲー(Daimler AG ) 生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで販売している

タイプ:ハッチバック
クラス: A  


メルセデス・ベンツが発売する車種の中で最もサイズが小さく、
安価に設定されている。北米など、販売されていない市場もある。

それまで最も安価な車種であったCクラスの
約2/3の価格でAクラスが発売されたため、メルセデス・ベンツのブランディングに非常に大きな反響があった。

日本でメルセデス・ベンツのブランディングが確立した1990年代までの「Das Besten oder Nicht(最善か、無か)」の時代と比較して、半額程度で新車が購入できることを意味している。

日本におけるメルセデス・ベンツのモデル別販売台数では、

1位:Eクラス 9,639台、2位:Sクラス 8,078台、3位:Cクラス 8,042台、
4位:Bクラス 7,189台、5位の 5,157台(2006年、日本自動車輸入組合) 

Aクラスベースの燃料電池車「F-Cell」は日本、米国、ドイツなどに
計60台が納入され、排気ガスを出さないクリーンな自動車として活躍している。







燃料電池車「F-Cell」ってお会いしてみたいなぁ〜 

ん・・ 
乗ってるヨ!? ですって わぁ〜 
          きっと特別なの^^☆ねぇ


エーー。 
しかも先週のバレンタインディから 
      虫歯できそうーーーー?ですかぁ^^???


今年 09'02'14 って覚えていますか^^ 
特別な日だったわ^^あなたにとっても特別だったと・・・


2月に記録 半袖 夏日って26°観測史上初を記録だった日^^
って??? チョコ溶けちゃったよねぇ^^



う・・海外か、、、
ベルギーチョコ中心だったって?? 理解!?




花粉怖くて 仕事以外出かけたくないわ
なぜか?今年 逆義理チョコ・・・もらっちゃったワ♪




じゃ

 
無理のない 
いい時を過ごされてください
kei

メルセデス・ベンツ Aクラス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ    

ベンツマーク メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz A-Class)は、
ドイツの自動車ダイムラー・アーゲー(Daimler AG ) 生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで販売している

タイプ:ハッチバック
クラス: A  


ボディサイズはCセグメント(マイクロカー)に属し、メルセデス・ベンツのエントリーモデルに位置づけられる
ハッチバック型のコンパクトカーである。

同じプラットフォームを使用した派生車種として、
Bクラスとバネオがある。(バネオは初代Aクラスベース)

Aクラスのボディは
もともと蓄電池や燃料電池を動力源とした電気自動車用として設計、
開発された経緯がある。

それらを搭載するため フロアが二階建て構造となっているのが特徴。

実際は、燃料電池の開発の遅れ 車載タンク容量の問題 インフラ整備の遅れなどの水素がらみの問題が解決されず、

結局ディーゼルエンジンおよびガソリンエンジンを搭載した
メルセデス・ベンツ初のFF車としての販売がメインとなった。

二階建て構造はそのまま残され、これについてメルセデス・ベンツは、前突の場合にエンジンマウントが破壊され、エンジンやトランスミッションが床下(本来の電池室)に潜り込むことで、短い車体ながら生存空間を捻出し、高い衝突安全性を誇るとしている。





電気自動車用として設計のため

  フロアが二階建て構造だったのに・・・



燃料電池の開発の遅れは。。 
           残念!


ただ 高い衝突安全性を誇る 

     か いい面もあるのかなぁ・・?









暖冬・・?雨降りの東京

春分近くとは言っても まだまだ 寒い冬・・・だねぇ


無理のないように ねぇ^^ kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


大戦後

300SLスポーツクーペ/ロードスター。世界初のガソリン直噴エンジン搭載車。クーペはガルウイングが特徴。
ガルウイング ( 英語:Gull wing 英語で「カモメの翼」)ガルウィングドアとは、上向きに開くタイプ。

1982年発表
190E(W201)長らく小型車を持たなかったメルセデスが、業界を驚かせた。アメリカのCAFE対策で生まれた車。

名称も本来メルセデスは排気量を示す「190」がそのまま車名になってしまい、2.3リットルモデルは、190E2.3等とCクラス出現までは変則的な名称となってしまった。

デザインは、
社内デザイナーのブルーノ・サッコの手による。ブレーメン工場で初めて生産された。小型化するために世界初のマルチリンク
(ポルシェ・928のバイザッハアクスルが先とする説もある)

本来の目的はラリー参戦、アメリカ合衆国で販売する際のメーカーの総排気量規制の結果とも言われている
(ラリー参戦は実現しなかったがツーリングカーレースには参戦)

コスワースが開発に協力した
高性能版『2.3-16』後の『2.5-16』は特に有名で4ドアセダンの高性能モデルの魁となった。

オリジナルの
2リットル版の他に2.3/2.6リットルの直6や2.5リットルのディーゼルを搭載した車両もあったが、
ボディタイプは上級車であるミディアムクラス(後のEクラス)と異なり4ドアセダンのみだった。

バブル経済時代の
日本では5ナンバーサイズに収まることから「小ベンツ」と呼ばれ
もっとも街中で見かけるメルセデスと言うことで揶揄された。

しかしサスペンション等、上級車であるミディアムクラス
(後のEクラス)との共通部品が多く、いわゆるダイムラー・ベンツとクライスラーの合併以前の
「Das Besten order Nicht(最善か、無か)」時代のモデルである。



へぇ^^
ガルウィングーー 
        カッチョイイーー



イメージ  

       セレブマークのお兄さまが運転席から
       
          そして アニメでは            
          
            目がキラーン☆ー 光る感じかなぁ
              
              
              
               
                 
もうすぐ10月に今年も後半ですねぇ〜
 
今年の秋。。なんか足早寒くない?  
気のせい・・?




じゃ 
健康第一の^^秋 いい時をねぇ♪  kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


かつての車種
第二次世界大戦前・大戦中の車種

540K ホルヒ853と互角に競った、最高のパーソナルカーである。
当時、どの自動車会社もスペシャリティモデルはすべてコーチワークをコーチビルダーに任せていたが
先代の500K同様、自社でコーチワークを行っている。

その完成度はコーチビルダーに勝るとも劣らない程であった。
又、映画サウンド・オブ・ミュージックでもこれのカブリオレBが使用されている。


260D 世界で初めてディーゼルエンジンを搭載・市販された乗用車である。


770(770K) 通称「グローサー・メルセデス」と呼ばれている
直列8気筒のこのモデルは タイムラー・ベンツのフラッグシップモデルである。

主な顧客は世界の王侯貴族や富豪層、そしてヒトラーを始めとする
国家社会主義ドイツ労働者党の高官達である。モデルは初代と2代目がある。


国家社会主義ドイツ労働者党では戦勝地でのパレードで国力を見せつけるために使用された、
まさにグローサーの名に恥じない偉大なモデルである。


このグローサーの初代モデルはかつて大日本帝國の皇室で昭和天皇の御料車として
15年以上使用された(ドイツ、Stuttgartのメルツェデスベンツミュージアムで展示)。


同じ770でもヒトラーら国家社会主義ドイツ労働者党の高官達のものは、
当時のダイムラーベンツ社の技術部長であったフェルディナント・ポルシェ

開発によるスーパーチャージャー(Kompressor)を追加したものであり、
特にヒトラーのものはレーサーのルドルフ・カラツィオラ(Rudolf Caracciola)により納車された。






770(770K) 通称「グローサー・メルセデス」は
顧客は世界の王侯貴族や富豪層、そしてヒトラー

>顧客は世界の王侯貴族や富豪層


だ^^なんて
   ん^^ ドキドキ楽しくなるわ





あと 数時間で 9月 
読書の秋なんて ちょっと^^いいかも



そろそろ・・・   秋晴れ 待ち遠しいわ

いい秋の日を  過ごされてねぇ♪  kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

現行モデル

Sクラス
Cクラス
CLクラス
GLクラス
アクトロス
セダン/サルーン
Cクラス【190E→Cクラス】(1993年- 3代目)
Eクラス【ミディアムクラス→Eクラス】(1985年- 3代目)
Sクラス[フラグシップモデル](1972年- 5代目)
→初代、2代目、3代目、4代目、5代目

クーペ/カブリオレ
Cクラススポーツクーペ(2000年- )
CLKクラス(1997年- 2代目)
CLクラス【Sクラスクーペ→CLクラス】(1996年- 3代目)
CLSクラス【4ドアクーペ】(2005年- )
SLRマクラーレン(2004年- )
SLKクラス(1996年- 2代目)
SLクラス(1954年- 5代目)

ステーションワゴン
Cクラスステーションワゴン(1996年- 3代目)
Eクラスステーションワゴン(1985年- 3代目)

SUV/クロスオーバーSUV
Gクラス(1979年- )
Mクラス(1997年- 2代目)
GLクラス(2006年- )
Rクラス(2006年- )

ミニバン/1BOX
Vクラス【ビアノ→Vクラス】(1998年- 2代目)

ハッチバック/2BOX
Aクラス(1997年- 2代目)
Bクラス(2006年- )
バネオ(2003年- )

その他(ビジネスカーなど)
ウニモグ(多目的トラック)
トランスポーターT1N、スプリンター(商用バン)
アクトロス(大型トラック)
トゥーロ(大型観光バス)
シターロ(大型路線バス)

かつての車種
第二次世界大戦前・大戦中の車種 S/SS/SSK/SSKL 通称Sシリーズ。

1927年、
前身のKシリーズをいっそうスポーティにした
モデル「S」(SはSport(シュポルト)の略)が登場。
設計はフェルディナント・ポルシェである。

前身のKシリーズのフレームに
キックダウンをつけることで低重心化し、エンジン位置も調整したもので、市販車であるがそのままレース出場すら可能な、文字通りのスーパースポーツカーである。

Sシリーズはエンジン排気量・ホイールベースの改良で SSK/SSKLへと進化。

SSKに至っては、1920年代の市販車でありながら、
最高速は時速192kmを出すことが可能であったという。

日本では、SSKがルパン三世の愛車としても知られている
但し、エンジンはフェラーリ12気筒に変更されているという設定。

究極的には、エンジンを当時としては例のない300馬力まで強化し、
大幅にストリップダウンされて軽量化したSSKLとなり、最高速は時速235kmに達したが、これはレース専用であり、僅か数台が製造されただけであるとされる。

SSKLは、1931年には、伝統のミッレ・ミリアを制したことでも名高い。

Sシリーズは、名手ルドルフ・カラツィオラの活躍や、
その生産台数の少なさもあり、現在まで伝説のマシーンとして記憶されている。

170H


へぇ〜〜

日本では、SSKがルパン三世の愛車としても知られている
但し、エンジンはフェラーリ12気筒に変更されているという設定。


だったの??  なかなか知らない  面白い話ってあるわねぇ〜


もうすぐ  
8月暑さに負けず 無理の無い日々で乗り切ってください♪

 ^^kei



メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


バス

1993年に
西日本鉄道などへ導入された2台を最後に新車での輸入は
途絶えていたが、

その後2006年になって、
東京都内の新規貸切バス事業者によって、イギリスで使用されていたスーパーハイデッカー「トゥーロ」が中古車で2台輸入されており、

現在は日の丸自動車グループに売却されている。


路線バス車両については、
大阪市交通局の小型コミュニティバス(通称「赤バス」)に
メルセデス・ベンツ・スプリンター(T1N)が13台導入されたのが最初である。

2007年末に
神奈川中央交通に連節バス(シターロG)が導入されている。



多目的商用自動車

様々な特殊パーツを装備できる
ウニモグをワイ・エンジニアリング株式会社が販売している。









メルセデス・ベンツ・^^の
小型コミュニティバス(通称「赤バス」)ですって

   なんかワクワク気分になるわ^^
       大阪の方は 乗られたかしら〜



神奈川中央交通に連節バス(シターロG)なら見に行けそうだわ♪






 ところで^^ワクワク元気サイトへ 今飛んできたから
      
             数記事UP後にご紹介しますねぇ





もうすぐ〜〜〜♪ 

      夏〜〜〜〜ですねぇ  リボン元気で^^ kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


欧米出荷モデルと日本モデルとの違い

欧米の 正規代理店で購入できる車種と、日本国内の正規代理店 から購入できる車種で、装備や 内装などに違いがあることがある。


販売戦略によるケースが 大部分であるが、

一部法規や、マーケティング分析の明らかなミス・手抜きと
思われる様なものもあり、ユーザー間で是正が待たれている。


他の高級車に装備されたり、

欧米での購入時には対応できるもので、
国内購入のメルセデス・ベンツに装備されない ものの一例

ハンズフリー装置:DoCoMo(mova、後にFOMAを追加)のみ対応。

BMWなどの 競合他社は 基本的に 全キャリア対応となる。


HDDカーナビ:Sクラスや、Aクラスなど一部の車種のみに対応しており(最販売車種であるEクラスなどには設置ではない)

競合他社は基本的に
標準かオプションなどで HDDカーナビを選択することが出来る。


尚、Cクラスでは W204からHDDナビゲーションシステムを採用しており、現在非対応の既存のモデルも今後はモデルチェンジに合わせて対応を進めるものと思われる。

オートクルーズコントロール:前車との位置により自動的に加減速する装置であるが、法規上の問題に対応できず
Sクラス以外には 装備されていない。

iPod接続機能:最近販売された一部車種のみ接続でき、
大部分の車種で接続できない
(外部入力端子そのものがないケースが多い)。

SOSシステム:事故時などに、自動的に事故情報と生存者の状況を問い合わせるための音声回路が接続されるシステム。北米で運用されている。


へーーーーーーェ・・、

SOSシステムなんか あるなんて・・・

今学んだわ コレ日本車に欲しい システムだわ^^♪


月末に
しか来記事出しできなく成っていますが 

日々いらして頂き  感謝^^です。


いい春の 日々で〜


kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

メルセデス・ケア

1998年4月以降(AMG、Gクラスは6月以降)に、

正規販売店で新車を購入した場合、

3年間の
無料保障と故障や事故時に「24時間ツーリングサポート」を

受けることが出来るサービス。


特徴的なのは、
一般的な故障などのほか、


ワイパーブレード、オイル、ブレーキパッド、ブレーキディスクなど

一部ではあるが 
消耗品も無料交換の対象となることである。


車検整備にかかる費用

及び 車検取得に必要な 諸費用は 含まれない。




そうっか

>一部ではあるが 消耗品も無料交換の対象

うん!  さすがだねぇ^^♪



エ・・あ。。

今回も 1ヶ月^^

 長かったって  ゴメンなさい。

いつも 覗いて頂き ありがとうございます。


ただ記事^^
次回1ヶ月に1回は 来ます^^  ねぇ


ありがとうーーーーー 感謝 ^^感謝♪


どうぞ〜いい時間を〜

3月花粉に注意^^☆  kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

乗用車

正規ディーラーとして長年取り扱ってきたヤナセと、

1990年代以降に
スタートしたシュテルン(現メルセデス・ベンツ店)での
取り扱いが行われている。


バブル景気末期の1980年代後半から1990年代前半にかけて、
一部の
三菱ギャラン店で販売されていた事があった。

現在も三菱系ディーラーが
メルセデス・ベンツ店を運営する場合もある。


またシュテルン店の母体の一部には

トヨタや 日産などの 国産車ディーラーの 子会社が
運営しているところもある。

このほか、
並行輸入がいくつかの輸入業者によって行われており、



正規輸入ディーラーでは取り扱っていない
車種やオプションの組み合わせを購入することが出来る。




わぁ〜〜〜^^

おめでとうございます
っ。。かなり・・・・・遅ればせながらでゴメンねぇ♪ 

お元気そう〜
こちらは 元気です^^。


いつも 来ていただき感謝
^^♪


少し〜〜最近 忙しさに くたばりそうで^^
ついに 先日 強行突破で タイランドへ


遊びに? 仕事に? 行ったわ


実は・・大好きに成ったところがあるわ^^

紹介 
Zoo^^動物園 だわ〜♪


お茶目な 彼??^^が住んでいるのよ
エ・・誰って


ダンスの上手な ぞうさん^^
信じられないでしょ〜  

本当に お茶目で身軽な ステップなんだから

  タイ バンコクへ行ったら
    ドウシット動物園 ゾウさんに会って来てねぇ〜☆




おっと・・  いけないーーーーっ
忘れそうに、、、



車種やオプションの組み合わせの・・・・


そんな^^ 我が儘聞いてくれるなんて 贅沢だわ〜 
正規輸入ディーラーでは取り扱っていない


それが 本当の狙い目 
かゆいところにまで手が届くイメージだわ^^



 

さてさて^^
忘れた頃にやってくる・・・・

なんて 言わないでください
月1回は  忘れず  抜き打ちテスト状態で
来ます^^


いい日々で  過ごされてねぇ  kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

日本における販売

S600日本における販売台数は、49,713台
(2006年、日本自動車販売協会連合会)である。

内訳は、
 1位:Eクラス 9,639台、
 2位:Sクラス 8,078台、
 3位:Cクラス 8,042台、
 4位:Bクラス 7,189台、
 5位:Aクラス 5,157台
(2006年、日本自動車輸入組合)など。



「高級車」「高価」というイメージだけが先行して浸透しており

 車自体の質について語られることは少ない。


また、
 「暴力団」がよく好んで乗る車(特に黒)というイメージもある。

 浜田省吾の「MONEY」という楽曲の歌詞には、

  金持ちの象徴としてドン・ペリニヨンとともに引用されている。





うわぁっ^^。
   そう〜〜〜ドン・ペリは 金持ちの象徴なんだねぇ



っ     先日 飲んだのですが^^



    クリスマス?”食ってスマス会”

    っ 言っても 父とのお付き合いだわ♪

    父も もらいもので^^

    父へ プレゼントした 人も^^

    なんと もらったのねぇ〜 って誰が金持ちか??だねぇ


   今月は今日が

おお・・今年は  今日が最終日じゃないけど・・・〜

今月も来れない 忙しい時間^^ 今がのんびり〜ゆったり時間


あなたの ステキナ  

   今日  今年に 乾杯☆☆  気分はドン・ペリ♪



素晴らしい幸せで 飛躍的な 来年を 

         こころからお祈りしますわ 


  

今年 多くの方々に ここを訪ねていただき 


  ありがとうーーーーーーーーーーーーー^^kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


逸話

シルバー・アロー

メルセデスの
セダン、クーペ、オープンカーでは、
銀色のボティがもっとも人気高い。

この理由のひとつとして
あげられるのが、「シルバー・アロー」の逸話である。

1934年〜1937年
グラン・エプルーブ、グランプリ・レース
(現在のF1世界選手権に相当)は、

後に
「750kgフォーミュラ」と呼ばれることとなる、

車重を750kg以下とするレギュレーションで実施されていた。



1934年の
ニュルブルクリンクにおけるアイフェル・レンネン
(アイフェルレース)前夜、車両重量規定を

     わずか1キログラムオーバーしてしまった

メルセデス・チーム(監督はアルフレート・ノイバウア)は、
苦肉の策としてボディーの純白の塗装を

     すべて 剥がすことを決断する。


一晩かかって塗装を落とした
アルミむき出しの銀色のボディーに、

直接ゼッケンを貼り付けてレースに参戦、そして
この車を駆るマンフレート・フォン・ブラウヒッチュが優勝する。


それ以降メルセデスのレーシングカーは

銀色がトレードマークとなり、「シルバー・アロー」の愛称で
呼ばれるようになった。


また、これ以降ドイツの
ナショナルカラーも、それまでの白色から銀色とされた。

同時期に活躍した、アウトウニオンも同様に

銀の塗装で「シルバー・フィッシュ」と呼ばれ、

第二次世界大戦の勃発する1939年まで、
シルバー・アローとシルバー・フィッシュのドイツ勢が、

グランプリを席巻するのである。






シルバーカラーは  そんな逸話^^があったなんて

チョッスゴ^^


kei

メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


逸話

エンブレム

メルセデス・ベンツの車体に輝くエンブレムは、



合併前の ダイムラー社が使用していた

       スリーポインテッド・スターと


ベンツ社の
 
       円形月桂冠とを併せデザインされたもので、


3点にはそれぞれ「陸・海・空」の各分野で


   ダイムラーベンツ社の
 

           繁栄が込められている。







うぁ〜〜 


す・て・き^^


繁栄が込められなのねぇ〜〜


思わず^^11月生まれの あなたの

あなたの 繁栄も込め たくなるわ〜☆ 

 

kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


逸話 メルセデス

「メルセデス(スペイン語で『慈悲深い人』という意味)」

という名前は、


1899年当時命名され、

ダイムラー車のディーラーを経営していた

オーストリア・ハンガリー帝国の領事、
ユダヤ系ドイツ人エミール・イェネリックの娘の名前である。

「ダイムラー」という
硬い響きを持つブランドネームを避け、

当時流行していたスペイン風の響きを持つ名前をあえて選んだ
と言われている。


「メルセデス」ブランドは非常に有名になったこともあり、


1902年

ダイムラー・モトーレンは、メルセデスを商標登録した。


欧米では一般に

「メルセデス」「メルセデス・ベンツ」と呼ばれるのに対して、


日本では

「ベンツ」と呼ばれることが多い。



ドイツ語の
原音に近い読み方では「メルツェデス」となる。


自動車評論家の

徳大寺有恒は著書や自動車雑誌の中でこの表記を用いることが

殆んどである。

五木寛之も著書の中ではこの表現を固持して使っている。





そ・・〜ねぇ〜

ダイムラー ・・ メルセデス ^^ ベンツ♪



呼び名だけで



・・ かなりイメージが 違ってくるもの

にしても



各国


面白いわ〜    kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

ドイツ、シュトゥットガルトを拠点に、
乗用車と商用車を「メルセデス・ベンツ」のブランドで展開している。


1997年に登場したAクラスが

北欧の自動車雑誌による

“エルクテスト”

と呼ばれる危険回避の運転操作の際に


横転し、

「メルセデス・ベンツにあるまじき失態」
と世界中で報じられることになった。


その後
メルセデス・ベンツは発売した全てのAクラスを

リコールしESPを装着するなどの改修を実施したものの、

この事件は世界中に報道されたばかりでなく、


多くの報道記事において、

同時期に発売されその品質の低さと完成度の低さで

酷評されたMLクラスの失態と並んで報じられたこともあり、

大きく評価を下げることになってしまった。







ふぅ〜〜〜ん そんなこともあったのねぇ〜

何かと 悪い情報は 大きく広がって


いい情報は  そんなに広がらないっ


なんで かしら・・?

kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

1990年代後半では
「Das Besten oder Nicht(最善か、無か)」時代に発売された

車種が一時的に中古車市場にて高値で取引され

程度によっては 後に発売された後継車よりも高値をつけるなど、

ある意味異常な状態も発生した。


一方で、2000年代に以降にデビューした

EクラスやSLクラス、SLKクラスなどはこれらの反省から

品質管理に重点を置き、その結果、

1990年代中版以降と比べ品質は大幅に回復した。

以前と比べ
補器類やゴム部品などの交換耐用年数も大幅に伸びて、

高年式になるとメンテナンスに

手間と金額が掛かる車ではなくなった。


特に2005年以降のイヤーズモデルでは、
新Sクラス(W221)の発売や最販車種である

Eクラスの各種リコール対応による
品質の安定・故障率の低下などもみられている。









そっか・・

メンテになにかと お金がねぇ〜

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

いいなぁ
kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

ドイツ、シュトゥットガルトを拠点に、
乗用車と商用車を「メルセデス・ベンツ」のブランドで展開している。


安全性
1980年以降
オプション装備としてのエアバッグ設定で先行するなど、
自動車の安全向上に関わる実績がある。


コストダウンの弊害
かつては「Das Besten oder Nicht(最善か、無か)」の
企業スローガンの元、「全ての形に理由がある」と言われるほど
質実剛健であり良い意味で過剰性能・品質であったのだが、

1990年代中盤以降の
利益率向上を目指したコストダウンによって、市場に迎合し単なる高額ブランド商品的な製品が多く見られるようになってきた。


特に1997年に
発売されたメルセデス・ベンツとして初のアメリカ工場(アラバマ州)で生産された
MLクラスは、その品質の低さと完成度の低さで
「アラバマ・メルセデス」と酷評され、
全世界におけるブランドイメージを大きく落とすことに
一役買う結果になってしまった。

先代Sクラス(W220)及び先代Eクラス(W210)が登場した際、
古くからのメルセデス・ユーザーが代替した直後乗り味や質感の違いに先々代の新車
(Sクラス:W140、Eクラス:W124)(W124のE500はポルシェによる生産)への交換を要求するなどのことが発生した。






・・大物ブランドの影

過去は、大きな山を 越えてるのねぇ〜
全世界におけるブランドイメージを落としてた


なんて・・


信じられないわね

  で  しかし メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) 



大物 ・・・・  kei



メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

ドイツ、シュトゥットガルトを拠点に、
乗用車と商用車を「メルセデス・ベンツ」のブランドで展開している。

名車

Sクラスを改造したパパモビル(謁見用教皇車)に乗る
ベネディクト16世その後、

1950年代以降のドイツ経済の回復に合わせるように、
ミッレ・ミリアやル・マン24時間レースで大活躍した300SLRや

石原裕次郎の愛車として
有名な300SLなどの数々の名車を送り出す。


その後も1960年代後半に発売された

ミディアム・クラス(現在のEクラス)やR107SL、

「サッコプレート」で有名なブルーノ・サッコの手による、W124
(このときからコンパクトクラスが「E」クラスと呼ばれる)、

また、ドイツのヘルムート・コール首相の専用車であったW126
(当時はクーペの「SEC」も「W126」)、そしてアメリカのCAFE対策で
生まれたW201(通称190E / 現行W204Cクラスにつながる)、

などのヒット作を市場に送り出し、
高級車市場での存在感を持ち続けている。





そうか・・・
すごい     ワ 高級車の風格 ! kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

ドイツ、シュトゥットガルトを拠点に、
乗用車と商用車を「メルセデス・ベンツ」のブランドで展開している。



成り立ち

1886年に
ドイツの技術者、カール・ベンツによって創設された
世界最古の自動車メーカーの一つ。


1920年代より
当時ヨーロッパで盛んになっていたモータースポーツに
積極的に参戦し、数々の好成績を収めその名声を確固たるものにした。


ゴットリープ・ダイムラーが、
ベンツと殆ど同時期に創設したダイムラー社と合併したのは1926年である。


ナチスへの協力

ヒトラー専用車だった
メルセデス・ベンツ770Kナチスの創設者でドイツの独裁者であった
アドルフ・ヒトラーは、政権獲得後の1933年2月11日、

国際ベルリンモーターショーにおける開会宣言で
新時代の交通機関である自動車と自動車道路の建設に注目し、
モータリゼーションの速度を速めることが
国家の防衛力を高めることになると説いた。


これ以降政府は
自動車税の撤廃、アウトバーン建設、国有鉄道にトラック輸送部門の新設等の政策を打ち出した。


ナチス党は、
党内に国家社会主義自動車隊(NSKK)を設け、運転技能者育成を始める。ベンツは運転教官の派遣、教習車の無償提供、

国家社会主義ドイツ労働者党機関への役員の派遣等で積極的に対応、

国家社会主義ドイツ労働者党の強力な
バックアップによりグランプリ・レース、ル・マン24時間レースやミッレミリアなどのレースで同じくバックアップを受ける
アウトウニオンなどとともに活躍した。


1935年ドイツ再軍備宣言以降の
ドイツの軍備拡張を支える企業として、戦闘機のエンジンや軍用車両などの生産を行う。


1939年9月に勃発した第二次世界大戦中は
軍需生産に集中して、連合軍の爆撃の標的になるなどしてドイツの敗戦までの約6年間に壊滅的な損害を受ける。

また、大戦中にユダヤ人や連合軍の捕虜を大量に強制労働者として使用した事から戦後多額の賠償を行うことになった。







ん・・

戦争は 多くの 

悲劇が あるよね・・・。   kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

ドイツ、シュトゥットガルトを拠点に、
乗用車と商用車を「メルセデス・ベンツ」のブランドで展開している。


乗用車

日本で販売されている 車種の価格は、
約250万円台(Aクラス) 〜 5,700万円台(SLRマクラーレン)であり、

すべてのクラスにおいて、
国産車で同じ排気量を持つ車種の1.5倍以上の価格設定である。


2006年の販売台数クラス別ランキング(世界)では、

1位はEクラス、

2位はSクラス、

3位はCクラス、

4位はBクラスである。



商用車

メルセデス・ベンツは、世界最大のトラックメーカーでもある。

バスやバンなども含めたメルセデス・ベンツの商用車の主な市場は、

ヨーロッパのほか、中東、アジア、中南米諸国などである。









へ〜〜

そうなんだぁ〜

これからが メルセデス・ベンツの

学び 時だわ^^♪  kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマークメルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

ドイツ、シュトゥットガルトを拠点に、
乗用車と商用車を「メルセデス・ベンツ」のブランドで展開している。



乗用車
タクシー(ドイツ)
Conecto H世界を代表する高級車ブランドとしての一面と、タクシーなどとしても広く使われる実用車・大衆車の供給者としての一面がある。

欧米のメディアやマスコミにおいては、武器商人や
ビバリーヒルズの歯医者、セレブリティの所有車といった成金的な
イメージとして表象されることも多く、

日本でも
暴力団や芸能、テレビ関係者、スポーツ選手等が好む車の代名詞として知られている。


また、
外交官向け販売を行っていることより、
冷戦時代においては東側諸国の外交官の利用者も多く、
その為「ペルソナ・ノン・グラータ向けの車」と
揶揄されることも多い。



続きを読む