Red Bull Gives You Wings ☆F1へ繋がる2

その2
Red Bull Gives You Wings

    レッドブル、翼をさずける。


Red Bullドリンクを頂いた彼女に サイトで宣伝しますねぇ♪

といったものの 
健康サイトか ものサイトか・・?定まらなくて
パンフの ネットurlから検索して出てきたホームページには



スゴイ・・  ナンダ?????栄養ドリンクの会社  
チャウねん??


まさに・・ 
ココのサイトに出してと 訴え^^語りかけてきました。


内容は リンクさせてあります。
世界のスポーツカーF1情報 や  命知らず達のバイク???
なんだ?????? でしばし 完璧に 頭脳は虜でした。


オーストリア産のレッドブル 
日本には05’ぐらいからと歴史はまだ浅いのですが


Red Bullからの情報はクリスマスプレゼント
みたいだわ^^

簡単に
エキストリームスポーツのスポンサー活動を精力的に行っており、
若年層の支持が非常に大きい。

特にモータースポーツへの参加に意欲的で、F1でのザウバーチームや、BMX、BMXとはBicycle Motocross(バイシクルモトクロス)の略

motoGPロードレース世界選手権( -せかいせんしゅけん)は、
オートバイによるモータースポーツ、ダカールラリーでのスポンサー
を積極的に行っている。

2004年には
F1撤退を表明したジャガーチームを買収、ザウバーのスポンサーを打ち切り

2005年から
レッドブル・レーシングとして参戦している。

2006年からは
F1ミナルディチームを買収してレッドブルのジュニアチームとしてスクーデリア・トロ・ロッソを立ち上げ、WRCのマニュファクチャラー2チームとして、レッドブル・シュコダがヨーロッパで開催される10戦に参戦した。

2008年
ラリー・アルゼンチンからは、WRC4年連続ドライバーズチャンピオンであるセバスチャン・ローブを擁すチーム・シトロエン・トタルのスポンサーとなっている。

モータースポーツ以外でも、
レッドブル・ザルツブルク(オーストリア・ブンデスリーガ)やレッドブル・ニューヨーク(アメリカ・メジャーリーグサッカー)などのサッカークラブをはじめ、数多くのスポーツチームを所有している。

2003年から
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ(Red Bull Air Race World Series)は2003年にレッドブル社の企画で始まった飛行機パイロットによる国際シリーズの総称。


ねぇ^^ 引き寄せの法則って ココサイトならでわの 

情報でしょ 

誕生日に UPさせる情報提供まで頂きましたねぇ〜♪


ありがとう^^ございます。 今年末どうぞ


お元気で 充実と楽しい日々を

  お過ごしください。 kei

Red Bull Gives You Wings☆誕生日にF1繋がり

Red Bull Gives You Wings

レッドブル、翼をさずける。
ってご存知ですか???


お元気ですねぇ♪
誕生日に 東京の山 高尾山☆^^ 行きました。

元気なkeiです。
青空も広がり最高!ニコニコ気分



さぁ〜て 
一緒に登るなんて言ってくれる人も・・・・
と高尾山口下車で 外へ・・?

わ〜ぁ  Very interesting !
ありゃ〜〜? 珍しい車
しかも背中に デカビール??背負って
006.JPG


その近くの女の子と チラ〜と目が
完璧にアイコンモードで ニカっと会釈してきた。

お・・ ナンダ??
思わずいつものコチラも ニカッ☆会釈??
(クリニックの窓口^^モード仕事かなり入ってたかも)

語りだした。
ん・・・keiだったか??彼女だったかどちらが先かは?

栄養補給ドリンクですよ 飲みきり宣伝で 試してもらっています。
へーーーーーーー??? で何?
炭酸飲料で 山登る前に飲んで頂いています。
007.JPG



コンビニでしか販売していません。1本はこの缶よりもう少し大きく
価格は けっこう250円以上とか高いらしい
ふ〜〜ん^^とパンフの小さいものと ここで飲んでねぇ♪と手渡され
008.JPG

誕生日にRed Bull Gives You Wings最高
翼かーーーメチャ嬉しい ^^も〜〜〜らい♪

一本の飲みきり 山を登り 今までとは違う感覚不思議と
疲れを感じません栄養ドリンクの効果を信じたいわ
(いたって単純です)

調べると リポビタンDと同じ効果があると出てきたわ そっかー



数回に分けて 関連記事を出します。


ここから開くのに時間がかかりますが 
ホームページへリンク(モータースポーツ)
Red Bull


スリリングなものを覗きたい方へ必見^^。




いい日で  kei