ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。
                           ( Wikipediaから抜粋です。)

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

アレ もう一台 後ろも


LP400後部
1974年
市販モデルのLP400が登場。
オーバーヒート対策のためボディに多数のエアインテーク、アウトレットが設けられた。
エンジンはより扱いやすくミウラで実績も積んでいた3,929ccエンジンに換装された。
車体構造はテストドライブの際に剛性不足と判断されたため、セミモノコックから丸鋼管を溶接して組み上げたバードケージ(鳥かご)フレームにアルミボディを載せるデザインに変更され、剛性向上と軽量化を同時に果たしている。
LP400は、
マルチェロ・ガンディーニのオリジナルデザインに一番近い生産型、150台しか生産されなかった。
実際の車両重量についてはカタログ記載より約500kg程度重い1.6t、エンジン出力についても実際は330英馬力程度と云われている。これらの数値は実際の各種テストデータ、0〜400m13秒台後半、最高速度260km/hなどから考えての内容。

ウォルター・ウルフ・カウンタック
LP400のスペシャルモデルとして有名なのが、わずか3台のみが製作されたウォルター・ウルフ・カウンタックである(スーパーカーブーム当時の日本では「LP500S」と呼ばれた)。

1号車
カナダの石油王でF1チームのオーナーでもあったウォルター・ウルフは熱狂的なランボルギーニ・マニア、ランボルギーニの経営に乗り出そうと計画したほどであった。
1974年 ウルフはすぐさまオーダーし、LP400の量産3号車を手に入れることができた。

しかし、ウルフはこの新型車の仕上がりに不満を持っており、
1975年 ウルフの指導の元、大型リアウィング、オーバーフェンダー、コンセプトカーのブラーボから譲り受けたホイール、ピレリP7の超扁平タイヤなども装着された 赤の「1号車」が製作出荷。

2号車
この1号車には、排気量がプロトタイプより1リッター縮小されたエンジンが搭載されていたが、その性能に不満その性能に不満を持ったウルフは
1976年 特別に手を加えたエンジンを搭載し、サスペンションの改良を受けたカウンタックをランボルギーニに製作依頼。 青の「2号車」が製作出荷。

3号車
1978年 その後このエンジンはさらなるチューンを施された上でネイビーブルーの「3号車」に換装され、出荷。
この3号車はエンジンの換装、ダラーラの指揮の元でフレームやブレーキ、クラッチが強化され
「究極のウルフ・カウンタック」となった。
2号車には代わりに通常のLP400のエンジンが搭載された。

これらの3台は通称「ウルフ・カウンタック」(スーパーカーブーム当時の日本ではLP500S)と呼ばれ、特にエンジンの換装やダラーラが各所に大幅に手を加えたいきさつが詳しく語られることがなかった上に、
3号車、ウルフが手放した後に入手した日本人オーナーが一般に公開することを拒んだ、その存在自体が確認されない「幻の存在」として語られる事となる。ちなみにオーバーフェンダーやリアウィング等は後のLP400S、500S、5000にて正式採用されている。

各車の現在の状況
1号車
ブームが過ぎ去って以降も日本に留まり「蘇える金狼」の劇中車として使用されたり、僧侶・タレントの織田無道が所有していたことで知られている。
2号車
ドアミラーが変更されてドイツのロッソビアンコ・ミュージアムにて展示されていた。
2016年5月、
イタリアで開催された「Concorso d'Eleganza Villa d'Este 2016」にて、ランボルギーニの元テストドライバーであるヴァレンティーノ・バルボーニ氏の運転で会場に登場し、現存していることが確認できる。

3号車
新たな日本人オーナーの手に渡り2014年に完全な※レストアを受けた。
なおレストアを受ける前後にオーナー自らがウルフとダラーラと会い、3号車の開発のいきさつとエンジン換装についての確認を受け、さらにその内容が「Genroq」や「ベストカー」、「カーグラフィック」などに掲載されたことで「幻の存在」から脱却することになった。

※レストア
事故や損耗が理由の通常の修理や整備ではなく、製造時期から年数がある程度経ったビンテージモデルなどを復活、あるいは「保存」する事を目的に修復や復元する事を指す。リペア(repair)は一部の修理・補修を意味する。


ふう〜〜〜ん  そっか・・・・

ウォルター・ウルフさん他、熱狂的なランボルギーニ・マニアに申し訳ない話なのですが

今更 本音で  語ります。
ゴメン。。実は・・・ネット検索や Wikiで学ぶまで この車に対して 無知。。会ったことの無い車でした。
 
撮影日に  あ・・ 赤いスポーツカー?? と云い 一回。。素通りしていました。

しかも カメラで写したかなぁ・・・


 後、その車の周囲は、かなりのカメラマン なんだろう〜〜と確認すると

 ワァ〜 ドアが羽のごとく開いており カメラマンの隙間から 撮影。

 しかも。。国立のイベント兼お祭りで人気の シルクスイートを片手に^^

                      シルクスイートとは ⇒ 芋の品種名 

 焼き芋片手に カメラカシャ 白い犬の^^紳士?お嬢さん?が 鼻クンクンとスーパーモデル!!
 
 前回の photoに出演してくれていました。


  赤いスポーツカー と 白い犬 
  
    (シルクスイート激うま!味)keiは、あのワクワクした楽しい瞬間を

       一生涯忘れません^^ ありがとうございます。
 

さて〜今年の12月 また開催いただけたら行きたいわ。

 あんな美味しい無料のイベントはなかなか。

 無料のシャトルバス 満腹過ぎるオールドカー展示 & 国立の農産物の出店^^

 本当 ケータハムに  極近で 会えたり^^〜♬

明日から 4月 
新年度 いい時を^^
kei

ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。
                           ( Wikipediaから抜粋です。)

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

クンタック ランボルギーニ


LP500
カウンタックは、ミウラを凌駕する次世代の※6ミッドシップ・スーパースポーツカーとしてパオロ・スタンツァーニを中心に開発された。ミウラは横置きミッドシップのV型12気筒エンジンを導入して大成功を収めたが、極端に後寄りの重量配分に起因する高速走行時の不安定性、複雑なトランスミッション系に起因するシフトフィールの悪さなど、横置きエンジン固有の欠点が課題と残され。

※6ミッドシップ (Mid-Ship )自動車におけるエンジンの搭載法の1つ、船体中心という言葉が示す通りエンジンを車体の中心付近に配置する構造のこと。「ミドシップ」「ミッドエンジン」とも言われる



とはいえ巨大なV12エンジンを縦置きにすると、理想的な重量配分は得られるものの、
ホイールベースが長くなるために旋回性能が低下してしまう。

スタンツァーニは、
通常とは前後を反転しエンジンの前方にギアボックスを置くという配置を採用し縦置きエンジンであるにもかかわらずミウラよりさらに短い2,450 mmというホイールベースを確保するとともに、コクピット下にギアボックスがあるためワイヤーを介さずギアボックスに直接シフトレバーを取り付けることが可能、良好なシフトフィールも実現。
エンジンから前方のギアボックスに駆動力が伝達され、更にそこから折り返されたシャフトはオイルサンプを貫通し、後輪のデファレンシャルギアに伝達される。

車体はセミモノコック、サスペンションは前後ともダブル・ウィッシュボーン式。これにマルチェロ・ガンディーニのデザインによるボディを組み合わせ、カウンタックLP500は誕生。

LPはミッドシップ縦置き(Longitudinale Posteriore )、「500」は10倍にして排気量(cc)を示す。1971年
初登場、ジュネーブショー、革新的なデザインは大反響を呼んだ。
エンジンの冷却効率が悪くオーバーヒートが頻発し、量産には至らなかった。

ランボルギーニが経営危機に陥ったこともあって改良は難航。
LP500には市販車につながる形状の仮設エアインテークやダクトが設けられ、走行テストが繰り返された。
最終的にクラッシュテストに使用された後に廃棄され、この車両は現存しない。

LP500と市販のLP400の間には別のプロトタイプが存在し、緑色に塗られた1台はランボルギーニ博物館に展示されている。


博物館に展示されているのですか、とても貴重ですねぇ

明日から3月 そろそろ 暖かい日差しが
多くなるかなぁ〜?

風邪が流行っています。
手洗い うがいで
お元気にお過ごしください。
kei

ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。
                            ( Wikipediaから抜粋です。)

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

クンタック ランボルギーニ


後期型に見られるV型12気筒48バルブとキャブレターの組み合わせは、市販車における唯一の採用例
LP5000QVの北米向けモデル
インジェクション(ボッシュKジェトロニック)搭載エンジン
後期タイプのエンジン排気量アップはエンジン生産ラインの都合によりシリンダーヘッドとブロックの間にスリーブを挟むという強引な手法によるストローク伸長で実現されており、
ディアブロになってようやく※4ボア・ピッチが拡大された。

※5ガルウィングドアの代表的存在として扱われることがあるが正しくない。ガルウィングドアはルーフにヒンジがあり、正面から見て横開きに上がるもの、カウンタックのドアは前ヒンジで車体前方に上がる。
公式にはシザードアの名称が使われている。
座席からの後方視界の悪さ
(車室の後ろがすぐにエンジンルームになっているミッドシップなのでまるで見えない)、このドアを上方に開け上半身を外に乗り出すように後方を確認しつつバックさせる姿を
「カウンタック(クンタッシ)・リバース」と呼ぶ。

極端に車高が低く5000QV以降はダウンドラフトタイプのキャブレターを採用したことによりエンジンフードに突起物が付き後方視界は非常に劣悪である。

※4 ボア・ピッチ レシプロエンジンにおける隣接した気筒の中心間の距離。 通常ボアの値に気筒間壁厚さを加えたもの
※5ガルウィングドア ガルウィングドア(gull wing door )とは自動車などのドアの開閉方式の1つ。
「ガルウィング」は「カモメの翼」の意味。

ランボルギーニがクライスラーに買収される前、
創立25周年記念モデルの開発がスタートしたときに試作車のL150というモデルが開発された。
デザインはジュリオ・アルフィエーリで、ベースとなったのは1986年式クワトロバルボーレのインジェクション仕様であったがクライスラーの意向で廃案になり、現存は1台のみであり、現在日本にある。



さて〜〜
かなりレベルが高い カタカナが続いておりますが、飛ばして^^?
昨年12月に 初ゆっくり会えた ランボルギーニ カウンタック 素晴らしかった^^ 超羽ぽくて カッコイイなんて見とれてしまいました  のは 何十人もの人だかり しかも  その後 旧車パレード ワクワク最高 走っているのまで 見れました。 1日ゆったり過ごしていました。

エっ  
どこで?って

今年の 12月は、人がさらに増えて 見れるかどうか〜〜?  
穴場です。無料です。驚く程の旧車が走ってくれました。今年も開催を期待します。12月初め 国立 谷保。

2017年新年も ここを覗いて 立ち寄っていただき ありがとうございます。 
明日から  もう2月です。というか・・・後1時間。

昨日 東京で18℃ 今日はいつもの寒さに戻りました。
気温の急変で風邪と仲良くしないでねぇ

時間は 走り出していますねぇ〜
じゃ kei

ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

販売車種では珍しく特殊なエアインテーク機構や※NAで400馬力を超えるV型12気筒5,000cc前後のモンスターエンジンを搭載するなどコンセプト、デザイン、システムすべての点において異彩を放ち、
1970年代後半から1980年代 日本での スーパーカーブームの火付け役

※NA
自然吸気(しぜんきゅうき)とは、ターボチャージャーやスーパーチャージャーなどの過給機を使わず大気圧でシリンダー内に吸気する、エンジンの区別方法のひとつ。
NA(エヌエー:Natural Aspiration〈ナチュラル アスピレーション〉または Normal Aspiration〈ノーマル アスピレーション〉の略)や無過給と呼ばれることもある。自動車において、このようなエンジンを自然吸気エンジンと呼ぶ。

スーパーカーブーム時には「最高速300km/h」という公称値が話題となり
これが人気の一端を担っていたが、実際には当時のLP400の最高速は300 km/hまで届いてはおらず、
最終モデルである25thアニバーサリーでも295 km/hに留まる。

車体下に気流が入って揚力が発生したり、巨大な※1エアスクープの空気抵抗と導入された気流によって後輪の※2トラクションが低下するなど、ボディは空力的に問題が多い。
この対策としてLP400以降のモデルにはエアロパーツや、オプションで※3 リアウイングが装備されるようになったが、このリアウイングによるリアのダウンフォースが強く高速走行時には前輪の接地感が薄れるという欠点もあり、それを補うためのフロントウイングまでも登場するということであった。

※1 エアスクープ 空気を取り入れる入口 吸気口
※2 トラクション 駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。 この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路面摩擦力により決まる。駆動力が摩擦力より大きい場合(急発進、雨天、積雪路など)、または 駆動輪の軸重が減少したとき(前輪駆動車の坂発進、コーナリング時の内輪)にタイヤが空転する。
※3 リアウイング 車体後方上部に装着して車体後方に発生する渦を制御し風見安定効果とともに車の安定性を高め、ダウンフォースにより主に後輪のグリップ力を増大させる効果


今年もここを 覗いていただきありがとうございます。
来年も宜しくお願いします。
良い 年をお迎えください。

kei

クンタック ランボルギーニ

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ   

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


モータースポーツ

大戦後1952年
ル・マン24時間レース


1954年
F1世界選手権に参戦し、偉大なドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオやスターリング・モスの活躍によりそれぞれ大きな成果を挙げた。

特にF1では出走した12レースで9勝(ファンジオ8勝、モス1勝)という圧倒的な成績で、両年ともにファンジオがワールドチャンピオンを獲得するという「旋風」を巻き起こした。


1955年
ル・マン24時間レースで、ピエール・ルヴェーの運転するメルセデス300SLRがクラッシュし分解した。マシーンのエンジンとサスペンションが時速200kmを超える速度のまま観客席に飛び込む事故を起こし、200名以上の観客を死傷させる大惨事となった。

このレースでメルセデスチームは、ファンジオ・モス組がトップを走行していたにもかかわらず、すべての車両を途中でリタイアさせている(レースはホーソーン(ジャガー)が優勝)。
同年末で一切のモータースポーツ活動から撤退した。


1980年代後半
ザウバーと共同でWSPC(世界プロトタイプカー選手権)に出場する
徐々にモータースポーツとの関係を取り戻し始めた。

またこの頃、ミハエル・シューマッハをはじめとする若手ドイツ人ドライバーの育成プログラムを開始、本格的なレースへの復帰を模索し始めた。この頃にル・マンに復帰し、

1989年
総合優勝を遂げるが、

1999年
レースでまたしても宙を飛ぶ事故を起こし、犠牲者は出なかったが、やはりこのときも直後に全車をリタイアさせている。その後のル・マンには参戦していない。

1990年代序盤
フォーミュラカー用エンジンビルダーであるイルモアに資本参加し、インディカーおよびF1においてメルセデス・ブランドでのエンジン供給を開始。

現在はF1のマクラーレンに対してエンジンを独占供給する形で参戦しているが、マクラーレンを完全買収してメルセデス・ベンツ単独でのF1参加を画策しているという噂は根強い。




そうねぇ〜  モータースポーツの世界は 
Red Bull サイトのF1 でも感じたけれども・・・

命も宙を飛ぶ 命知らずって感じだなぁ
必死に集中しかない世界っ 魅力的だけど


>1999年 レースでまたしても宙を飛ぶ・・・・
犠牲者が出ないことが 大切ねぇ






さて 宙を飛ぶ 繋がりから
今年 翼を さずかったので

 ”Red Bull Gives You Wings

    レッドブル、翼をさずける。”


もちろん   来年は 活気と 飛躍の 年ねぇ
だから 


いつも応援頂いている

 ☆ あなたへ^^も活気と飛躍は 繋がります。 ☆



素晴らしい年で!
今年も^^ありがとうございます。


kei



メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ   

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

モータースポーツ

1939年のトリポリグランプリ
(イタリア領リビアのメラハサーキットで開催。
 メラハサーキットは一周13キロメートルの高速コースで
       『モータースポーツのアスコット』と呼ばれていた)

レース開催の8ヶ月前になって強すぎるドイツ勢を締め出すべく
当時の国際フォーミュラでは、
3リッター・マシンではなくイタリア国内ルールである1.5リッター・マシンで実施されることになった。

イタリア側は、短期間での新型メルセデス 新型アウトウニオンの製造は不可能と考えたためだった

メルセデス・ベンツチームは
その当時の3リッターマシン、W154のミニチュアともいうべき
W165を短期間で完成させ

同グランプリにおいても、
メルセデス以外の全車を 周回遅れとして1-2フィニッシュ
(ラング、カラツィオラ)を飾ることとなる。
ラングの平均速度は時速197.8kmを記録している。なお、W165の実戦はこの年のトリポリグランプリのみであった。

ルドルフ・カラツィオラは
モータースポーツのみならず、速度記録にも挑戦し、
メルセデス・ベンツのレーシングカーを改造したレコードブレーカーに乗り、数々の速度記録を打ち立てている。

1938年には、
フランクフルト:ダルムシュタット間のアウトバーンにおいて、
フライング・キロメーターで時速432.7kmを記録している。






速度とはいうものの・・?
    時速432.7kmって  どのくらいのスピードなんだろう

   

 ボーーっと もの思いなんかにふけってたら

  あ・・音 しました??なんて

  目で追うことが出来ないようにも感じてますがいかが^^



今日はかなり寒い日でしたねぇ。
日々寒くなりますから どうぞ〜無理しないで


あたたかい^^ココアでも飲んで
    体もこころもホットに過ごされて ねぇ♪  kei

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


モータースポーツ

メルセデス 参戦年度:1954 - 1955  出走回数:12
コンストラクターズタイトル:0
ドライバーズタイトル   :2(1954、1955)

優勝回数:9 通算獲得ポイント:0 表彰台(3位以内)回数:17
ポールポジション:8 ファステストラップ:8

F1デビュー戦 :1954年フランスGP   初勝利 :1954年フランスGP
最終勝利   :1955年イタリアGP   最終戦 :1955年イタリアGP

第二次世界大戦前から メルセデス・ベンツの車両は
モータースポーツに盛んに登場していた。

1934年から1939年の第二次世界戦勃発まで、
メルセデス・ベンツとアウトウニオンのドイツ勢は、
ヨーロッパのモータースポーツ界を完全に席巻した。

メルセデス・ベンツチームは
偉大なレース監督アルフレート・ノイバウア(Alfred Neubauer)
(サインボードの発明者である)により、
まさに軍隊的規律の元でレースに臨み、結果を出しつづけたのである。

戦前のグランプリ・レース用主要マシンは
W25(1934年〜1936年)、W125(1937年)、W154(1938年・1939年)、W165(1939年)で、いずれもフロントエンジンながら、
時代の最先端を行く性能を有していた。

当時の主要ドライバーは、
ルドルフ・カラツィオラ
(Rudolf Caracciola 
1935年、1937年、1938年ヨーロッパチャンピオン)
マンフレート・フォン・ブラウヒッチュ
(Manfred von Brauchitsch)
ヘルマン・ラング
(Hermann Lang 1939年ヨーロッパチャンピオン)
ディック・シーマン
(Dick Seaman)シーマンのみ、英国出身 他は皆ドイツ人である。


1937年に登場したマシン
W125に到っては、 600馬力を超えるエンジンを持ち、
最高速度は現代のF1と遜色ない時速340Km以上に達していた。

W125はターボ・マシン登場以前の1970年代後半になるまで、
史上最強・最速のレーシング・カーであるとの伝説を保ち続けていた。


同年のアーヴス・レンネン
(アーヴスレース;フリー・フォーミュラ=制限なしで行われた)
ヘルマン・ラングが特製された流線型ボディのマシン
(同年のフォーミュラマシン・W125に流線型ボディを着せた車ではない)に乗り、時速260.7kmという
現代でも驚かされるような平均速度で優勝しているが、

クローズド・サーキットの記録としては
その後20年以上及ぶものはなく、オーバルを使用するインディ500において、優勝者の平均速度がこの記録を上回るのは

1972年
マーク・ダナヒュー(マクラーレン・オッフィー)の
平均時速261.08kmを待たねばならないほどである。

メルセデスとアウトウニオンは、
同年のアーヴス・レンネンの直線では、実に時速380kmを出していたと言われている。






>1937年に登場したマシンW125 時速260.7kmという
現代でも驚かされるような平均速度で優勝しているが・・・・


>史上最強・最速のレーシング・カー・・・・最高速度は現代のF1と

ですか 
考えて ?    そんな古き時代から 
    人は 日々進歩で 変化してきているのに


  スピードは・・同じなのねぇ
       何か古きもののスゴサを語っているわねぇ^^♪ 


時代の先輩に感謝〜〜w



晩秋 紅葉の美しい季節ですね^^ 旅はどちらへ

いい秋の日々を  kei

スワロー・サイドカー・カンパニージャガー♪

スワロー・サイドカー・カンパニー

何だろう・・?


1931 スワロー・サイドカー・カンパニー
(Swallow Sidecar Company)はウィリアム・ウォルムズレー(William Walmsley)が

英国ブラックプールでモーターサイクル・サイドカー製作のために1922年9月4日に設立。

ウィリアム・ライオンズ(William Lyons)は、
1921年、20歳の時にウォルムズレーと出会い、ウォルムズレーのサイドカー製作に魅せられていた。

ライオンズは、ウォルムズレーと仕事をするまではマンチェスターのクロスレー・モータース(Crossley Motors)で見習いとして働いていた。


1926年、会社は乗用車のコーチワークをおこなうようになり
スワロー・サイドカー・アンド・コーチビルディング・カンパニー(Swallow Sidecar and Coachbuilding Company)と社名を変更。

最初におこなったのは
タルボットのボディを彼らのボディで置き換える仕事だった。

これが評判となり自信をつけ、その後は主にオースチン 7、時にはフィアット、スタンダード、スイフトなどを手がけるようになる。

1927年、社名からサイドカーをはずし、
スワロー・コーチビルディング・カンパニー
(Swallow Coachbuilding Company)とした。

ビジネスが軌道に乗り、
依頼を受ける企業からもっと近くへ来るよう要請され、
1928年、英国自動車業界の中心地、コベントリーへ移転。
ウォルムズレーはこの機会に引退。

会社は成長をつづけ、1929年にはロンドンモーターショーに出展するだけの企業となっていた。

1930年には様々なシャーシにボディを乗せていたが、
1931年SS1を発表。

スタンダード自動車製の特製シャーシに架装したものだった。
これがきっかけとなり、
1934年、社名をSSカーズ・リミテッド(SS Cars Ltd)とし、


1945年にはついにジャガー(Jaguar Cars Ltd)となる。


その間の1935年に、
サイドカー生産はバーミンガム、アルビオン・ロードに
子会社を置きスワロー・コーチビルディング・カンパニー(1935)リミテッド(Swallow Coachbuilding Co. (1935) Ltd)としておこなうようになった。


1945年末、航空機メンテナンスサービス業のヘリウェルグループが、すでに操業を停止していたこのサイドカー生産子会社を買い取る。
ヘリウェルはウォルソール空港(Walsall Airport)の自社の作業場で、スワロー社がおこなっていた従来どおりのやり方で生産をつづけ、また、商標も同じものを使い、スワロー・ドレッティ(Swallow Doretti)として販売した。

この生産は1950年後半に終了している。




そっか・・




ジャガーと  スワロー・サイドカー・カンパニー は
繋がってたワケなんだね。



古い時代って  知らないことだらけだ ワ^^



 

いつも^^ありがとうー少し 

今月は
ん・・進歩したでしょ〜   ねぇ♪





いい日でねぇ〜〜〜〜っ!
kei

高級スポーツカー^^フェラーリ♪

フェラーリ・612スカリエッティ

612スカリエッティ
製造期間 2004年〜
ボディタイプ 2ドアクーペ(2+2)
エンジン ティーポ133型 V型12 5.7L 547PS
全長 4902mm
全幅 1957mm
全高 1344mm
ホイールベース 2950mm
車両重量 1840kg

サスペンション(前後) ダブルウィッシュボーン式サスペンション
この表は自動車のスペック表テンプレートを使用しています

2004年、
456GTのポジションを引き継ぐために開発されたのが、
612スカリエッティ(612 Scaglietti)である。

名称の由来は、

約6リッターのエンジンであること、

12はエンジンの気筒数から。

スカリエッティという名前は、
50年代〜60年代に於いてフェラーリと強力なパートナーシップを築き、
多くのコンペティションモデルの製作を手がけたボディ製作工場の
オーナー、セルジオ・スカリエッティ氏による。


スタイル・機構

456GTのポストを引き継ぐ車として、

2+2タイプの4シーターという室内レイアウトを保っている。

大きくなったボディとピニンファリーナの仕上げた巧妙な
パッケージングにより、後席も含めた居住性は拡大し、
実用性の面で進歩を果たす。

エンジンはティーポ133型と呼ばれる、575Mマラネロ用の5.75リッター
V型12気筒48バルブエンジン。

このユニットは547馬力の値を吐き出しているが、更なるトピックとして、456GTよりも低く、後方に搭載されることによって、
重心位置の低下と重量配分の適正化も図られている。



トランスミッションは6速
セミオートマチックトランスミッションである
F1マチックが用意されている。F1マチックは、ギア操作とクラッチ操作を油圧により自動操作する機構であり、トランスミッションそのものは
マニュアルミッションと共通である。

また、トランスミッションがトランスアクスル化されることにより、重量が大きくリア側に移動することとなり、フロントエンジン、4シーターながら、フロントよりリアの方が重くなっている。


またボディサイズの拡大による重量増加を回避するため、
360モデナで使用された押し出しアルミ材を使用した
スペースフレームの採用で相殺し、車重1840sに抑えることに成功。

4シーターながら、最高速315km/h以上を達成できると発表されている。


標高5231mへの挑戦

2005年8月、

フェラーリ社は612スカリエッティで中国を横断する
「チャイナ・ツアー」と称するPRキャラバンを行った

これにはロイヤル・ダッチ・シェル、ピレリが協賛しており、
フロント部分にフェラーリの中国語表記「法拉利」のデカールが貼っていた。

8月末、上海を出発し、9月末には
標高5231mのチベットのタングラシャン峠に到達した。




なんかぁ〜
す・・ゴイ馬力あります^^ぅ〜  

いいなぁ〜1回^^かわいい  乗りたいナァ^^〜♪♪



kei

高級スポーツカー^^フェラーリ♪

フェラーリ・F430

Ferrari F430
製造期間 04年 〜
ボディタイプ 2ドア クーペ(ベルリネッタ)
2ドア スパイダー

全長/全幅/全高 4515mm/1925mm/1215mm
車両重量 1450kg
ホイールベース 2600mm
エンジン型式 90度V型8気筒32バルブ

排気量 4308t
最大出力 357kw(490ps)/8500rpm
最大トルク 465Nm(47.4sm)/5250rpm

乗車定員 2名
シフト型式 6速MT
6速パドルシフト型AT

F430は、イタリアの自動車メーカー、
フェラーリ社が製造、販売する乗用車。

2004年に発表され、
日本では翌2005年に発売された。

続きを読む

高級スポーツカー^^フェラーリ♪

明けまして^^おめでとう〜♪
もうすぐ^^〜〜日の出ーーーーっ!

フェラーリ♪
昨年の続き^^

その後、フィアットの創業者一族につながり、
かつてチーム監督としてレース部門を立て直した
ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロが社長に就任後、

品質の劇的な改善に成功し、好調な業績を上げてきている。


モンテゼーモロはその手腕を買われ、

その傘下にマセラティを加えて復活させ、
さらには苦境に陥った親会社フィアットを率いている。




カヴァッリーノ・ランパンテ
イタリア語で「カヴァッリーノ・ランパンテ(Cavallino Rampante)」という
後足で立ち上がった馬の紋章を使用するため、「跳ね馬」の愛称を持つ(但し、正しい日本語訳は「気負い馬」である)。

続きを読む

高級スポーツカー^^フェラーリ♪

フェラーリ♪

1960年代に経営が苦境に陥り、

1963年にフォードから買収を持ちかけられるが
(一説にはエンツォからアプローチしたともいわれるが、

「向こうが話を聞きたいというなら聞いてやらんでもない」という尊大な態度だったともいう)買収金額をめぐって交渉は決裂。

1969年にイタリア最大の自動車メーカーであるフィアット社の援助を受け、
その傘下に入ることで命脈をつないだ。

この買収の決裂を受けて、フォードは後に独自のスポーツカーGT40を開発し、その資本力に物を言わせ、ル・マン24時間レースでフェラーリを打ち破ることになる。

フィアットの傘下に入った後、ディーノ206/246のエンジンがグループ内でやりとりされることとなり、フィアットからはディーノ・クーペ/スパイダー、ランチアではストラトスが生まれた。このエンジンはキャブ、カム、ピストンに至るまでフェラーリ、
続きを読む

高級スポーツカー^^フェラーリ♪

フェラーリ


当時の市販車は、それまでのフェラーリにしては量産車と言える物であったが、その価格は依然として高かった。

その割りに工業製品としての品質はかなり低く、工作精度や品質のばらつきが大きい上に、ロードカーとしては設計上の問題も多かった。

後にフィアットの傘下に入ってある程度の品質向上はできたものの性能の向上と言うよりはむしろ

マーケティングの面からミッドシップを採用しながら
居住性やトランク確保といったようなキツ要請・快適性をクリアするため
重心高が上がり限界速度域での挙動がデリケートで運転が難しくなり
「跳ね馬」成らぬ「じゃじゃ馬」と呼ばれていたこともある。

F355からはF1マチックというシーケンシャルのセミATが採用され、
それまでの重いクラッチを使う必要がなくなった。

また、メンテナンス性も低く、
交換部品等が高価で維持コストも高いため、購入するだけでなくそれを維持できるということで、その所有者のステータスの高さの証明であるとも言える。

ただし、ターゲットが富裕層のためロードカーとして設計されたモデルは
それぞれ同時代の車に比べて運転が難しかったり調子を保つことが
困難であったりすることはなく、

こうしたイメージは程度の悪い中古によるものか、

或いは現在の基準でクラシックモデルを判断していることによるものであろう。



    ふ〜〜んそっか^^?チョイ・・難しいワ♪ kei

高級スポーツカー^^フェラーリ♪

フェラーリ



Ferrari 612 Scagliettiフェラーリ (Ferrari)
エンツォ・フェラーリが設立したイタリアの自動車会社、

及びF1のコンストラクター。フィアットグループの傘下。


本社はモデナ県マラネッロにある。


基本的に高級GTカー及び高級スポーツカーしか製造していない。


Ferrari F1 (F2005)
Ferrari FXX1947年に、
アルファ・ロメオのレーシングドライバーであった
エンツォ・フェラーリにより、

レーシングチーム運営のための会社として創立。

創立当初は続きを読む

高級スポーツカー^^ポルシェ歴代4♪

ポルシェ


歴代モデル

996型(1998年〜2005年)
約30年の長きに渡り大小のリファインを重ねて来た911が、この996型から完全に刷新されることとなる。

これまでの911は、エンジンの排気量拡大、サスペンション形式の変更などの変更を受けて来たものの、骨格に大きくメスが入ることはなかったために、
それまで上手く対処して来た改良も、これを契機に新設計されることになった。


1998年、
996が発表された時に最大の注目を集めたのは、それまでトレードマーク的存在であった空冷エンジンが、欧州の環境対策基準をはじめとする世界的な環境問題への対処を主な目的として水冷化されたことである。

それに伴い、ヘッド周りも全面改装され、
新しいDOHCヘッドと組み合わせられた。

ボディの大型化・水冷化に伴うエンジンの補記類の設置、

更に衝突安全基準の適合のための安全装備の充実で
先代の993と比較して重量は増加したが、それでも同じカレラ2との比較で70Kgの増加に留まっている。

サスペンション形式は
フロントはストラット式、リアはマルチリンク式と名目は993と変わっていないが、

フロントはアライメントの適正化、リアに至ってはセミトレーリングアームに三本のアームを組み合わせた変則マルチリンク構造となっている。

1999年には、
レースでの使用を前提としたGT3が市販される。これは
続きを読む

高級スポーツカー^^ポルシェ歴代3♪

ポルシェ


歴代モデル



964型(1989年〜1993年)

944と928のセールスが予想を下回ったことにより、
引き続き911シリーズは収益上の主力となっていた。

相変わらず北米市場での人気は高かったものの、顧客数の増大は新たな要求を生み、それに応えるためには、アップデートが必要な時期に来ていた。

さらにその後継車は911シリーズのイメージを継承する必要があり、
外観を大きく変えることが許されなかった。

そのために、
1989年にデビューした964(カレラ4)は、
930似の外観をまとってはいるものの、80%ものバーツを新製するといった
手の込んだ手法を採ることとなった。

なかでも特筆されるのは、ボディー構造が一般的なモノコックとなったことと、サスペンションのスプリングが全てコイルスプリングに変更されたことの二つである。


しかし、これにより964は一気に現代的なハンドリングを得ることに成功、

「最新のポルシェこそ、最善のポルシェ」という言葉の価値を一層高める一助となり、
エンジニアの多大な労苦は報われることになった。



排気量は3.6リッターとなり、フルタイム4WD機構に加え、
マニュアルシフトモードを持つAT、「ティプトロニック」が搭載された。


1990年には2WDのカレラ2が追加される。

1992年にはレーシングバージョンのカレラRSが追加された。

この頃ボディタイプはクーペ、タルガ、カブリオレに加え、
簡単な工具で脱着可能なウィンドシールドをもつスピードスターが加わり、
ポルシェ創設以来もっともバラエティに富んだ商品ラインナップとなった。


大掛かりなモデルチェンジとなった964では、当初ターボモデルの開発が追いつかず、

1991年に930モデルと同じ3.3リッターM30エンジンでデビューしたが、

1993年に3.6リッターM64エンジンをベースとしたターボ3.6が登場した。


また、
3.8リッターと空冷ポルシェ最大の排気量である
カレラ RS 3.8なども少量生産された。


続きを読む

高級スポーツカー^^ポルシェ歴代2♪

ポルシェ

歴代モデル

1984年には全車3.2リッターエンジンとなり、馬力も1973年のカレラRSを超えたことから、かつてレーシングモデルにのみ与えられていたカレラの名称は以降NAモデルの名称として使用される。

ビッグバンパーは1974以降の2.7L時代 (911)、1978以降の3.0L時代 (930)、そして1984以降の3.2L時代 (930) に分けられる。1976年以降の911は亜鉛防錆処理がされており、それまでの911よりもボディの耐久性が大幅に向上している。

3.2Lカレラのほうがパワフルではあるが、クランクをターボ3.3Lと同じものを使用したため、レスポンスはSCのほうが軽い印象がある。

国内では触媒の関係からパワーはやや低いが、3.2Lカレラの本国仕様は231馬力を搾り出した。

続きを読む

高級スポーツカー^^ポルシェ歴代♪

ポルシェ



歴代モデル

901型
初代生産型は開発コードの901からそのまま901型と称される。


911型(通称ナロー911、1963年〜1974年)
4気筒エンジンを搭載する356の後継車として
1963年にデビューした911は新しい水平対向6気筒2リッターエンジンを
搭載していた。


続きを読む

高級スポーツカー^^ポルシェ911♪

ポルシェ

ポルシェ 911

Porsche 911 Cabrioポルシェ911はポルシェ社のスポーツカー。

開発コード901にて発表されたポルシェ 356の後継車種。

当初は「901」と名乗っていたが、

プジョーが3桁数字の真ん中に0の入った商標をすべて登録しており
クレームを入れたため、「911」と改めた。RRの駆動方式を取り、現代に至るまでポルシェ社のみならずスポーツカーを代表する名車とされる。







    赤いポルシェ^^〜〜〜〜〜〜〜☆^^乗せて!  kei

高級スポーツカー^^ポルシェ♪

ポルシェ


経営状況


年間生産台数

ポルシェは1990年代前半に
最大のマーケットでもある米国での販売不振により赤字が拡大し、
経営難をささやかれた時期があったが、

1996年に低価格のオープンカー (ロードスター型) 「ポルシェ・ボクスター」を投入、

翌年にはデザインと設計を全面的に一新した

996型「ポルシェ 911」

投入した効果により販売が好転。

2003年にはポルシェ初の4ドア車である「ポルシェ・カイエン」も投入し、

1999〜2000年度の生産台数が約4万5千台であったのに対し、
2003〜2004年度の生産台数は約8万台(フィンランド工場製を含む)と、
順調な伸びを示している。


生産拠点

ツッフェンハウゼン工場

ツッフェンハウゼン工場はシュツットガルト市にあり、
1940年代から続くポルシェの主力工場。

ポルシェ・ボクスターをフィンランドの工場に生産委託する以前は、
多くのポルシェをこの工場で生産していた。

工場は大小4つの建物から成り、ポルシェセンター(販売拠点)や
ポルシェ博物館、修理・特注工場が併設されている。




続きを読む