メルセデス・ベンツ Aクラス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ    

ベンツマーク メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz A-Class)は、
ドイツの自動車ダイムラー・アーゲー(Daimler AG ) 生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで販売している

タイプ:ハッチバック
クラス: A 



グレード一覧
A190 アバンギャルド(1999年10月-2005年2月)
直列4気筒SOHC 1897cc(125ps/18.4kg・m)、5速AT、FF駆動。

A160 エレガンス/A160L エレガンス→A160 エレガンス ロング
(2001年8月-2005年2月)

直列4気筒SOHC 1598cc(102ps/15.3kg・m)、5速AT、FF駆動。
A160(1998年9月-2005年2月)

直列4気筒SOHC 1598cc(102ps/15.3kg・m)、5速AT、FF駆動。
A210L エボリューション(期間限定)
A160 ピカデリー ロング リミテッド(期間限定)


2代目A200 エレガンス
2代目 W169(2005年- )

2005年にフルモデルチェンジし、2代目が登場した。
生産はラシュタット工場。基本的には初代からのキープコンセプト



日本での販売

2005年2月
「A170」「A170 エレガンス」「A200」が発売
11月
「A200 ターボ アバンギャルド」が追加され

2008年8月20日
Bクラスと共に一部改良が行われ、

A200、A200ターボの2.0L車はすべて廃止され、
A170、A170エレガンスのみになった。


エンジンは新設計の1.7Lおよび2.0L 直4エンジンで、
トランスミッションには全車メルセデス・ベンツ初の
7速マニュアルモード付き CVTが採用されている。

いずれも右ハンドルが輸入されており、
価格は252〜350万円(一部改良後は269〜305万円)

全高は1595mmで日本のタワーパーキングでは、
僅かの差で入らない所が多い。


グレード一覧
全長3850mm×全幅1765mm×全高1585〜1595mm、
ホイールベース2570mm。

現行モデル
A170/A170 エレガンス(2005年2月- )
直列4気筒SOHC 1698cc(116ps/15.8kg・m)、CVT、FF駆動


過去のモデル
A200 ターボ アバンギャルド(2005年11月-2008年8月)
直列4気筒SOHCターボチャージャー 2034cc(193ps/28.6kg・m)
CVT、FF駆動。

A200 エレガンス(2005年2月-2008年8月)
直列4気筒SOHC 2034cc(136ps/18.9kg・m)、CVT、FF駆動




という話なのねぇ〜♪

にしてもーー。カーナビゲーション ( 気まぐれ☆カー用語学 )
片っぱしから調べてみては


・・?

へーーーーっと理解の一歩手前までの納得かなぁ^^


”FF駆動 ”と調べればーー熱い熱い語らいを
見つけ読んでしまった


あなたも 
  熱く語りたくなるのかもねぇ^^♪



と・・・・アラ 残念
 リンク飛び出来なかったわWikiなんだけど^^。
 
 議論中 ノートだから飛べなかったのかなぁ?




でも なんか ☆楽しい^^♪

じゃ 


いい日々で

kei
  

メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


商用車
正規輸入ディーラーとしてコマツ、シュテルン及びその他ディーラーでの取り扱いが行われていたが、

ダイムラー・クライスラーと三菱ふそうトラック・バスとの
関係の強化に伴い、

2006年までに 日本における輸入販売事業から 撤退した。


バス
日の丸自動車興業が導入した O303RHD 神奈川中央交通が導入した O530(シターロG)

1985年に
ウェスタン自動車(メルセデス・ベンツ日本総代理店)によって輸入がされ、
1986年
宮城野観光バスに 導入されたものが最初である。

その後、
日の丸自動車興業や  岐阜バスなどで導入された。

当初は
ほとんどが貸切バスとしての導入であるが、
日本急行バス(当時)では、

名神ハイウェイバス 
名古屋〜神戸線を中心に「ベンツ特急」と
銘打って昼行高速バスへ投入した。








少し  渋いっ!


「ベンツ特急」ですって^^ メチャいい響きっ♪


あ・・あの  
^^〜〜〜〜〜〜〜☆^^乗せてーーーーと


湘南・・へ? いいなぁ ーーーーと 近すぎでした
名神ハイウェイバスじゃ  無理^^。
  


ところで あなたは 遠出された・・?

連休^^ 本当は  GW^^= Green Week ねぇ♪

5月はリボン新緑があるから しあわせ^^ 




           楽しい日々で    kei
posted by kei at 23:42 | TrackBack(0) | 高級車〜って♪^^

ロールス・ロイスの秘密^^♪

ロールス・ロイスの秘密


ロールス・ロイス車のエンジン出力は、
シルヴァー・ゴースト初期形で48HP、後期形で65HP(いずれもグロス値)
とされるが、この当時以来、公式には常に秘密のままであった。

単に「必要十分な性能」とだけ表現され、実際いつでもその通りだったのである。

しかし何事にも厳格なドイツの法では近年
「正確な出力表示」が求められるようになった。

ロールス・ロイスもドイツ資本が入ったことからこれに抗しきれず、
1990年代末期以降のモデル(シルヴァーセラフ以降)では
出力を表示するようになっている。





スピリッツ・オブ・エクスタシー

ロールス・ロイスのラジエーター頂点に立つ羽根を広げた精霊像は、

「スピリッツ・オブ・エクスタシー」 Spirit of ecstasy の名で知られる。

1911年、ロールス・ロイスの広告イラストを手がけた画家チャールズ・サイクスによってデザインされたのが原型である。


ロールスやジョンソンと親しかったRAC幹部ロード・モンタギューの女性秘書エレノア・ソーントンがモデルという説もあるがつまびらかでない。


ヘンリー・ロイスの言葉

価は忘れ去られても、品質は残る」

「我々が悪い車を作ろうとしても作れない。
もし作っても工場の門番が門外に出さないだろう」


"Qvidvis recte factvm qvamvis hvmile praeclarvm"

(どれほど些細なものでも最善を尽くした仕事は全て尊い、
という趣旨のラテン語。社是ともいえる言葉)


うん^^Good! kei
posted by kei at 00:33 | TrackBack(0) | 高級車〜って♪^^

ロールス・ロイス航空用エンジン部門

航空用エンジン部門

スチュアート・ロールズが飛行家であったことから航空には元々縁のあるメーカーであったが、本格的な取り組みが始まったのは1914年である。


この年8月に第1次世界大戦が勃発したが、
開戦と同時にドイツ ダイムラー社の最新型グランプリ・レーシングカーがイギリス軍当局によって没収された。

このレーシングカーはロンドンのショールームにちょうど展示されていたものであったが、当時最先端のSOHC動弁機構を搭載していた。

SOHCのシステムを航空用エンジンに技術移転できると見込んだイギリス軍は、ロールス・ロイス社に開発を持ちかけたのである。



ヘンリー・ロイスはダイムラーエンジンを参考に、
SOHC機構を搭載した飛行船用70HPエンジン「ホーク」を開発する。

当時の航空用としては珍しい直列形水冷エンジンであったが
信頼性は高かった。

以後ロールス・ロイスの航空用レシプロエンジンは、
直列形・V形の液冷式を採用して実績を上げた。

第1次世界大戦後、
ロールス・ロイス社において航空用エンジンは
自動車と並ぶ重要部門となった。


ロイスはスーパーマリン社の水上機に搭載する大出力エンジンを開発し、
同機がシュナイダー・トロフィーを獲得することに貢献した功績で、
1930年にナイトに列せられている。



マーリンとグリフォン

ロイスが最晩年に手がけた液冷V形12気筒エンジンは
「マーリン」の愛称で改良を重ねつつ、

第二次世界大戦中を通じて大量に生産された。
マーリンは戦闘機のスピットファイアやハリケーン、
爆撃機のランカスター、偵察・戦闘爆撃機のモスキートなど、

数多くのイギリス製軍用機に搭載され、
イギリス本土防衛戦(バトル・オブ・ブリテン)や対独攻撃において大きな成果を挙げた。

また、第二次大戦での最優秀戦闘機ともされるアメリカのP-51 マスタングは、マーリン(米国のパッカード社によりライセンス生産された)を搭載したことが成功の一因と言われている。



最後のシュナイダー・トロフィー・レースに勝利した水上機、
スーパーマリン S.6B用のエンジンを基に開発された
「グリフォン」エンジンは、マーリンより更に強力なエンジンで、
後期型スピットファイアに搭載された。




ジェットエンジン

NAMC YS-11
キーンとブーンの混ざったような独特のエンジン音を出すことで有名。
ロールス・ロイス社は戦後もいち早くジェットエンジン開発に取り組み

アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE) やプラット・アンド・ホイットニー(P&W)と並ぶ世界的なジェットエンジンメーカーとなった。


しかし、革新技術を盛り込んだ「RB211」エンジンの開発費用が増大し、
これによる不採算化から

1971年に倒産、航空用エンジン部門は「ロールス・ロイス」の名を保ったまま、ロールス・ロイスPLC社となった。現在はRB211の発展形である「トレント」エンジンが主力となっている。


なお、現在のところ太平洋戦争後で唯一の日本製旅客機であるYS-11も、
エンジンはロールス・ロイスの「ダート」エンジンを使用している。

このダートは1960年代のターボプロップ旅客機の定番エンジンで、
アブロ748で採用された他、
DC-3のアップグレード機のエンジンとして搭載された機があり、
全日本空輸がYS-11以前に導入したバイカウントやフォッカーF27フレンドシップにも搭載された。

^^

へ〜〜〜〜っ  航空部門 ガンバっていたのですねぇ〜〜 kei

posted by kei at 23:56 | TrackBack(0) | 高級車〜って♪^^

ロールス・ロイス近年の動向

近年の動向

1960年代以降、
メルセデス・ベンツをはじめとするドイツ車が、高級車の方向性に変化を生じさせた。
極端に高価な価格帯に市場を限定するロールス・ロイスは、リムジンから大型クーペ、スポーツモデル、ワゴンまでカバーするメルセデス・ベンツのような存在と競合せざるを得なくなってきた。

さらに、1990年代に入ると
新たに日本車が高級車分野に進出した。

こうして超高級車として特別な存在であったロールス・ロイスも、厳しい状況に置かれるようになった。

1992年にはBMWと提携を結んでいる。



ロールス・ロイス「シルヴァー・セラフ」(1999年)1998年3月、
ニューモデルとしてシルヴァー・セラフが発表された。

BMW製の巨大なV形12気筒エンジンを搭載した大型車である。
だが同年、ロールス・ロイスの親会社であるヴィッカーズは、ロールス・ロイス社の売却を決定した。これは多くの混乱を引き起こすことになる。

この自動車史上最高のブランドを得るために
事業拡張を試みたフォルクスワーゲン(VW)とBMWの両社が競り合った。

1998年4月、
BMWに3億4,000万ポンドで売却成立といったん決まったが、翌5月にこれが覆され、VWが4億3,000万ポンドで買収することになった。

この決定は6月5日に確定した。ところがここでまた一波乱が起こった。分社化された航空部門であるロールス・ロイスPLC社は、

世界的な名声のある「ロールス・ロイス」ブランドの価値を維持する目的で、自動車部門の海外企業買収に関する拒否権を保有していた。
折しも当時PLC社は、BMW社(航空用エンジンメーカーでもある)とジェットエンジン分野で提携を結び、ドイツに合弁会社「BMWロールスロイス」(現・ロールスロイス・ドイツ。ボーイング717のBR715エンジンを製造していた)を設立していた。


同社の意向も働き、ヴィッカーズは7月28日に、「ロールス・ロイス」ブランドと「R/R」のロゴマークについては使用権をBMW社に売却すると決定。
代価は4,000万ポンドであった。


結果として会社そのものと工場、
そして「ベントレー」ブランドはVW社の所有となったものの、
「ロールス・ロイス」のブランドはBMWが所有することとなった。

この奇怪な騒動は、イギリスの誇りとも言える「ロールス・ロイス」ブランドの売却にまつわる混乱という事情もあって、

多くのイギリス人たちを憤慨させた。




ロールス・ロイス・モーターカーズ「ファンタム」(2006年)
ロールス・ロイス社を引き継いだVWは、2002年までBMWからエンジン供給を受け「ロールス・ロイス」ブランドで従来モデルの製造・販売を行ったが、
2003年からは社名を
「ベントレー・モーターズ社」Bentley motors に変更、
「ベントレー」ブランドのみでの製造・販売に移行した。


一方BMWは
「ロールス・ロイス・モーターカーズ社」Rolls-Royce Motor Cars を
サセックス州グッドウッドに設立し、


2003年から新開発の「ファンタム」生産・販売を開始している。


2003年10月に発表された新型「ファンタム」は、デザインモチーフを往年の「シルヴァー・クラウド」から採り、「スピリッツ・オブ・エクスタシー」
Spirit of ecstasy を頂にしたパルテノン神殿風のラジエーターグリルを、引き続き用いている。



>「ロールス・ロイス」のブランドはBMWが所有することとなった。

スゴイ、、、世界が見えない世界で
広がっていたのですねぇ〜〜      kei




posted by kei at 09:27 | TrackBack(0) | 高級車〜って♪^^

ロールス・ロイス第二次世界大戦後

第二次世界大戦後

ロールス・ロイス「シルヴァー・クラウド」(1959年)
ロールス・ロイス「シルヴァー・シャドウ」(1977年)

第二次世界大戦後の1946年、工場はダービーからクルーに移転され、

1947年からシルヴァー・レイスの生産を再開した。

戦後も、ロールス・ロイスは古くから培ってきた
名声によって広い販路を得た。




戦後のロールス・ロイスの外見は、イギリスの伝統に従って
ごく保守的であったが、性能は常に時代毎の水準を満たしていた。

戦後の最上級リムジンは「ファンタム」Phantom の名を与えられ、
1950年にファンタムIV、
1959年にファンタムV、
1968年にはファンタムVIが登場している。



それよりもより量産向けのモデル(ロールス・ロイスの基準では)として、

1949年にはシルヴァー・ドーン、
1955年にはシルヴァー・クラウドが開発された。
1965年のシルヴァー・シャドゥでは、
後輪独立懸架(セミ・トレーリングアーム式)が導入され、
車体はモノコック構造となって著しく近代化されている。



また
1955年には、ファンタムIVがエリザベス2世女王の御料車に採用され、
念願の頂点を極めている
(それ以前の英国王室では、半世紀以上に渡ってディムラーが御料車だった)。



だがロッキードL-1011
トライスター用のRB211型ジェットエンジン開発の失敗により

航空用エンジン部門が不振に陥ったことで、
1971年、ロールス・ロイス社は倒産する。

これにより同社は国有化された。
1973年、比較的好調だった自動車部門が
独立したロールス・ロイス社として存続、

航空用エンジン部門は分社されてロールス・ロイスPLC社となった。



その後、1980年には自動車部門を大手機械メーカーのヴィッカーズ社が買収し、民営化されている。
同年、新たな生産モデルとしてシルヴァー・スピリッツが登場した。



^^そう〜〜〜なんだ。

航空用エンジン部門なんかあったんですねぇ^^。


posted by kei at 23:59 | TrackBack(0) | 高級車〜って♪^^

ロールス・ロイス発展

発展

1906年、ロイスは後にシルヴァーゴーストという愛称で知られる事になる6気筒車「40/50P」型を発表した。

このモデルはその高い工作精度と頑丈さによって好評を博し1925年までの19年間で6173台が生産された。


C・S・ロールズは1898年に初めて気球に乗って以来、熱心な飛行家でもあった。そして後には貴族の飛行家ロード・ブラバゾン・タラに次ぐ、
イギリスで二人目の公認パイロットとなり、飛行機の操縦に熱中した。


しかしロールズは、1910年7月12日、
ボーンマス国際飛行大会で乗機の墜落によって事故死した。

。。


翌1911年、ヘンリー・ロイスは大腸ガンを患ったが、
手術を受けて辛うじての小康を得た。

以後ロイスは、イングランド南部やフランス等での転地療養を続けながらも、クロード・ジョンソンらの助けを借り、
巧みに経営と技術の舵取りを行った。


1921年には
シルヴァーゴーストの大きな市場であり、当時輸入車に高額の関税を課していたアメリカ市場への対策としてアメリカ工場(マサチューセッツ州スプリングフィールド)が開設され、
左ハンドル仕様のシルヴァー・ゴースト1,701台、ファンタムI1,241台を生産したが、

ビジネスとしては失敗に終わった。
「たとえ高額の関税込みであろうとイギリス製のロールス・ロイスが欲しい」というアメリカの富裕層の心をつかみきれなかったのである。

これらはボディメーカーがアメリカ系のため、イギリス本国生産モデルとは著しく異なるスタイリングをしており、ラジエーター以外はキャディラックかパッカードなどのアメリカ車じみた外観だった。

1929年の世界恐慌がとどめを刺す形になり、
1931年にはアメリカでの現地生産の中止を余儀なくされる。


シルヴァー・ゴーストの後継モデルとして、
1925年にはOHVエンジンを搭載し、機械式サーボ装置による
強力な4輪ブレーキを装備した「ファンタムI」が開発された(サーボブレーキはイスパノ・スイザに倣ったもので、シルヴァー・ゴースト末期形から採用)。

さらに
1932年には低床シャーシの「ファンタムII」、

1936年には当時最先端のウィッシュボーン式独立懸架とV形12気筒エンジンを備えた巨大な「ファンタムIII」を送り出している。

1922年に
シルヴァー・ゴーストより小型の20HP形車(通称ベビー・ロールス)で
オーナー・ドライバー向けの高級車市場を開拓。

これは
1929年に強化形の20/25HPに発展、

1936年には排気量拡大型の25/30HP形に移行し、

1938年にはやはり独立懸架装備のシルヴァー・レイスに進化している。


1949年式ロールス・ロイス「シルヴァー・レイス」既にこの頃には

「アイドリング中、ボンネットに硬貨を立てても倒れなかった」

「リアシートから運転手に『エンジンを掛けてくれ』と言ったら、
答えは『もう掛かっております』だった」

等々の「ロールス・ロイス伝説」が世に流布していた。


第二次世界大戦以前のロールス・ロイスは、

材質や工作精度において常に高い水準を維持し続けた。

また走行性能の面でも、
同時期の高級スポーツカーに引けを取らない水準を保っていた。

特注でクーペボディを載せれば、
十分にグラン・ツーリスモとして通用する車であった。


1931年には、ル・マン24時間耐久レースなどで数々の勝利を収めながらも経営不振に陥っていたベントレー社を、
創業者ウォルター・O・ベントレーから譲受、自社ブランドとした。

以後のベントレーは
1990年代までロールス・ロイスのバッジエンジニアリングによる
オーナー・ドライバー向けの姉妹車として存続する。



ヘンリー・ロイスは1933年に死去し、
ロールス・ロイス社は「R/R」エンブレムの赤地部分を、ロイスの喪に服して黒地に変えた(と言われているが、生前にロイスが「黒の方が美しい」として変えさせたという説もある)。
現在でもこれは踏襲されている。

戦前、

高級車オーナーはボディのないベアシャーシを購入し
外部のボディメーカー(コーチビルダー)に発注して好みのボディを
架装するのが、ロールス・ロイスに限らない伝統であった。

しかし
1930年代以降、レディメイドのボディが一般化し、
ロールス・ロイスも有名コーチビルダーのパークウォード社やマリナー社で標準ボディを架装させることになった。



第二次世界大戦中は自動車生産を中止し、

航空用エンジンをはじめとする軍需生産に特化した。

ダービー工場は、軍需工場としてドイツ空軍による爆撃の被害を受けている。

うん^^長い物語があるんだねぇ〜♪  kei
posted by kei at 23:45 | TrackBack(1) | 高級車〜って♪^^

ロールス・ロイス歴史〜♪

歴史

創業者たち
ロールス
チャールズ・スチュアート・ロールズ(Charles Stewart Rolls 1877年〜1910年)は、

上流階級の家に生まれたスポーツマンで、ケンブリッジ大学在学中から黎明期のモータースポーツに携わった自動車の先覚者であった。

学生時代には自動車速度制限法として悪名高かった「赤旗法」廃止に力を尽くし、イギリスの王立自動車クラブ(RAC)の前身となる自動車クラブの設立にも寄与した。

卒業後の1902年には、親友でRAC幹部でもあったクロード・ジョンソン(Claude Goodman Johnson, 1864年 - 1926年)を右腕に

欧州車の輸入代理店C.S.ロールズ社 (C.S.Rolls&Co.) を設立して、
自動車の輸入ビジネスを営んでいた(フランス製のパナールとモール、
後にはベルギー製のミネルヴァを扱っていた)。


1900年前後のイギリス車は、
欧州大陸諸国(フランスやドイツ)に比して技術的に遅れていた。
見るべきものとしてはフレデリック・ランチェスターが開発した先進的な小型車「ランチェスター」が存在したが、
これはかなり特殊な設計の自動車で、一般的でなかった。

当時のイギリスの自動車市場をリードしたのはフランス車であった。
ロールズも大型のフランス車に乗ってレースに出場しており、
彼が1903年にダブリンで149 km/h(93マイル/h)の世界速度記録を達成した車は、自ら輸入したモールであった。

ロールズとジョンソンは、イギリス人として、
欧州大陸の水準に比肩しうるイギリス車が存在しないことを常々残念に思っていた。

ロイス
フレデリック・ヘンリー・ロイス(Frederick Henry Royce 1863年〜1933年)はリンカーンシャーの貧しい製粉業者の家に生まれ、
9歳で働き始めてから苦学を重ねて一級の電気技術者となった立志伝中の人物である。

1884年、20歳で自らの名を冠した電気器具メーカー、F.H.ロイス社 (F.H.Royce.Co) を、マンチェスターに設立した。


努力家で完全主義者の彼は、
火花の散らない安全な発電機とモーターを開発して成功を収め、
更に従来は人力に頼っていた小型定置クレーンを扱いやすい電動式に改良して成果を挙げた。

1902年、
長年の過労で体調を崩して療養を勧められたロイスは、
療養中にフランス製のガソリン自動車「ドコーヴィル」 Decauville を購入した。ところがこのドコーヴィルは扱いにくい上、度々故障を起こし
、幾度修理を重ねてもまともに実用にならなかった。
ロイスは強い不満を感じた。


またその頃、
人件費の安いアメリカやドイツのメーカーが、
ロイス社の市場に競合相手として出現してきた。ロイス社は新しい分野の市場を開拓する必要に迫られた。

自動車の将来性に着目したロイスは、
こうして自ら自動車を製作することを決意した。

1903年から
自社の優秀な電気工数人を助手として、マンチェスター・クックストリートの自社工場で開発に着手。
昼夜を次いでの開発作業の結果、極めて短期間のうちに試作車を完成させた。


1904年に
完成したロイス10HP車は、Fヘッドの直列2気筒2,000 ccエンジンを前方に搭載し、3段変速機とプロペラシャフトを介して後輪を駆動する常識的な設計だった。

奇をてらわない堅実な自動車で運転しやすく、
極めてスムーズで安定した走行性能を示し、実用面でも十分な信頼性を持っていた。

メカニズムについてはあくまで単純で信頼性の高い手法を取ったが、
トレンブラー高圧コイルとバッテリーを組み合わせた点火システム、
そしてガバナー付の精巧なキャブレターは、当時としては最高に進んだ設計で、エンジン回転の適切なコントロールができた。



4月1日に行われたテストドライブでは、時速16.5マイル (26.5 km/h) のスピードで145マイル (233 km) を走破した。

この優秀な小型車に、偶然マンチェスターを訪れたヘンリー・エドマンズ (Henry Edmunds) が着目した。
彼はC.S.ロールズらの知人で、ロールズが優秀なイギリス車を求めていることを知っており、早速コンタクトが取られた。



ロールス・ロイス成立

1904年5月、
マンチェスターでロイス10HPに試乗したスチュアート・ロールズとクロード・ジョンソンは、性能の優秀さにいたく感銘を受けた。

ロールズは「ロイス車の販売を一手に引き受けたい」と申し出、
ロイスもこれを了承した。

以後ロールズとロイス、そしてジョンソン(彼はその働きからRolls-Royseの"-"(ハイフン)と評された)のチームは、
相携えて高性能車の開発、発展に著しく寄与することになる。


しばらくは両者は別会社の形で「ロールス・ロイス」 Rolls-Royce ブランドの自動車の製造・販売を行った。
C.S.ロールズ社とロイス社自動車部門の合同で「ロールス・ロイス社」 Rolls-Royce Ltd が設立され、
名実共に「ロールス・ロイス」となるのは1906年である。


当初、
マンチェスターのクック・ストリートにあったロイスの工場で生産が行われたが、1908年にはダービーに本拠を移している。


ごく初期の1905年式ロールス・ロイス。
おそらく2気筒ないし3気筒型と思われるロイスは1904年末から2気筒車とその気筒数を増やして延長した3気筒車、4気筒車、6気筒車を製作、当時のイギリス車の中で性能的に群を抜いた存在として注目され、フランス パリでの展示会でも高く評価されるなど成功を収めた。


既に「パルテノン神殿をモチーフとした」とされる独特のラジエーター・デザインはこの頃に定着していた。

最初の2気筒10HPは6台が現存している。


4気筒モデルは1905年、
ロールズらの運転でマン島T.T.レースに出場、健闘を見せたがギアボックスのトラブルで2位となった。

ロールズは翌年のT.T.レースでは雪辱を果たし、平均時速39マイル (63 km/h) の快速で優勝している。

そ〜〜なんだ、、

って  歴史って  偉大な秘密が隠されていますねぇ〜^^ kei




posted by kei at 23:56 | TrackBack(0) | 高級車〜って♪^^

ロールス・ロイス

ロールス・ロイス

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)は、

イギリスの高級乗用車および航空用エンジンメーカーの
社名およびブランド名である。

名称は、
創業当時の出資者チャールズ・スチュアート・ロールズと
技術者のフレデリック・ヘンリー・ロイスにちなむ。

注: 正確な英語の発音では「ロールズ・ロイス」だが、本記事中では日本において「人口に膾炙」した発音および表記である「ロールス・ロイス」と記す。

自動車の分野では「世界最高の自動車」

The best car in the world を

自ら名乗り、高級車の代名詞として、
世界的に半ば伝説視されるブランドとなっている。

1931年には、同じイギリスのスポーツカーメーカーである
ベントレーを傘下に置いた。

1973年に自動車部門と航空機部門は別会社となった。

さらに1998年、
自動車部門はフォルクスワーゲンとBMWの買収を受け、

旧工場と「ベントレー」ブランドがフォルクスワーゲン系に
「ロールスロイス」ブランドはBMW系にそれぞれ分裂した。


そっ そう〜^^なんだぁ〜   

kei

posted by kei at 22:08 | TrackBack(0) | 高級車〜って♪^^

高級車

高級車

ベントレーのフード・オーナメント高級車(こうきゅうしゃ)とは
装備が豪華で高額な自動車(おもに乗用車)のことである。
対義語に当たるものとしては大衆車がある。


かつては貴族や大富豪など、
一部の上流階級のためだけのものであったが、第二次世界大戦前後の階級社会の崩壊によって、アメリカや日本などの階級制度がない、
もしくは階級制度が崩壊した先進工業国を中心に一般層にまで
その所有層が広がり、それに併せてそのボディタイプも様変わりし、
古くはボディタイプはセダンやリムジンがほとんどだったが、
近年はスポーツカーやSUVもそのラインナップに入れられている。


高級車の定義

決まった定義というものは存在しない。

基本的にはそのクラスの相場以上の装備・価格を持った自動車を指すが、

メーカー自らが“高級車”と自称している車もある。

しかし実際には値段が高く装備(特に電装品)が充実しているだけで、
高級車と市場で認められていない車も多い
(日本車などの新興“高級車”に多い)。


装備と性能、価格に加え、高級車としての歴史と伝統などを兼ね揃えてあり、

市場で高級車であるとのブランドが形成されていなければ

高級車との評価を受けることはできず、

ただシートを革張りにしたり、木目調パネルを使用するなど、

内装を豪華にしただけでは本当の高級車とは言えない。



例えば、
当初はダイムラーなどの高級車の模倣から始めたジャガーは、
長年のモータースポーツでの活躍を通じて技術を磨くとともに名声を高めて高級車の仲間入りをした他、メルセデス・ベンツの大型車では、
エンジン音などの音でさえも、
多くの日本車のようにただ静かにするだけではなく、車内の人が心地よいと感じる音にするなどの工夫もされている。

内装も、数年間寝かせた木材を専門の職人が手間隙かけて仕上げた木目パネル(木目調ではない)や、素材を厳選した革を熟練のシート職人が手作業で丁寧に仕上げたシートなど、量産性を度外視して品格を保つ努力を続けている。

このような伝統や長年の経験に裏打ちされた工夫は、

日本の“高級車”にはまだ足りないと指摘されている。




この様な点から、古くから上流階級や富豪などを相手に高級車を造り続けてきたヨーロッパの高級車と違って、マーケティングありきで“高級車”を作り上げた日本車の場合は、まだまだ本当の意味での高級車ではないという意見が主流を占めており、実際、歴史と伝統を重んじるヨーロッパにおいて、日本の“高級車”は本当の高級車としての扱いを受けておらず、販売面でも苦戦を続けている。



高級車の特徴

同排気量の車種よりも高額
(概ね、日本の場合はサラリーマンの平均年収程度からの金額となる)。

手作業が多くいわゆる職人技が多い。
車種よっては、
ほぼすべての部品が手作業によって組み立てられている場合もある。



自動化が主流だが、内装やエンジンなどに手作業を多用するメーカー メルセデス・ベンツ、BMWなど
ほとんど自動化されておらず、ラインなどもないメーカー フェラーリ、ランボルギーニなど
排気量が大きい(3リッター以上のものが主流。)
税金が高い(懲罰的な税率をかけている国もある)


方向性の特化

メルセデス・ベンツやBMWなど、
500万円前〜1500万円の価格帯で提供している多くのブランドは、
おおむね、高級感と乗り心地、高速安定性など、

セダン的要素からの「高級志向の派生」を主なテーマとしている。

一方、1500万円以上の価格帯の高級車では、
ポルシェやフェラーリに代表されるスポーツ性や、

ロールスロイスやマイバァッハなどに代表されるショファーズカー(運転手による走行)など、ブランドの志向がいっそう精鋭化しているケースが多い。


プレミアムセダン プレミアムワゴン プレミアムSUV スーパーカー リムジン


税金

国によっては高級車や大型自動車に対して懲罰税的に高額な税金をかけており、かつては日本でも排気量2000ccを超えるガソリン乗用車には、

2000cc以下の倍以上の自動車税がかけられていた。

現在でも
大型車の増加によるガソリンの消費の増加を防ぐために多くの国で
同様の税制を取っている。

日本市場における高級車市場

現在の日本市場において、500万円以上の高級乗用車は、
メルセデス・ベンツ・BMW・アウディといったドイツ車や、
ジャガーやロールスロイスなどの他のヨーロッパ車が大半を占める。



日本製「高級車」の苦戦

その様な中で2005年8月よりトヨタ自動車がアメリカ(のみ)で人気のレクサス店の展開を開始した。
レクサス店では、ブランドイメージ維持の観点から、方針として
個人タクシーやハイヤーなどの営業車としての販売、
また暴力団関係者への販売禁止を打ち出している点も注目されている。

しかしながら、トヨタ自動車の作る自動車=量産車のイメージが強すぎる上、日本での高級車の販売に不慣れなこともあり、
真の高級車を求める消費者の心をつかみきれておらず、
営業面では苦戦を続けている市場での一般的な評価には下記のようなものが
ある。

ステータス性が薄い -
ライバルとしている、メルセデス・ベンツやBMWとくらべ価格が
安価なため、乗り換え=格落ちのイメージが拭い去れない。

デザインが個性的ではない - クラウンやマジェスタなどの他
のトヨタ車との類似性があり、常日頃から日本車に慣れている市場では
、個性を感じるまでにはなっていない。


主な高級車ブランド

アストンマーチン・ヴァンキッシュ ロールスロイスとベントレー
ランボルギーニ・ムルシエラゴ

イギリス ロールスロイス(ファントムなど)
ジャガー(XJ、XK、Sタイプなど) ベントレー レンジローバー
アストンマーチン

フランス ブガッティ

イタリア フェラーリ(430、エンツォなど)
マセラティ(クワトロポルテなど) ランチア(テージスなど)
ランボルギーニ(ガヤルドなど)


ドイツ
メルセデス・ベンツ(E、S、SL、CL、CLS、M、Rクラス、G、など)
BMW(5、6、7、X5シリーズなど) アウディ(A6、A8など)
マイバッハ(57、62) ポルシェ(911、ボクスター、カイエン、ケイマン)


アメリカ
キャディラック(STS、エスカレードなど) リンカーン

日本
アキュラ(本田技研工業が日本国外で展開している高級車ブランド。
代表車種に、TSX、NSXなどがある)

インフィニティ(日産自動車が日本国外で展開している高級車ブランド。代表車種に、Q45、M45、FXなどがある)

レクサス(トヨタの高級車ブランド。3ブランドのうち唯一日本でも販売されている。代表車種に、GS、LS、SCなどがある)


ふ〜〜ん・・そっか。。



日本車って、、まだまだ^^



永遠に高級車感〜〜〜無いんだぁーーっ


でもさっプレゼントBMW フェラーリプレゼント でいいから揺れるハート


ドアの外に・・置いてあったり〜〜〜〜〜眠い(睡眠)オヤスミ〜っ
 
kei


posted by kei at 22:40 | TrackBack(1) | 高級車〜って♪^^