ラッパーっ達に・・・と記事に

ラップ

この項目では音楽ジャンルのひとつのラップについて説明しています。


ラップ(rap)とは、破裂音を意味する音楽手法、音楽ジャンルのひとつ。メロディーをつけて歌うのではなく、

似た言葉や語尾が同じ言葉を繰り返す、
韻を踏む(ライム)のが特徴的な話し言葉に近い抑揚をつけて発声する唱法。

曲の拍感覚に合わせる場合(オン・ビート)と合わせない場合
(オフ・ビート)がある。ヒップホップの四大要素の一つ。
(ラップ=ヒップホップではない。ヒップホップとは
黒人の創造性の文化を指す)


誤解されやすいが、ラップは音楽に乗せた喋りや早口言葉ではない。

音楽に乗せた早口言葉はスキャットマン・ジョンに代表されるスキャット

であって、日本ではしばしばラップと混同されるが、
まったく別物である。




誕生の場は1960〜70年代、アメリカ合衆国ニューヨークでみられた
ブロック・パーティーだと言われるが、

古くはアフリカン・グリオ(文盲者に口伝で歴史や詩を伝える者達)に
そのルーツが見られ、マルコムXやキング牧師といった政治的指導者のスピーチも大きく影響を与えている。

モハメド・アリのインタビューなどで見られた言葉遊びによって、
より広まったといわれる。

あらかじめ用意した歌詞(リリック)ではなく、即興で歌詞を作り、
歌詞とライムの技術を競うフリースタイルもある。



また「ラップする者」を意味するラッパー(rapper)は
1976年シュガーヒル・ギャングのシングル「ラッパーズ・デライト(Rapper's Delight)」のヒット以降メディアが付けた通称で、

この呼び名を嫌がり、特にオールド・スクール世代の「ラップする者」
はMC(microphone controller)という名称を好んで使う。

日本人の「ラップする者」は、「ラッパー」という呼称を嫌う者が多い。

ヒップホップ発祥のアメリカでは、ニュー・スクール世代には
「ラッパー」という呼称も最近は普通に使われる。

日本でも若い世代には定着しており、
自分のことを「ラッパー」と言う者が増えてきている。



日本においては、多くの単語が共通の綴りで結ばれる
(-tion、-erなど)英語と違い、「

日本語でラップを行うことは困難」とされていた。
しかし1980年代以降、ヒップホップミュージックの隆盛にあわせ、
日本語ラップへの試みが行われ、多くのMC達の努力の結果、
次第に広まりをみせた。


昨今ではヒップホップに留まらず、ロックやJ-POPにも取り入れられる手法となり、チャート上位の曲でラップを聴く事も多くなった。

この流れは、かつての日本語によるロックの経緯と重なる部分がある。

音楽シーンでは、EAST END×YURIのシングル「DA・YO・NE」によって、
ラップの存在が一般に認知されるようになる。

その後Dragon Ashが登場する。Dragon Ashの影響は大きく、それまでのヒップホップアーティストには批判もされながらも、ラップはメジャーシーンに引き上げられ、日本のヒップホップは良くも悪くも変わっていく。


90年代半ばにオーバーグランドでEAST ENDが成功を収める一方、
アンダーグランドでキングギドラなどが隆盛を迎えていたことによって

「韻を踏んでないものはラップではない」とする意識が

ラップミュージックのファンやMC達の間に強く生まれた。
また商業的な成果だけを求める行為を

「セル・アウト(sell out)」と呼び、卑しむ文化が

ヒップホップにはある。

しかし現在日本の音楽界では商業的影響を考え、単なるスキャットを「ラップパートがある」と称してリリースされる曲が増えてきている。

このためポップ・ミュージシャンなど、ヒップホップ・シーンから見て
門外漢に当たる者がラップをすることに対する強い反感を生み出している。

現在アメリカではトップセールスを記録する曲はラップミュージックが多いが、日本ではラップやヒップホップの本質が、まだ正しく一般認知されていないのが現状である。


で^^


何故か ラグジュアリーにラッパーが出てたから調べたよ。。

って〜半分るんるん理解^^半分眠い(睡眠)  


じゃ^^オヤスミ   kei

セレブリティ

セレブリティ

セレブリティ(celebrity)は、
元来は著名人・名士を表す言葉で、特別な権力や財力をもつ人間、もしくはそういったグループのリーダーや役職者を表した。

時が経つにつれ、芸能・スポーツにおいて、こういった権力者に
匹敵するほど権力や財力を持つものが現れ、
メディアにより彼らに強く脚光が浴びせられるようになると、
メディア露出の多い芸能界やスポーツ界においての有名人の事をいうように変容していった。

セレブと略され、
日本では金持ち、優雅、貴族などの意味合いで使用される。



欧米諸国
欧米諸国では、大富豪、政治家、芸術家、ミュージシャン、
作家、ファッションデザイナー、俳優、スポーツ選手、スーパーモデルなど、マスメディアに露出が多く、

優雅な暮らしを送っている経済的に裕福な著名人などに対して多く用いられる。

一台数十億以上する、自家用ジェット機で世界を飛び回る者は

「ジェット族」とも呼ばれる。

単なる著名人という意味でも用いられる場合があり、本来の意味合いである。 
欧米では、お金持ちやセレブを批判する風潮はない。 


日本
日本ではそれまで、セレブを単に「金持ち」と言っていたが、
1990年代に叶姉妹の出現により、“セレブ”という言葉が広まっていった

だが、ワイドショーや雑誌等のマスメディアの影響により、
おしゃれでゴージャスな一般人をセレブっぽいなどと形容し、
「一般人に縁のない存在」としてではなく、

「派手な暮らしをする」(もしくは「裕福そうな生活」)という
欧米諸国でのセレブの意味合いとは異なる、日本独特の意味で用いられる事となった。

また、
セレブ犬(裕福な暮らしをする犬のこと)など、
接頭辞的に用いられることもある。

 
女性誌では知的で魅力的な女性を言ったり、
ただ優雅なだけをさす場合もある。

また「お金持ち」と言うと嫌味、生々しさがあるため「セレブ」と用いたりと日本におけるセレブの定義は無いに等しくなった。

またセレブとセレブリティを別に考える傾向も見られる様になった。

本来の意味合いで該当する人を挙げた時、芸能人はほぼ全員当てはまり、」「優雅な暮らしをしている」との意味合いで言えば、

日本の芸能界にも数え切れない程のセレブがいる事になる

(叶姉妹の影響で、異なったセレブの意味合いが流布した為、
芸能人がそれを自覚していない)。


英語で「celebrity」を示す対象は
「名前だけでも稼いでいける人」という意味もあり、
日本ではデヴィ・スカルノなどがこれに該当するとされる。 


日本では両親が高収入な職業についている為、
お金持ちであると自慢する「家事手伝い(ニート)」
の人達が多くメディアに出ている事もあり批判されやすい。 
 

海外
セレブが出演するテレビ番組は、世間離れしたセレブの言動が受け、高い人気を誇っている。
例えば2002年には、

オジー・オズボーン一家のビバリーヒルズの豪邸で
のハチャメチャな日常生活を追った、

MTVのリアリティ番組「オズボーンズ」が世界的な人気を獲得、

家族揃ってお茶の間におなじみの存在へとなった。
海外でこの種の番組はリアリティショーとして放映されている事が多い。


日本
日本にもセレブ紹介番組は存在している。
近年では「世界バリバリ★バリュー」(TBS)が挙げられる。

この番組は初期はサーカス、会社などを紹介する番組だったが、

中期から「お金持ち(成金)、セレブ紹介番組」に完全にシフト。

すると低迷していた視聴率は同時間帯では
常に上位で高い支持を得る様になった。


 
だが、プライベートを全国区に晒す訳で、一歩間違えれば犯罪に狙われる可能性がある。2006年6月に東京都渋谷区で起こった誘拐事件は誘拐された女子大生の母親(池田優子)が医師(美容整形外科医)で、よくテレビで家の中や高級車などを映していたので狙われることとなった。無闇にプライベートを明かす、セレブ達の無神経さや傾向も問われる事となった。




セレブリティといわれる人々

トム・ハンクス(アメリカ、俳優)
ロマン・アブラモビッチ(ロシア、実業家)
ポール・マッカートニー(イギリス、ミュージシャン)
ジェニファー・ロペス(アメリカ、ミュージシャン)
パリス・ヒルトン(アメリカ、ホテル王ヒルトンの孫)
ニッキー・ヒルトン
(アメリカ、ホテル王ヒルトンの孫パリス・ヒルトンの妹)
メアリーケイト・オルセン(アメリカ、女優)
ドナルド・トランプ(アメリカ、不動産王)
ウィリアム・マウントバッテン=ウィンザー(イギリス王族)
デビッド・ベッカム(イギリス、サッカー選手)
カール・ラガーフェルド(ドイツ、ファッションデザイナー)
オジー・オズボーン(イギリス、ミュージシャン)
ミック・ジャガー(イギリス、ミュージシャン)

ロナウド(ブラジル、サッカー選手)
ラポ・エルカーン(イタリア、フィアット元会長の孫)
ミヒャエル・シューマッハー(ドイツ、F1ドライバー)

ジャン・アレジ(フランス、元F1ドライバー)& 後藤久美子夫妻
ルチアーノ・パヴァロッティ(イタリア、オペラ歌手)
レオナルド・ディカプリオ(アメリカ、俳優)
ジャッキー・チェン(香港、俳優)

アンナ・クルニコワ(ロシア、テニス選手)
マリア・シャラポワ(ロシア、テニス選手)


リチャード・ブランソン
(イギリス、実業家。ヴァージン・グループ経営者)

デヴィ・スカルノ(日本、タレント、インドネシア元大統領第3夫人)

みのもんた(日本、テレビキャスター、ニッコク代表取締役社長。
経済誌「フォーブス」が選んだ日本人として初のセレブ)



セレブリティを描いた映画
マルチェロ・マストロヤンニ主演・フェデリコ・フェリーニ監督で世界的大ヒットとなった「甘い生活」(1960年・イタリア)や、ウディ・アレンが監督を務めたハリウッド映画「セレブリティ」(1998年・アメリカ)で、セレブリティとその周辺に群がるパパラッチの生態が描かれている







。。^^ため息


       ふぅ〜〜〜〜〜



             でちゃいます〜〜っねぇ♪ kei

ビバリーヒルズ^^♪

ビバリーヒルズ

ロデオドライブビバリーヒルズ (Beverly Hills) は、
カリフォルニア州ロサンゼルス郡の西部に位置する都市である。


街の概要

人口は33,784人(2000年国勢調査)。

大富豪や映画俳優、歌手など多くのセレブリティの邸宅が立ち並ぶ
全米有数の高級住宅街として世界的に知られている。

市の財政は豊かで瀟洒な街並みを保ち、またロサンゼルス郡保安局(LASD)の管轄下ではなく独自の市警察(Beverlyhills P.D.)を持つ事が出来、
高水準で治安の良さを保っている。

特に高級ブティックの建ち並ぶロデオドライブは有名で、
観光名所にもなっている。

また、ビバリーヒルズ高校白書をはじめとするテレビドラマや
ハリウッド映画の撮影も多く行われている。

ビバリーヒルズ高校白書の原題Beverly Hills 90210が示す通り、
市の代表的な郵便番号は90210である。

しかし、郵便番号90210の地域のほとんどはロサンゼルス市域にかかっている。

また、一般的なイメージとは異なり、
全米で最も裕福な地域の郵便番号はビバリーヒルズの90210ではなく、

フロリダ州マイアミビーチ市にある33139である。

カリフォルニア州で最も裕福なのはサンフランシスコ郊外、
シリコンバレーに位置するアサロンで、その郵便番号は94027である。


なんで??^^〒番号??なんだろう〜〜〜ねぇ〜〜


歴史
市の創設は1769年に遡ることができるが、
現在のような住宅街としての開発が始まったのは20世紀に入ってからである。

1950年代に入るとロデオドライブを中心とした高級住宅街、
また先進的なファッションエリアとして発展した。



地理
ビバリーヒルズは、北緯34度4分23秒西経118度23分58秒(34.073109, -118.399460)GR1に位置している。

アメリカ合衆国統計局によると、ビバリーヒルズ市は総面積14.7 km² (5.7 mi²) である。市の全域が陸地で、水地域はない。


人口統計

ビバリーヒルズのヤシ並木2000年現在の国勢調査で、
ビバリーヒルズ市は人口33,784人、
世帯数15,035、8,269家族が暮らしている。人口密度は2,300.5人/km² (5,954.0人/mi²) である。

1,079.7軒/km² (2,794.4軒/mi²) の密度で15,856軒の住宅が建っている。

同市の人口構成を人種別に見ると白人85.06%、アフリカン・アメリカン1.77%、ネイティブ・アメリカン0.13%、アジア人7.05%、太平洋諸島系0.03%、その他の人種1.50%、及び混血4.46%である。
人口の4.63%はヒスパニックまたはラテン系である。

ビバリーヒルズには大規模なイラン人のコミュニティがある。イラン人はアメリカ合衆国の統計においては白人とされる。


同市の15,035世帯のうち、18歳未満の子供がいる世帯は24.4%、
結婚・同居している世帯は43.8%、未婚・離婚女性が世帯主である世帯は8.1%、非家族世帯は45.0%である。単身世帯は38.2%、65歳以上の老人1人暮らしの世帯は11.3%である。世帯の平均構成人数は2.24人、家族の平均構成人数は3.02人である。


同市の人口構成を年齢別に見ると18歳未満20.0%、18-24歳6.3%、25-44歳29.3%、45-64歳26.8%、65歳以上17.6%となっている。年齢の中央値は41歳である。性比は女性100人あたり男性83.5人である。18歳以上では女性100人あたり男性は79.4人である。


同市の世帯の収入の中央値は70,945米ドルで、上位中流層の住宅地としては標準的な数値である。
しかし、持ち家価格の中央値は1,000,000米ドルを超える。

これは世帯主の56.6%が賃貸住宅に住んでいるためである。

賃貸住宅に住む世帯の収入の中央値は48,179米ドルで、
全米平均よりわずかに高いだけの水準に過ぎない。

持ち家に住む世帯の収入の中央値は125,707米ドルである。

家族の収入の中央値は102,611米ドルである。収入の中央値を性別で見ると男性72,004米ドルに対して女性は46,217米ドルである。

同市の1人当たり収入 (per capita income) は65,507米ドルである。
人口の9.1%及び家族の7.9% は貧困線以下である。

18歳未満の9.5%及び65歳以上の7.9%は貧困線以下の生活を送っている。


教育
ビバリーヒルズ市はビバリーヒルズ公立学区に属する。同学区内の高校は有名なビバリーヒルズ高校(後述)のみである。

市内の一部はロサンゼルス公立学区に属している。


ビバリーヒルズ高校


ビバリーヒルズ高校白書で知られるビバリーヒルズ高校は
1927年創立の公立高校で、生徒数は2,000人を超える。
全生徒の35%は外国生まれで、半数以上の生徒は英語以外の言語を母語として話す。イラン系の生徒が特に多く、韓国・イスラエル・ロシア系の生徒も多い。

ビバリーヒルズ高校は学業面で優秀な高校であり、

ブルーリボン賞を何度も受賞している。
また、多数のセレブリティを輩出している。

著名な卒業生にはリチャード・ドレイファス、キャリー・フィッシャー、ニコラス・ケイジ、マイケル・ダグラス、レニー・クラヴィッツ、アンジェリーナ・ジョリー、アリシア・シルヴァーストーン、デヴィッド・シュワイマー、ジーナ・ガーションらを含む。

撮影

市が映画やテレビの撮影に対し協力的なこともあり、
多くの映画やドラマの舞台となっている。

いいなぁ〜〜〜〜〜っ住みたいなんて言わないわ〜〜
観光〜〜〜〜したいなぁーーーーーーーーっ

kei..





住むなら^^

東京赤坂の^^憶ション〜〜〜っ
夢^^トイプードル2匹と^^〜〜♪

少し^^興味出ちゃい〜スゴ!

ラグジュアリーカスタムは、

北米におけるDUBカスタムをモチーフとして日本国内に導入した
カスタムジャンルの一種である。

DUBとは「double dime」のスラングで、20インチ超の巨大なサイズの
ホイール(特にクロームがけされたホイール)のことを指す
(dimeは10セント硬貨の意で10を指す隠語)。

DUBカスタムはこれをベースに高級車、
またはエキゾチックカー
(時にはヒストリックカー、ビンテージカーも含まれる)に、

元より持っている高級感をさらに北米のセンスで
資金を惜しまず潤沢に演出したものであり、

ビバリーヒルズに住むようなセレブリティ、

特に著名なラッパーやスポーツ選手の間で成功の象徴として流行した
(日本において「ラグジュアリー」と呼ばれる所以はここにある)。

スポーツ選手の場合、
特にNBA選手らの間で流行していたことからDUBを指して
"ボーラースタイル"と呼ぶこともある。

また彼らの中の一部には元ギャング出身者もいることから、
そのスタイルをモチーフとすることもある。

これらは現在でもアメリカン・ドリームの具体的なイメージ
としてヒップホップミュージック等のプロモーションビデオに頻繁に登場する。

黒人の成功者"がDUBカスタムの中心にいることが多く、
またそのファッションなどのライフスタイルも
同時にフィーチャーされるため、時としてこれをヒップホップ文化の一部
として、あるいはヒップホップのライフスタイルから派生した文化として見る動きもある。


発祥は1990年代であり、カスタムジャンルとしての歴史は浅い。

そのルーツは西海岸におけるチカーノらによって行われていた
「ローライダー」にあるとされており、
そこから主に黒人たちを中心に高級志向へと派生していったといわれている。

カスタム手法においても
いくつかの類似性が見て取れる
(クロームが施された部品の多用や高級素材を用いた内装の製作、
オーディオ類の選択傾向など)。


クライスラー・300Cベースとなる車両はいわゆる
「高級車」であるが、

その内容は

フェラーリやランボルギーニ等のエキゾチックカー、ハマー・H2、シボレー・アバランチ、キャディラック・エスカレード、インフィニティ・FX等のLUV・ピックアップ・クロスオーバー、あるいはキャディラック、リンカーン、クライスラーのほかメルセデス・ベンツや、BMW、ジャガー、レクサス、インフィニティ、アキュラ製の高級クーペ・セダン等様々で、

ベース車両自体の形状についてはあまり問われず、

その後のカスタム過程において如何に華やかさを演出できているかが重要視されている。



日本国内への導入は、1990年代後期に

従来ミニトラックやピックアップを改造した所謂トラッキンと呼ばれるカスタムを行っていた人々や、
ローライダーのほかアメリカ製のSUVやバンをカスタムしていた人々らによって、現地のショーやメディアに露出しだしていたDUBカスタムを既存ジャンルの延長上の手法として取り入れることにより行われた。


確かに。。難しい車用語だらけ・・って誰でも??
理解で来ている。。。世界??なののかなぁ?
外車・・・いくつ知ってたっけ、、ん〜〜〜〜??