ADAS(先進運転システム)他

こんにちは、keiです。
お元気ですねぇ♪

ネット検索、抜粋させていただきます。

ADAS(先進運転システム)
ADAS(先進運転システム)とは、事故などの可能性を事前に検知し回避するシステム
「アドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(advanced driver assistance system)」の略

センサーメーカーや半導体メーカー, Intel ルネッサンス ソフトバンクグループ


SBドライブ
SBドライブ株式会社(エスビードライブ)はソフトバンクと先進モビリティの合弁会社であり、
スマートモビリティサービスの事業を行う企業
先進モビリティ、ソフトバンク、ヤフーなどが連携し自動運転技術を活用した特定地点間のコミュニティーモビリティーやおよび自律走行による物流・旅客運送事業などの社会実証・実用化に取り組む。
先進モビリティは2014年6月に東京大学生産技術研究所次世代モビリティ研究センターを母体として設立された大学発ベンチャーである。
合弁会社設立に合わせてソフトバンクが第三者割当増資を引受け5億円で40%の株式を取得している。


ADAS(先進運転システム)や SBドライブ
 高齢化、被災地、過疎化 など 自動だったらどんなに 
  素晴らしい活躍をしてくれているのだろ ふっと浮かびます^^

高齢社会と車

明日から9月
良き秋の日々を
kei

ハードトップ(hardtop)

ハードトップ(hardtop)とは、

自動車のボディスタイルのひとつ。 ボディスタイルとしての「ハードトップ」
本来は、ハードトップ(金属製の自動車の屋根)「ソフトトップ」(布製の屋根)の対義語

スリーボックスの形態
(エンジンルーム、室内スペース、トランクルーム)を持つ自動車のうち、主に側面中央の窓柱(※Bピラー)を持たない形状をいう。
  ※Bピラー:自動車の窓柱。ピラー(米: pillar)配置と呼称 各ピラーの配置 ピラーの名称は、前からAピラー、Bピラ  ー、Cピラー、Dピラー・・・とアルファベット順に並んでいく。ピラーが片側3本しかない車の場合、A・B・Cのかわりにフ  ロントピラー、センターピラー、リアピラーと表記することもある。


車体デザインにスポーティさや開放感を持たせることを主な狙い、
固定された屋根を持つボディ形状にもかかわらず、オープンカーに脱着式の屋根を装着した時のスタイルを連想させるデザイン手法。

Faux Cabrioret(フォー・カブリオレ。偽のカブリオレ)とも呼ばれる。
オープンカーや一部の※SUVに用意されることが多い脱着式の屋根が、元来の意味での「ハードトップ」

  ※SUV:スポーツ・ユーティリティ・ビークル
  (英語: Sport Utility Vehicle)自動車の形態の一つ。「スポーツ用多目的車」

ハードトップ・スタイルは、アメリカで1949年に登場したキャデラック・クーペドゥビルが初めて採用した。
この車は一大センセーションを巻き起こし、後アメリカ車では2ドアクーペ・4ドアセダンともにこの手法が大流行。
前後の窓を全て降ろした際に中央部にはピラーやサッシュが残らず、大きな開口部を見せることで乗員の開放感と共に車体デザイン上の演出となっていた。

この演出は、現在ではメルセデス・ベンツEクラスクーペやCLクラス/Sクラスクーペ、ベントレー・コンチネンタルGTやブルックランズ[1]、ロールス・ロイス・レイスといった、一部の高級クーペが引き継いでいる。・・・・・



ふむふむと
検索かけて ハードトップ(hardtop)を学んでみた なかなか奥が深く
わからない言葉がでてくるのでこの辺りで



先日すれ違った車が 
>オープンカーや一部の※SUVに用意されることが多い脱着式の屋根が、元来の意味での「ハードトップ」

ってアレ・・・オープンカー カッコイイけど マスクメガネ花粉症らしい
何が何でも こだわりのオープンカーに出合いました^^


3月末 明日から4月まだまだ花粉多し
お大事に〜 いい新年度へ
kei

PHVとは

PHVとは、

Plug-in Hybrid Vehicleの略、
プラグインハイブリッド自動車

プラグインとは電化製品と同様に、
家庭用電源からプラグ(電気機器の電源コードの先に付いている差込器具)を利用して直接電力を供給し充電できるもの、
プラグインハイブリッドカーは非プラグインハイブリッドカーに比べ電池を多く搭載しているため電気のみでより長距離を走行できる。

ガソリンエンジン車の長距離航続性能を残しながら電気自動車により近いタイプのハイブリッドカーである。

電気で走行する
メリット
エネルギー効率がガソリン車の数倍良い点や走行時にCO2(二酸化炭素)を車両から排出しない点

デメリット
多くの車種で航続距離が数十〜200kmに届かず長距離走行の難しさが残る。
カーエアコンによる冷暖房も電気を多く使うため航続距離が半減するなど気候次第で事実上使用が制限される。

非プラグインのハイブリッドカー
逆に内燃機関で発電して一部電動化したでは電池を内燃機関の補助と割り切っており、
航続距離こそ長いものの一般的なガソリン車に近い性質の自動車。

プラグインハイブリッドカー
双方の利点を取り込むため、バッテリーをより多く積むことによってエネルギー効率と航続距離を両立させた。
外部電源(家庭用コンセントなど)から夜間電力などでバッテリーに充電し、モーターのみで電気自動車として走行できる距離を伸ばしている。バッテリーの電力不足時や長距離走行時には非プラグインのハイブリッドカー同様エンジンを用いて走行する。


もうすぐ師走です。
一年早いねぇ
寒さに負けず^^ファイト!
kei

FF方式( 前輪駆動 )

FF方式( 前輪駆動 )

前輪駆動(ぜんりんくどう、FWD:Front Wheel Drive)とは、車輪を有する輸送機器の駆動方式の一つで、前後の車輪のうち前方の車輪を駆動する方式。

自動車では駆動輪に近い車体前方にエンジンを搭載されたものが多く、
その場合はフロントエンジン・フロントドライブ方式(Front-engine Front-drive)、略してFF方式とも呼ばれる。

21世紀初頭時点では、乗用車を中心とする四輪自動車に広く用いられる。
4気筒以下のエンジンを積んでいる車種の大半は前輪駆動、およびそれをベースとした4WD車である。

1970年代以降
トランスミッションとエンジンの搭載方法は、主に横置き配置が用いられるようになっているが、それ以前からの歴史がある縦置きの例も若干が残っている。

「後部エンジン・前輪駆動」も前輪駆動に入るが、
一般の自動車(乗用車やトラックなど)ではこのレイアウトにするメリットがないため存在しない。

二輪駆動のフォークリフトでは、運転席下部や後部にエンジンを搭載し前輪を駆動する方式が主流である。エンジン自身をカウンターウエイトにするためと、用途上バックで運転することが多いからである。

四輪自動車以外にも、オートバイやオート三輪にも前輪駆動のものが存在した。
多くは前輪真上ないし側面にエンジンを搭載し、チェーン駆動もしくはタイヤハブをローラーで摩擦駆動するものであったが、操縦性の制約や駆動摩擦力を得るための荷重不足によって一般化はしなかった。

簡易車両が主流を占めたこれら前輪駆動オートバイの中でも特異な例外的大型車はドイツのレース用オートバイのメゴラ (de:Megola 1921) で、640ccの星型5気筒エンジンを前輪ハブ内に搭載し、変速機やクラッチもなしに前輪を直接駆動した極めて異様なオートバイであった。

自転車は、19世紀、チェーンによる後輪駆動が確立される以前には、前輪を直接ペダル駆動するものが多かったが、後輪駆動車が普及してからはるか後年、リカンベントの一部、補助動力付き自転車の補助動力などで、前輪を駆動するものが出現(この場合、後輪とあわせ前輪「も」駆動する自転車、)



5月末 明日から6月
kei

コンセプトカー

コンセプトカー

久々 さすが 気まぐれ☆カー用語学です。

コンセプトカー何で今回 コンセプトカーを調べたの?
って 声が聞こえていますが

プジョーの もうすぐ発表されるコンセプトカーがニャんたら
を検索してたから

リア. rear - 背後、後方が見えたと
でていました。

コンセプトカーは、
自動車メーカーが展示目的で製作した自動車のこと。

モーターショーや、各メーカーのショールームなどにおいて
展示されることが多い。 とのことでした。



最近 一日1回は見かける 
ライオン^^ 


さてさてGW 
どう過ごされるの?ですか

早45分弱で 5月
今月中に 表紙を今から少し訂正しますねぇ♪
変更が 遅れててゴメンナサイ。

連休 高尾山のボラと仕事。
楽しいGWで^^
kei

LSD リミテッド・スリップ・デフ

LSD リミテッド・スリップ・デフ・・・

LSD☆^^って? 今・・調べてみるねぇ 

LSD
リミテッド・スリップ・デファレンシャル(差動制限装置)
 LSD: limited slip differential 

先ず・・?デフロック
デフロック(Diff-Lock)とは、
自動車の差動装置(デファレンシャル)のバリエーションの一つである。
日本語では差動固定装置(さどうこていそうち)やデファレンシャルロックと呼ばれる

リミテッド・スリップ・デファレンシャル(差動制限装置)
 LSD: limited slip differential 

デフロックの持つ差動固定時のドライバビリティ低下の問題を克服するために、
必要な時にのみ差動を制限する為のリミテッド・スリップ・デファレンシャル (LSD: limited slip differential、差動制限装置)が考案された。

その名の通り差動に条件に応じた制限を持たせたもので、


側面ギアの回転を限定的に抑制し無負荷状態の車輪の空転を可能な限り防ぐ、
悪路や滑りやすい路面状況でも車輪へ確実に駆動力を伝えられ、走行の安定性が向上した。

通常はオープンデフとしてふるまい、特定の駆動条件下のみ自動的に差動を制限するため、デフロックの様な極端な操縦性の変化も起きにくくなった。

差動制限の方式により、様々なタイプのLSDが存在する、
大きく3種類に分類で、機械式では「トルク感応式」「回転感応式」 電子式では「アクティブ制御式」



今日は、こんな感じで
少し 学んでみました・・・・^^♪






ん・・


たぶん エっ

笑っているでしょう



 誰





ここまで よくもまぁ〜


わからないまま




気まぐれ☆カー用語学
 激・・冬眠中だったなぁ〜〜〜と


声が〜〜〜。。


 気まぐれ☆カー用語学
  そろそろ 増やします^^。




風邪予防、部屋の
湿度を増やしてください。


インフル予防接種。。
  かなりーー痛かったです。。

さらに ハイ^^!
手洗いうがい宜しく

いい時を〜
過ごされてください。
kei

PHV(Plug-in Hybrid Vehicle)とは?

PHV・PHEVとは?

プラグインハイブリッドカー (Plug-in Hybrid Vehicle)

  略してPHVかPHEVと呼ばれる

メリット
・家庭用電源で電池を充電できる 次世代HEV。

・コンセントから差込プラグを用いて直接バッテリーに充電できる
 ハイブリッドカーである。

・一般的なHEVよりも大容量の電池を搭載しているため、
 モーターのみで走行できる距離を長くできます。

 通常の自動車、さらには一般的なHEVよりも
 電気での走行比率が高まるため、

・CO2削減などの効果がより大きくなることが期待できます。

デメリット
・気候次第で事実上使用が制限される場合がある。
 エアコン制限など




ん・・PHV・PHEVって

  

プラグインハイブリッドカー (Plug-in Hybrid Vehicle)



 世界の 期待の☆^^なのねぇ



いい時間を kei

ESP☆^^っ・2

ESP

ESP☆^^ってその2



ESP 電動パワーステアリング
横滑り防止機構(よこすべりぼうしきこう)とは、
自動車の旋回時における姿勢を安定させる 装置の一種。



各社での名称
登録商標等の関係から、開発メーカーや採用メーカーにより
呼称が異なる。いずれも基本構造は変わらない。


現在、日本での名称統一に向けて、ボッシュ(日本法人)、
コンティネンタル(日本法人)、アドヴィックスら主要3社が
"ESC普及委員会"[1]を組織し、登録商標ではない一般名称として"ESC"を提唱している。

なお日本以外の
ボッシュ・グループではESPと呼んでいるが、

日本でのESCの使用は親会社である独ボッシュ社でも承認されており、独ボッシュ社の者も来日した際は、公式の場でESCと呼んでいる。




以下は各社での名称(ABC順)

ASC (Active Stability Control)
アクティブスタビリティコントロール - 三菱自動車
AYC - 三菱自動車
ASTC - 三菱自動車
CST - フェラーリ
DSC (Dynamic Stability Control)
- マツダ、BMW、フォード、アルビナ、ジャガー、ロールス・ロイス
DSTC (Dynamic Stability and Traction Control) - ボルボ
DVS (Daihatsu Vehicle Stability control system) - ダイハツ
ESC (Electronic Stability Control)
- ESC普及委員会(上記参照)、デーヴ
ESBS - フォルクスワーゲン
ESP (Electronic Stability Program)
- ダイムラー、クライスラー、独ボッシュ、アウディ、
フォルクスワーゲン、オペル、スズキ、ヒュンダイ/キア
フォード、シトロエン、プジョー
IESC - いすゞ自動車
NDSC (Nissan Diesel Stability Control) - 日産ディーゼル
PSM (Porsche Stability Management) - ポルシェ
Stabilitrak, PCS (Precision Control System)
- ゼネラルモーターズ
VDC (Vehicle Dynamics Control) - 日産、スバル、アルファ・ロメオ
VDIM - トヨタ
VSA (Vehicle Stability Assist) - ホンダ(主に日信工業製)
VSC (Vehicle Stability Control)
- トヨタ(主にアドヴィックス製)
VST - スズキ




>電動パワーステアリング
開発メーカーや採用メーカーにより呼称が異なる。
いずれも基本構造は変わらない。





へーーーーーーっ^^


こ・・こ〜〜〜んなに  呼び名が違うんだ



コレじゃ

プロじゃないと −−わかんないよねぇ〜〜〜



簡単に 例えたら


お隣でトラ お向かいでミーコ 裏の家ではニャン太
三軒お隣でタマ ・・・・なんてこと ねぇ♪


あ^^ 呼び名が??



何で? 


ーー浮かんじゃうのかしらぁ^^♪
この時 いずれも基本・・・  
           ネコっ^^。



そんな 意味合い


いい時を 


^^kei

ESP☆^^っ

ESP

ESP☆^^って? 今・・調べてみるねぇ



ESP
横滑り防止機構(よこすべりぼうしきこう)とは、
自動車の旋回時における姿勢を安定させる
装置の一種。


制動時に
車輪のロックを防ぐ ABS

加速時の車輪空転を防ぐ 
トラクションコントロールシステム(TCS)を
統合制御する事で、

旋回時における
アンダーステアや オーバーステアを防止する制御が可能
となるシステムを総称してこのように呼ぶ。


当機構を装着した車輌は、
保険会社により任意自動車保険割引を受けられる場合がある。


外国車や、後輪駆動車系の高級車には
全車標準装備になりつつあるが、

コンパクトカーや軽自動車では
一部のスポーツモデルにのみオプション設定のケースが多い。



価格面の問題
全車種に横滑り防止機構を標準装備か オプション設定するにしても、
メーカーが全車種についてテストなどのコストがかかるため
とされている。



歴史
技術的な進化の過程として

制動・加速時のロックを防ぐABSとTCS
      (通常この2つはセットで併用される)


より精密な制御と 作動時の車両の安定を狙って
    各輪独立制御(EBDなどと呼ばれる)付きABSとなり

これに舵角センサ
   (ステアリングの切れ角を測るセンサ)が組み合わされて

ステアリング切れ角に合わせて 
旋回時にも車両を安定させる統合制御が可能になったと
考えるとわかりやすい。


さらに近年
この舵角センサと 電動パワーステアリング(EPS)の
操舵トルクアシストとの統合制御に発展している。


2003年このシステムは
トヨタ・プリウスに「S-VSC」として搭載された。





そっか^^ESP
横滑り防止機構(よこすべりぼうしきこう)
電動パワーステアリング




なのねぇ^^






いい時間でーーーkei

ウニモグ

ウニモグ

ウニモグって? 今・・調べてみるねぇ


ウニモグ

ウニモグ U400ウニモグ(Unimog)は
ダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで製造、販売する
多目的商用自動車。

名称はドイツ語独特の略号法である
Universal-Motor-Gerät」(直訳すると「多目的動力装置」)

の太文字部分を読んだものである。



門型アクスルとハブリダクションドライブが
特徴四輪駆動方式で副変速機と逆転機を装備できることから、

超低速や悪路での作業にも適している。   
                  (へぇ〜〜〜・・!)


副変速機シフトレバーの表記が「Hi / Lo」ではなく、
ウサギとカメの絵が描かれている。
                
これは、
識字率が低い発展途上国での使用を想定したものである。
                      (ほぉ〜〜〜・・)

                  

良路での最高速度は、
ファイナルレシオの高いアーバンウニモグでも約110km/h程である。

排気ブレーキには日本車に見られるオン / オフスイッチは無く、
右足のかかとで操作する足踏み式である。 
                   (??なんかお茶目っ^^)

最小クラスのUXシリーズのみは静油圧無段変速駆動方式を採用する。



( 元気ブログサイト  ウニモグ Unimog 
カッコイイですよ^^)



作業に適した視界を確保するため、
多くの車種で運転装置(ステアリングホイール、計器盤、ペダル)の
左右切り替えが可能である。


日本では除雪や道路整備、スキー場、競馬場などで見かける。

変わった例としては、
鉄道の作業用車輌または機関車代用として、

ゴムタイヤを鉄輪に履き替えたり、
鉄道用車輪アタッチメントを装着することによって線路上を走ることができるものもある(軌陸車と呼ばれる)。


海外ではダカール・ラリーのカミオン(トラック)部門で競技車として活躍するほか、

チームの荷物や補修部品を運ぶサポート車
として重宝されている。

また軍事でも輸送用や自走砲車として用いられている。

日本においては、
高速道路会社のトンネル壁面清掃や照明器具の保守、

JR等の保守用の軌陸車、NTTで通信車、JRA等の馬場のメンテナンスに利用されている。それぞれの作業にはアタッチメントを利用して対応することがある。

改造された消防車としても、耐熱救難車として活用されている。



かつてはヤナセが輸入していたが、
その後ウェスタン自動車、AMGジャパンを経て、

2005年11月以降
「ワイ・エンジニアリング株式会社(株式会社トノックスグループ)」が輸入元になる。

この結果、ヤナセは自動車輸入業を完全に廃業することとなった。


ウニモグ乗りの著名人としては、
元SUBARUのカーデザイナー、パラダイス山元(元東京パノラママンボボーイズ)が都内で個人所有している。




古いウニモグは日本には1953年製ウニモグが静岡県藤枝市に、
急傾斜地牧場用肥料散布機として帯広市の業者が70年式を2台保有。(肥料散布専用となっており公道走行はできない)

1980年代に
田宮模型からコミカルミニ四駆として模型化された。



そっか^^  それにしても〜 キュートな車体が多い?
 本物って メチャメチャでかいと思うのですが・・・・ 

ウニモグブログサイト とてもキュートに目に飛び込んできた
      ウニモグ^^ドキドキ☆キュートで力持ちのイメージ


因みに ウニモグは
     セレブお値段だと言う言葉では・・・ 不足ねぇ♪


  
     とても  魅力的な豪快なウニモグって 
                    ご存じでしたかぁ?

ファン^^になったわ♪

では 元気サイト  ウニモグ Unimog 

  覗きに行かれて みてねぇ〜     
     キレのいい プレゼントカッコイイブログサイト キレイです ♪




                   kei


posted by kei at 12:07 | TrackBack(0) | 気まぐれ☆カー用語学

ビンテージカー(旧車)

ビンテージカー(旧車)


ビンテージカー(旧車)(きゅうしゃ)
とは、主に数十年以上前に製造された自動車やオートバイなどの
事である。

Q車と表記する場合もある。

定義
「旧車」を字面通りに読めば「古い車」ということになる。

どの程度古い車を「旧車」と呼ぶかについて、

明確な線引きは存在せず、各人の主観に任されている。


「主に1950〜1980年代に製造されたもの」といったように年代で区切る考え方もあれば、
「製造終了になった車両」あるいは
「製造されてから○○年以上経った車両」といった考え方もある。


ある世代にとっては「旧車ではない」とされる車両が、

より若い世代にとっては既に旧車扱いになる、

といった例も見受けられる。


さらに、専門誌各社や販売業者各社、マニア各人により、国産車のみを言う場合もあれば、輸入車も含まれる場合もあり、明確には決まっていない。


特別な例で、現在でも製造されてはいるものの、

非常に古い設計のまま、現在でもほぼ当時の状態で製造されている

外国車やレプリカ外国車など。


他、サイドカーや一部トライクという車種的に今後交通社会に

置いてメジャーになることはないだろうという車種も

「旧車」に含まれる場合がある。


一般的な量産車では、中古車となってからある程度の期間を経て、

専門店以外では見かけなくなる、


つまり、マニア以外が注目しなくなる時期が目安とされている。





なんかぁ〜


・・Z z z z z z..眠い〜^^




じゃ いい日で過ごしてヨ♪

kei
posted by kei at 00:47 | TrackBack(0) | 気まぐれ☆カー用語学

ダブルウィッシュボーン式サスペンション

ダブルウィッシュボーン式サスペンション

ダブルウィッシュボーン式サスペンションって? 今調べてみるねぇ

ダブルウィシュボーン式サスペンションとは、
サスペンション方式のひとつである。

語源は、Double(2つの)Wishbone(叉骨)で、
上下に置かれたロッドの形状から。

この方式は、路面に対してほぼ水平に取り付けられた

上下(アッパーアーム,ロワアーム)2本のアームにより
アップライト(車軸やハブを含む)を挟むように
支える構造になっている。


構造上、サスペンションの剛性を確保する事が容易である点、
サスペンションがバンプしたときのキャンバー変化を最小限に抑える事が可能である事から、

タイヤと路面の間の摩擦力(グリップ力)の変化
少ない事が利点となる。

へ〜〜〜?


似たような構造のものにロッキングアーム式サスペンションがあるが、ロッキングアーム式の場合は、

上下どちらかのアームをテコにしてスプリングを作動させるので、
アーム自体にかなりの強度が必要になる。

また、スプリングを作動させる側のアームにはピボット(支点)が必要で、その内側にダンパーやスプリングを取り付る等設計にはそれなりの制約がある。

ふむふむ・・・Z z z z z z..

ダブルウィッシュボーンは、上下のロッド長や、アームの取り付け角度等を変えることにより自由且つ容易にジオメトリーの変更が出来る。

サスペンションの設計に制約が比較的少なく、
操縦特性等を任意に変えることが出来る為フォーミュラカーを始めとするレーシングカーに向いているのはこの為である。


この方式は前輪にも後輪にも用いられる。





そっ・・そうなんだって・・・・猫久しぶり過ぎて、、
ぴかぴか(新しい)あなたは お元気ですよねぇ!

カー用語学ひらめき 忘れられていますっ^^。

5月に間に合ったわ 


明後日は1年の半分まで来ちゃった気分の

6月ですねぇ〜


さぁ〜〜〜〜元気で 楽しく過ごそうねぇ^^♪


横浜っ 浜っこ〜〜♪ 


会いに行きます^^。

kei
posted by kei at 19:58 | TrackBack(0) | 気まぐれ☆カー用語学

インタークーラーって^^

インタークーラー

インタークーラー(intercooler)は鉄道車両や自動車や航空機等の過給器
(ターボ、スーパーチャージャー等)用補機類で、
過給器が圧縮し加熱された空気を冷却することを目的としたものである。


ふ〜ん・・?


ラジエターやオイルクーラー同様、
外気によって冷却するためのフィンが並んでおり、
一般市販車の場合は車体前部に取り付けられている場合が多く、
改造によって新たに設置されたり別の個所へ移動させられる事もある。


また、Super GTなどの自動車レース用の自動車の場合は
後部に取り付けられている場合が多い。


車体にバルジと呼ばれる空気取り入れ口を設け、
そこから導入された外気をインタークーラーにあてる構造のものも
多数存在する。

エンジンルームの構造によっては
外気を効率良く当てるためにダクトを利用したものもある。
内燃機関は吸気温度が低いほど空気の圧縮率が良くなり出力を向上させることが可能であるため、
過給器付きエンジンにとって重要な補機の一つである。



インタークーラーがある事により少なからず圧力損失(圧損)を生じ、
レスポンスが低下する。と言われる事があり、
むやみに大型化したり配管を長くするのはタブーとされている。


インタークーラーにはこの圧損を最低限に留め、
その上で高い冷却性能が求められるが、
これらは相反する要素であり、通常はどちらかに重点を置かれて開発されている。


本来インタークーラーとは、
多段過給において過給器と過給器との間に置かれて一段目の
過給器で圧縮された空気を冷却する中間冷却器のことを指し、
エンジンの手前の冷却器はアフタークーラーであるが
今では自動車用語でインタークーラーと言えば後述のものを指す
言葉として定着している感がある。

この種の吸気冷却器全般を指してチャージクーラーとも呼ばれる。

自動車への設置方式
ここでは、自動車への設置の場合主に採られる設置方式を記す。

前置き
ラジエターの前に平行になるよう設置。
純正の配置で採られる車種もあれば、チューニングにより配管を変更して前置きにする場合もある。

中置き
ラジエター後方に平行に設置。
水温対策やクラッシュによるエンジンブローなどを防ぐ目的で採られる。

水平
エンジンルーム上部に水平になるよう設置。
ボンネットにはインタークーラーへエアを導く為のダクトが存在するのが
一般的。

Vマウント
ラジエターとインタークーラーがVの字になるよう設置。



っっっっ・・わからないです。。もっと簡単に説明ってないかしら〜
kei
posted by kei at 23:36 | TrackBack(0) | 気まぐれ☆カー用語学

ラジエター

ラジエター


自動車のラジエターラジエター(Radiator)とは、
水冷式熱交換器の一種。


主に著しく熱を発生する装置(エンジンなど)
の放熱用に使用される。



ラジエータ、ラジエーターとも読書きする。
なお、「ジ」を「ヂ」と記述することもある(例:ラヂエター)。


自動車・バイクでのラジエター

水冷式エンジンを搭載する車種においては、
エンジンで発生する過剰な熱を発散するための装置であり、
アルミニウム(古くは鉄)の細管を多数並べた構造をしている。

細管内部に冷却水を満たし、
同じく冷却水を満たしたエンジンのウォータージャケットと接続して
冷却水を循環することにより、エンジンの冷却を行う。



冷却水は加圧により100℃では沸騰しないようになっていて、
より効率的にエンジンの冷却を行う。

外気温が0℃を下回る環境では冷却水が凍結-膨張することで
ラジエターを破壊することがある。
この対策として、冷却水にロングライフクーラント(LLC)や
不凍液などを添加し、凍結を防止する。



チューニングカーとラジエター

チューニングに従いエンジンの出力が上がると、
どうしても発熱量が高くなるために高性能のラジエターが必要になる。
しかし取り付けサイズは車のレイアウトによって固定されてしまうため、
厚みを増やし、冷却水の容量を上げる方向で強化していく事が多い。



そして次に考えられるのは材質の変更である。
よく使われる材質は銅とアルミニウムの2種である。それぞれ一長一短があり





冷却力弱、自己放熱性強、重量大
アルミニウム
冷却力強、自己放熱性弱、重量小
となっている。




発熱量が多くなる、また動力性能を上げる為に軽量化したいので
アルミニウムラジエターの方が良いとは言えるのだが、
ストリート兼用の車では渋滞に遭遇する確立も高くなる。


そうなると
自己放熱性の低いアルミニウムラジエターでは冷却風の導入が止まると
同時に一気に水温が上昇してしまう。

しかし銅ラジエターでは
そのような状況に陥ってもある程度は対応が出来る。


そのため多くのチューナーは
ストリート仕様なら銅、

サーキット専用車両なら
アルミニウムを推奨している。




パソコンでのラジエター

パーソナルコンピュータにおいては、
CPUの冷却に水冷式を採用するものがあり、
この場合に熱交換用のラジエターを装備する。




CPUには従来の空冷式に用いられてきたヒートシンクの代わりに
ウォーターブロックを装着、


ラジエターはパソコン背面などの放熱用通風孔が設けられている個所に設置、これらとポンプをそれぞれホースで繋ぎ、冷却水を循環させることによってCPUを冷やす
posted by kei at 21:34 | TrackBack(0) | 気まぐれ☆カー用語学

ショックアブソーバー

ショックアブソーバー

高圧ガスショックアブソーバーショックアブソーバーとは、
位置の移動を抑制するための装置である。


ばねによって振動、衝撃を緩衝するシステムにおいて、
ばねの特性による揺り返し現象(周期振動)を緩和し収束するために使用される。
主に自動車などサスペンションに採用されている。
「ダンパー」とも呼称する。


ショックアブソーバーの
効果概略自動車のサスペンションなどの、ばねによって位置を保持し、
振動や衝撃などによって入力された力をばねの弾性で吸収するシステムでは、
ばねの変形(延び、もしくは縮み)によって入力されたエネルギーを吸収する。


しかし、
ばねは変形することで吸収したエネルギーを再び元の形に戻ることによって
解放する特性がある。


理想的なばねでは、
この延び縮みを繰り返し(周期振動)エネルギーが保存されるが、
実際のばねではこれらの過程で抵抗による減衰が起こりエネルギーは
熱に変換されて最終的に初めの位置に停止する。


ショックアブソーバーはこの周期振動による弊害を解消するために、
位置の移動(ストローク)する際に
抵抗を発生して運動エネルギーを熱に変換することで
周期振動の収束を早める役目を担う。


また、
初期入力の際に同様のエネルギー変換によってばねに入力されるエネルギーを軽減する役目も持つ。

ショックアブソーバーを使用したばね系は、
使用しない場合と比較すると、入力された力に対してストロークが小さく、
また振動がすばやく収まる(図を参照)。



自動車などの乗り物では、この特性を生かして、
加減速時、旋回時の姿勢安定、また乗り心地の向上に広く利用されている。




機能・構造
ショックアブソーバーは外部から力が入力されると、
それに応じて伸縮する(この伸縮または伸縮量をストロークと呼称する)。



ショックアブソーバの主要な機能は、
外力によってストロークが発生する場合に、
それに逆らう抵抗を発生する事である。

また、単に抵抗を発生するのではなく、
ショックアブソーバーが組み込まれるバネ系(サスペンション)に合わせて抵抗を適正に制御する機能を持つ。


ショックアブソーバーの発生する抵抗は減衰値、
あるいは減衰力などの呼び方で数値化される場合が多く、いずれの場合も摩擦係数を数値化したものであるため、無次元値である。



初期のショックアブソーバーは、
固体同士の摩擦抵抗を利用したもの、気体中を移動する際の抵抗を利用したもの、
あるいは物性として減衰力を有するゴムを利用したものなど、
様々な方式が試され、一部は利用されたが、
いずれも耐久性、抵抗値の制御、抵抗の絶対値などに問題があり、


現在は液体の粘性抵抗を利用したオイル式(液体式)のショックアブソーバーが広く普及している。



オイル式のショックアブソーバーは、
オイル(粘性抵抗を発生する媒体を指し、必ずしも油を示すものではない、
フルードとも呼称される)を満たした筒にえいた先端にピストンを付けたピストンロッドを入れてストロークさせる。


ショックアブソーバのピストンは注射器やエンジンのものと異なり、
完全にシールされておらず、ある程度オイルを通過させる構造になっており、
これによってストロークする際にピストンはオイル中を移動することが出来る。


また、ピストンはオイルを通過させる際に粘性抵抗を受け、
この抵抗をコントロールする事により減衰力を調整する。


オイル式のショックアブソーバーは、
筒の構造によって、複筒式と単筒式の大きく二種類に分類される。
オイル式のショックアブソーバーでは通常オイルは封入されており
アブソーバーから出入りすることはない。

しかし、ピストンが筒の奥まで進入した場合、
ピストンを保持するピストンロッドも筒内に進入し、ピストンロッドの体積分オイルが筒よりも溢れることになる。筒の構造の違いは、この溢れたオイルをコントロールする方式の違いである。



だと・・、、今日は〜〜仕事が月末で普段の数倍やってた??^^
普段??ニコニコ笑顔で。。ごまかしていますが。。さすがに〆日で
疲れて。。仮眠から本眠〜〜しそうでしたわ^^。  kei

離対気流

離対気流
離対気流とは、物体に衝突した気流が進入方向に逆流し、
巻き戻しを繰り返して加圧される現象を指す、
自動車工学で用いられる用語である。


車高調を装着して最低地上高を下げ、かつ十分なエアロ整形の伴わない車両(特に基本となるエアロパーツのみを装着した自動車)の
高速走行時等に多く発生する。



本来、適正な車高で使用されるエアロパーツは、
そうした風の流れを整えるためのエクステリアパーツとして機能するが、
車高調により低重心化した場合は逆に前方に渦を巻く離対気流を発生させ、
フロント部分の気圧を大きく上昇させる結果となる。



離対気流が一旦発生すると加圧された気流が狭められている
車体下部に次々に入り込み、車体フロント部分に揚力を発生させ、
前輪のダウンフォースを著しく低下させる。

その結果ドライバーは車体制御が行えなくなるため
高速道路におけるローダウン改造車の単独事故の
主原因ともなっている。



離対気流を発生させずにダウンフォースを高める為には
エクステリア全体のエアロ整形が必要不可欠である。

エアロパーツの材質って?

素材

エアロパーツの材質は主に樹脂や FRP であるが、


レースカー用のエアロには
より軽く高剛性のグラスファイバーやカーボンが用いられる事が多い。

しかし
これらの素材は割れやすいため、現在販売されている一般車向けの
エアロパーツの大半は強度や衝撃吸収力等の観点から
ポリウレタン系素材を用いて真空整形により製造されている。



注意点

パーツを装着後、
車両の全長など車検証の記載内容から一定範囲を超えた場合には、
車検の更新が受けられない場合や検挙の対象になることもあるので、
市販品といえども注意が必要である。



一般市販車向けとして販売されているパーツは、
小企業、零細企業、あるいは個人工房などが、
ドレスアップ性を重視して製作しているものである。


CADを用いた空力設計や
風洞による空力の検証などはほとんど行われないので、
ダウンフォースが増えないばかりかかえってドラッグを増す結果にもなりかねず、本来の空力的な効果は期待できないと割り切ったほうがよい

わぁ・・学ぶと言うより。。読んだだけです〜〜奥が深いよねぇ^^kei

一般エアロパーツ&レース用?

一般用エアロパーツとレース用エアロパーツ


一般販売車用として提供されるエアロパーツの大半は、
機能部品としてよりも車体を美しいフォルムに
変化させる事に重きを置いて開発されているため、
ダウンフォースを期待する事は難しい。


ボデイ周辺の気流を整流することで高速走行時(80 km/h 以上)の
安定性を高める効果は期待できる。




アウディ・TTが超高速域での事故多発を受け
リコール扱いでウイングが追加された例があるが、これもダウンフォースを増やすことが目的ではなく、流速を落とし浮力を減らすのが主たる目的である。




対照的にレースカーに装着されるエアロパーツの大半は、

ダウンフォースを得る事とドラッグ(空力的な走行抵抗)の低減に
重きを置いて設計されるため根本的な性質が異なる。



一般的にフロントスポイラーやリアバンパースポイラー等を
装着すると最低地上高が小さくなる。


あまり大きなパーツを取り付けると
投影断面積が増えドラッグが増加する。


GTレースカーのように車高を落として
低重心化した上で、高速走行のために、
より大きなダウンフォースも得る必要がある車両には、
車両底部を平坦にし(フラットボトム化)、フェンダーに装着するワイドフェンダーや、エアロボンネットといった全体を
エアロ化できるパーツを装着する必要がある。


特に、こうしたパーツを用いてエクステリア全体のエアロ化を行っておらず、基本的なエアロパーツしか装着していない一般自動車を車高調等で低重心化すると離対気流が発生したり、後方にできる空気の渦等を適切に処理できなくなり、狙いとは逆にドラッグを大きくしたり、操縦性に悪影響を及ぼすこともある。それとは逆にエクステリア全体のエアロ化を行ったレースカーの場合は車高を落とす事でより大きな安定性とダウンフォースを得る事ができる。





トラック用のエアロパーツ
トラックにもエアロパーツが設定されている。
トラックの場合はキャブ(運転台)よりも高さや幅のある荷台への空気抵抗を軽減する目的で装着され、主にバンボディを架装し、
高速道路を走る機会が多い宅配便の路線トラックや引っ越し業者に見られる。


求められる走行速度はそんなに速くはない
(スピードリミッターの装着が義務づけられているため100km/h程度)
とはいえ、投影面積が大きい分空気抵抗の軽減は燃費節約に効果がある。




エアデフレクター
運転台の上に装着され、荷台への空気抵抗を軽減する。


サイドパニエ(ギャップシールド)
運転台と荷台との間の隙間を埋める。
エアデフレクターとセットで装着すると効果がある。


サイドスカート・リアスカート
目的・効果は乗用車用と同じ。
通常のトラックではここに燃料タンクや冷凍装置などが
装着されているためむき出しになっていることが多い。

そう〜〜ってとりあえず^^読んだけど^^難しいねぇ〜kei

エアロパーツ

エアロパーツ

エアロパーツ (aero parts) とは、主に自動車などの外観の印象を
変えたり走行時の気流を整流するエクステリアパーツ(外装部品)のこと
である。


主に
自動車の外観の印象をレーシーでより美しいスタイリングに変えたり、
走行時に車体が受ける気流を整え、抵抗(ドラッグ)を少なくしたり、
エンジン(ラジエター、ターボ車のインタークーラーを含む)の
冷却効率を高めたり、ダウンフォースを発生させるエクステリアパーツである。

三菱ふそう製のバス
「エアロバス」シリーズにはエアロパーツは装着されていないが、
路線バスのエアロスターを除いて空力特性を考慮したデザインになっている。


エアロパーツは
「エアロ」と略されたり、

エクステリア全体を整形していなくても基本となるエアロを全て装着していれば「フルエアロ」と呼ぶ。


またエアロパーツを装着する事を「エアロ化」と呼び、
基本となるエアロパーツを全て装着する事を「フルエアロ化」とも呼ぶ。

一般的にフルエアロと言えば、
フロントスポイラー、サイドスカート、リアスポイラーの
3点が装着された状態を指す。


種類と効果
以下に挙げるものの他にも、
車種や目的に応じて様々なエアロパーツがある。

フロントスポイラー
エアダムとも呼ばれる。

フロントバンパーの形状を最適化し、
ボンネット上部に抜ける気流を調整する。

フロントバンパーと一体式になったものは
「フロントバンパースポイラー」と呼び、

フロントバンパー下部に装着するものを「フロントアンダースポイラー」
「フロントハーフスポイラー」「リップスポイラー」「チンスポイラー」
などと呼ぶ。



フロントスポイラーを装着した場合、
その最低部が最低地上高となる場合が多い。
離対気流等、車体進行方向前方から気流を最も受けるパーツである。


サイドスポイラー
サイドスカート、サイドステップとも呼ばれる。
両サイドに装着し、車体横に流れ込む風を効率よく後部に受け流す。


(エッ・・ だと・・どんな?なんだろうか^^? )


リアスポイラー
リアハーフ、リアアンダーとも呼ばれる。
リアバンパーの形状を最適化し、後方にできる渦の発生を抑え、
スムーズに気流を受け流す。リアバンパーと一体式になったものは
「リアバンパースポイラー」と呼び、

リアバンパー下部に装着するものを「リアアンダースポイラー」
「リアハーフスポイラー」「リアスカート」などと呼ぶ。



リアスポイラー
リアウイング、ルーフウイングとも呼ばれる。
ウイングスポイラーは車体後方上部に装着し、
後方にできる渦の発生を抑え、スムーズに気流を受け流す。

後部ガラス上端部にスポイラーを設けるのが
最も整風効果が高いが、ドレスアップ性に欠けるため
セダンに使われることはない。



FF車のリアウィングは整風効果を期待するもので、
後輪のグリップ力増大は目的にしていない。
リアウィングは地面効果(ダウンフォース)により
主に後輪のグリップ力を増大させる効果が期待できる。




大型リアウイングを装着する場合は
構造変更申請が必要となる場合もあるが、走り屋やVIP車等には知らずに装着している者も多く、度々話題になる。
メーカー純正のリアスポイラーには構造変更申請が不要な物が多い。




エアロガーニッシュ
グリルガーニッシュとも呼ばれる。
グリル部に装着し、エンジンルーム内に進入する気流と受け流す気流を調整する。一定の冷却効果を狙ったものもある。



エアロガーニッシュは一見して
ドレスアップの目的のみに装着されると考えられる場合が多いが、
実際にはサイドスポイラーより気流の影響を受ける
エアロパーツとして知られ、

各メーカーでは度重なる風洞実験を繰り返しながら設計される。
ラジエターがフロントグリル後部に設置されている
タイプの自動車においては、開口部の大きさに重きが置かれ、
アンダーグリル部にラジエターが装着された自動車は、ボンネット上部に風を受け流すパーツとして、その角度に重きが置かれて設計される場合が多い。




カナード
スラストスポイラーとも呼ばれる。

主にフロントの浮き上がりを抑え離対気流の発生を防ぐ。
カナードはフロントの左右に装着される羽のようなもので、
場合によっては人を傷つける恐れがある事から、
基本的に公道では使用できない。




エアロミラー
純正のドアミラーは形状的に風切り音を誘発しやすい事から、
主にその風切り音を防止する。
可倒式(または脱落式)でなければ、公道で使用することはできない。





ふ〜んそうかっ・・て、、
多すぎだなぁ〜ワカンナイ・・カー用語だらけ、ただ意味は理解カモ^^。

こんなの^^オっなんてワカル人って天才って思うよ^^ホント  kei

ラグジュアリーカー

ラグジュアリーカーとは

豪華さ(luxury)を備えた高級車の事である。

転じて、主として高級車とされる車両(車両形状は不問)に独自の

センスでさらに高級感を演出しようとするカスタム手法を施した

車両のことである。

一部では「ラグジーカー」または単に「ラグ」と略される事もある。




ですかぁ・・・
じゃ〜カテゴリー作っちゃいます^^。