メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


逸話 メルセデス

「メルセデス(スペイン語で『慈悲深い人』という意味)」

という名前は、


1899年当時命名され、

ダイムラー車のディーラーを経営していた

オーストリア・ハンガリー帝国の領事、
ユダヤ系ドイツ人エミール・イェネリックの娘の名前である。

「ダイムラー」という
硬い響きを持つブランドネームを避け、

当時流行していたスペイン風の響きを持つ名前をあえて選んだ
と言われている。


「メルセデス」ブランドは非常に有名になったこともあり、


1902年

ダイムラー・モトーレンは、メルセデスを商標登録した。


欧米では一般に

「メルセデス」「メルセデス・ベンツ」と呼ばれるのに対して、


日本では

「ベンツ」と呼ばれることが多い。



ドイツ語の
原音に近い読み方では「メルツェデス」となる。


自動車評論家の

徳大寺有恒は著書や自動車雑誌の中でこの表記を用いることが

殆んどである。

五木寛之も著書の中ではこの表現を固持して使っている。





そ・・〜ねぇ〜

ダイムラー ・・ メルセデス ^^ ベンツ♪



呼び名だけで



・・ かなりイメージが 違ってくるもの

にしても



各国


面白いわ〜    kei

この記事へのトラックバック