メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。

ドイツ、シュトゥットガルトを拠点に、
乗用車と商用車を「メルセデス・ベンツ」のブランドで展開している。



成り立ち

1886年に
ドイツの技術者、カール・ベンツによって創設された
世界最古の自動車メーカーの一つ。


1920年代より
当時ヨーロッパで盛んになっていたモータースポーツに
積極的に参戦し、数々の好成績を収めその名声を確固たるものにした。


ゴットリープ・ダイムラーが、
ベンツと殆ど同時期に創設したダイムラー社と合併したのは1926年である。


ナチスへの協力

ヒトラー専用車だった
メルセデス・ベンツ770Kナチスの創設者でドイツの独裁者であった
アドルフ・ヒトラーは、政権獲得後の1933年2月11日、

国際ベルリンモーターショーにおける開会宣言で
新時代の交通機関である自動車と自動車道路の建設に注目し、
モータリゼーションの速度を速めることが
国家の防衛力を高めることになると説いた。


これ以降政府は
自動車税の撤廃、アウトバーン建設、国有鉄道にトラック輸送部門の新設等の政策を打ち出した。


ナチス党は、
党内に国家社会主義自動車隊(NSKK)を設け、運転技能者育成を始める。ベンツは運転教官の派遣、教習車の無償提供、

国家社会主義ドイツ労働者党機関への役員の派遣等で積極的に対応、

国家社会主義ドイツ労働者党の強力な
バックアップによりグランプリ・レース、ル・マン24時間レースやミッレミリアなどのレースで同じくバックアップを受ける
アウトウニオンなどとともに活躍した。


1935年ドイツ再軍備宣言以降の
ドイツの軍備拡張を支える企業として、戦闘機のエンジンや軍用車両などの生産を行う。


1939年9月に勃発した第二次世界大戦中は
軍需生産に集中して、連合軍の爆撃の標的になるなどしてドイツの敗戦までの約6年間に壊滅的な損害を受ける。

また、大戦中にユダヤ人や連合軍の捕虜を大量に強制労働者として使用した事から戦後多額の賠償を行うことになった。







ん・・

戦争は 多くの 

悲劇が あるよね・・・。   kei


この記事へのトラックバック