ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。
                           ( Wikipediaから抜粋です。)

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

アレ もう一台 後ろも


LP400後部
1974年
市販モデルのLP400が登場。
オーバーヒート対策のためボディに多数のエアインテーク、アウトレットが設けられた。
エンジンはより扱いやすくミウラで実績も積んでいた3,929ccエンジンに換装された。
車体構造はテストドライブの際に剛性不足と判断されたため、セミモノコックから丸鋼管を溶接して組み上げたバードケージ(鳥かご)フレームにアルミボディを載せるデザインに変更され、剛性向上と軽量化を同時に果たしている。
LP400は、
マルチェロ・ガンディーニのオリジナルデザインに一番近い生産型、150台しか生産されなかった。
実際の車両重量についてはカタログ記載より約500kg程度重い1.6t、エンジン出力についても実際は330英馬力程度と云われている。これらの数値は実際の各種テストデータ、0〜400m13秒台後半、最高速度260km/hなどから考えての内容。

ウォルター・ウルフ・カウンタック
LP400のスペシャルモデルとして有名なのが、わずか3台のみが製作されたウォルター・ウルフ・カウンタックである(スーパーカーブーム当時の日本では「LP500S」と呼ばれた)。

1号車
カナダの石油王でF1チームのオーナーでもあったウォルター・ウルフは熱狂的なランボルギーニ・マニア、ランボルギーニの経営に乗り出そうと計画したほどであった。
1974年 ウルフはすぐさまオーダーし、LP400の量産3号車を手に入れることができた。

しかし、ウルフはこの新型車の仕上がりに不満を持っており、
1975年 ウルフの指導の元、大型リアウィング、オーバーフェンダー、コンセプトカーのブラーボから譲り受けたホイール、ピレリP7の超扁平タイヤなども装着された 赤の「1号車」が製作出荷。

2号車
この1号車には、排気量がプロトタイプより1リッター縮小されたエンジンが搭載されていたが、その性能に不満その性能に不満を持ったウルフは
1976年 特別に手を加えたエンジンを搭載し、サスペンションの改良を受けたカウンタックをランボルギーニに製作依頼。 青の「2号車」が製作出荷。

3号車
1978年 その後このエンジンはさらなるチューンを施された上でネイビーブルーの「3号車」に換装され、出荷。
この3号車はエンジンの換装、ダラーラの指揮の元でフレームやブレーキ、クラッチが強化され
「究極のウルフ・カウンタック」となった。
2号車には代わりに通常のLP400のエンジンが搭載された。

これらの3台は通称「ウルフ・カウンタック」(スーパーカーブーム当時の日本ではLP500S)と呼ばれ、特にエンジンの換装やダラーラが各所に大幅に手を加えたいきさつが詳しく語られることがなかった上に、
3号車、ウルフが手放した後に入手した日本人オーナーが一般に公開することを拒んだ、その存在自体が確認されない「幻の存在」として語られる事となる。ちなみにオーバーフェンダーやリアウィング等は後のLP400S、500S、5000にて正式採用されている。

各車の現在の状況
1号車
ブームが過ぎ去って以降も日本に留まり「蘇える金狼」の劇中車として使用されたり、僧侶・タレントの織田無道が所有していたことで知られている。
2号車
ドアミラーが変更されてドイツのロッソビアンコ・ミュージアムにて展示されていた。
2016年5月、
イタリアで開催された「Concorso d'Eleganza Villa d'Este 2016」にて、ランボルギーニの元テストドライバーであるヴァレンティーノ・バルボーニ氏の運転で会場に登場し、現存していることが確認できる。

3号車
新たな日本人オーナーの手に渡り2014年に完全な※レストアを受けた。
なおレストアを受ける前後にオーナー自らがウルフとダラーラと会い、3号車の開発のいきさつとエンジン換装についての確認を受け、さらにその内容が「Genroq」や「ベストカー」、「カーグラフィック」などに掲載されたことで「幻の存在」から脱却することになった。

※レストア
事故や損耗が理由の通常の修理や整備ではなく、製造時期から年数がある程度経ったビンテージモデルなどを復活、あるいは「保存」する事を目的に修復や復元する事を指す。リペア(repair)は一部の修理・補修を意味する。


ふう〜〜〜ん  そっか・・・・

ウォルター・ウルフさん他、熱狂的なランボルギーニ・マニアに申し訳ない話なのですが

今更 本音で  語ります。
ゴメン。。実は・・・ネット検索や Wikiで学ぶまで この車に対して 無知。。会ったことの無い車でした。
 
撮影日に  あ・・ 赤いスポーツカー?? と云い 一回。。素通りしていました。

しかも カメラで写したかなぁ・・・


 後、その車の周囲は、かなりのカメラマン なんだろう〜〜と確認すると

 ワァ〜 ドアが羽のごとく開いており カメラマンの隙間から 撮影。

 しかも。。国立のイベント兼お祭りで人気の シルクスイートを片手に^^

                      シルクスイートとは ⇒ 芋の品種名 

 焼き芋片手に カメラカシャ 白い犬の^^紳士?お嬢さん?が 鼻クンクンとスーパーモデル!!
 
 前回の photoに出演してくれていました。


  赤いスポーツカー と 白い犬 
  
    (シルクスイート激うま!味)keiは、あのワクワクした楽しい瞬間を

       一生涯忘れません^^ ありがとうございます。
 

さて〜今年の12月 また開催いただけたら行きたいわ。

 あんな美味しい無料のイベントはなかなか。

 無料のシャトルバス 満腹過ぎるオールドカー展示 & 国立の農産物の出店^^

 本当 ケータハムに  極近で 会えたり^^〜♬

明日から 4月 
新年度 いい時を^^
kei
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック