ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。
                            ( Wikipediaから抜粋です。)

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

クンタック ランボルギーニ


後期型に見られるV型12気筒48バルブとキャブレターの組み合わせは、市販車における唯一の採用例
LP5000QVの北米向けモデル
インジェクション(ボッシュKジェトロニック)搭載エンジン
後期タイプのエンジン排気量アップはエンジン生産ラインの都合によりシリンダーヘッドとブロックの間にスリーブを挟むという強引な手法によるストローク伸長で実現されており、
ディアブロになってようやく※4ボア・ピッチが拡大された。

※5ガルウィングドアの代表的存在として扱われることがあるが正しくない。ガルウィングドアはルーフにヒンジがあり、正面から見て横開きに上がるもの、カウンタックのドアは前ヒンジで車体前方に上がる。
公式にはシザードアの名称が使われている。
座席からの後方視界の悪さ
(車室の後ろがすぐにエンジンルームになっているミッドシップなのでまるで見えない)、このドアを上方に開け上半身を外に乗り出すように後方を確認しつつバックさせる姿を
「カウンタック(クンタッシ)・リバース」と呼ぶ。

極端に車高が低く5000QV以降はダウンドラフトタイプのキャブレターを採用したことによりエンジンフードに突起物が付き後方視界は非常に劣悪である。

※4 ボア・ピッチ レシプロエンジンにおける隣接した気筒の中心間の距離。 通常ボアの値に気筒間壁厚さを加えたもの
※5ガルウィングドア ガルウィングドア(gull wing door )とは自動車などのドアの開閉方式の1つ。
「ガルウィング」は「カモメの翼」の意味。

ランボルギーニがクライスラーに買収される前、
創立25周年記念モデルの開発がスタートしたときに試作車のL150というモデルが開発された。
デザインはジュリオ・アルフィエーリで、ベースとなったのは1986年式クワトロバルボーレのインジェクション仕様であったがクライスラーの意向で廃案になり、現存は1台のみであり、現在日本にある。



さて〜〜
かなりレベルが高い カタカナが続いておりますが、飛ばして^^?
昨年12月に 初ゆっくり会えた ランボルギーニ カウンタック 素晴らしかった^^ 超羽ぽくて カッコイイなんて見とれてしまいました  のは 何十人もの人だかり しかも  その後 旧車パレード ワクワク最高 走っているのまで 見れました。 1日ゆったり過ごしていました。

エっ  
どこで?って

今年の 12月は、人がさらに増えて 見れるかどうか〜〜?  
穴場です。無料です。驚く程の旧車が走ってくれました。今年も開催を期待します。12月初め 国立 谷保。

2017年新年も ここを覗いて 立ち寄っていただき ありがとうございます。 
明日から  もう2月です。というか・・・後1時間。

昨日 東京で18℃ 今日はいつもの寒さに戻りました。
気温の急変で風邪と仲良くしないでねぇ

時間は 走り出していますねぇ〜
じゃ kei
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック