ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

販売車種では珍しく特殊なエアインテーク機構や※NAで400馬力を超えるV型12気筒5,000cc前後のモンスターエンジンを搭載するなどコンセプト、デザイン、システムすべての点において異彩を放ち、
1970年代後半から1980年代 日本での スーパーカーブームの火付け役

※NA
自然吸気(しぜんきゅうき)とは、ターボチャージャーやスーパーチャージャーなどの過給機を使わず大気圧でシリンダー内に吸気する、エンジンの区別方法のひとつ。
NA(エヌエー:Natural Aspiration〈ナチュラル アスピレーション〉または Normal Aspiration〈ノーマル アスピレーション〉の略)や無過給と呼ばれることもある。自動車において、このようなエンジンを自然吸気エンジンと呼ぶ。

スーパーカーブーム時には「最高速300km/h」という公称値が話題となり
これが人気の一端を担っていたが、実際には当時のLP400の最高速は300 km/hまで届いてはおらず、
最終モデルである25thアニバーサリーでも295 km/hに留まる。

車体下に気流が入って揚力が発生したり、巨大な※1エアスクープの空気抵抗と導入された気流によって後輪の※2トラクションが低下するなど、ボディは空力的に問題が多い。
この対策としてLP400以降のモデルにはエアロパーツや、オプションで※3 リアウイングが装備されるようになったが、このリアウイングによるリアのダウンフォースが強く高速走行時には前輪の接地感が薄れるという欠点もあり、それを補うためのフロントウイングまでも登場するということであった。

※1 エアスクープ 空気を取り入れる入口 吸気口
※2 トラクション 駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。 この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路面摩擦力により決まる。駆動力が摩擦力より大きい場合(急発進、雨天、積雪路など)、または 駆動輪の軸重が減少したとき(前輪駆動車の坂発進、コーナリング時の内輪)にタイヤが空転する。
※3 リアウイング 車体後方上部に装着して車体後方に発生する渦を制御し風見安定効果とともに車の安定性を高め、ダウンフォースにより主に後輪のグリップ力を増大させる効果


今年もここを 覗いていただきありがとうございます。
来年も宜しくお願いします。
良い 年をお迎えください。

kei

クンタック ランボルギーニ
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック