超小型モビリティ 頑張れEV!!

こんにちは、keiです。
お元気ですねぇ♪

超興味しんしん 国の対策を覗いてみたり
ってなことで さっそく新聞の記事を読み ネット検索した。

以下抜粋
 超小型モビリティとは
 軽自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる
 1人〜2人乗り程度の電気自動車(EV)車両
 日本は、国土交通省が 2013年1月に公道走行を可能とする新たな認定制度を導入した。
 エネルギー消費量はガソリン車の6分の1程度、軽自動車スペースに3台止められる
 排気量が125cc以下で 一定のの基準を満たした車が対象etc・・・

低速で小回り まさに 次世代の車へ どうか 専用車道を考えて欲しい!
自動運転機能が備われば、最も人に優しいい車 

運転できなくなった高齢者たちの強きパートナーになると思うわ
♡各病院へ送り迎え ♡超大型スーパーならそのまま入れる時代になっていくかも

エーーーーって 言ってる あなた 30年後は何歳?
何歳まで元気でいたいですか? keiは 死ぬまで 元気でいたい^^

で 思うことは 元気のもと 人の日々の楽しみは  なんだろうなぁ〜と  

しみじみ感じさせられることがある 
もしも 自分で買い物に行けなく なったら・・・
 
 フルーツの鮮度 野菜の産地や 魚の旨そう! 肉今日はラム肉がいいとか このパン
選べなかったら  どう?? 

 食べられるが 自分で選べないのは とっても 虚しい 

だから 本気で日本の大革命 一日でも早く 専用車道
 超小型モビリティ 頑張れ!!EV なんです。


超小型モビリティではないですが、
EVを昔からスタートしてる都市 さて??と検索したら

EVを20年まえからスタートしてるのは、スイスのリゾート地 ツェルマット
スイス・マッターホルン山麓にあるツェルマットは高級リゾート地 馬車とEVの都市
ツェルマットを走るEVは計500台(EV路線バス6台)。

国絡みで 超小型モビリティが
進歩してくれる日が楽しみに!!



今年は金木製の花が早いです。
あちらこちらで香りが漂っていますねぇ^^
じゃ
10月 秋 いい時を
kei
posted by kei at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック