PHVとは

PHVとは、

Plug-in Hybrid Vehicleの略、
プラグインハイブリッド自動車

プラグインとは電化製品と同様に、
家庭用電源からプラグ(電気機器の電源コードの先に付いている差込器具)を利用して直接電力を供給し充電できるもの、
プラグインハイブリッドカーは非プラグインハイブリッドカーに比べ電池を多く搭載しているため電気のみでより長距離を走行できる。

ガソリンエンジン車の長距離航続性能を残しながら電気自動車により近いタイプのハイブリッドカーである。

電気で走行する
メリット
エネルギー効率がガソリン車の数倍良い点や走行時にCO2(二酸化炭素)を車両から排出しない点

デメリット
多くの車種で航続距離が数十〜200kmに届かず長距離走行の難しさが残る。
カーエアコンによる冷暖房も電気を多く使うため航続距離が半減するなど気候次第で事実上使用が制限される。

非プラグインのハイブリッドカー
逆に内燃機関で発電して一部電動化したでは電池を内燃機関の補助と割り切っており、
航続距離こそ長いものの一般的なガソリン車に近い性質の自動車。

プラグインハイブリッドカー
双方の利点を取り込むため、バッテリーをより多く積むことによってエネルギー効率と航続距離を両立させた。
外部電源(家庭用コンセントなど)から夜間電力などでバッテリーに充電し、モーターのみで電気自動車として走行できる距離を伸ばしている。バッテリーの電力不足時や長距離走行時には非プラグインのハイブリッドカー同様エンジンを用いて走行する。


もうすぐ師走です。
一年早いねぇ
寒さに負けず^^ファイト!
kei
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック