FF方式( 前輪駆動 )

FF方式( 前輪駆動 )

前輪駆動(ぜんりんくどう、FWD:Front Wheel Drive)とは、車輪を有する輸送機器の駆動方式の一つで、前後の車輪のうち前方の車輪を駆動する方式。

自動車では駆動輪に近い車体前方にエンジンを搭載されたものが多く、
その場合はフロントエンジン・フロントドライブ方式(Front-engine Front-drive)、略してFF方式とも呼ばれる。

21世紀初頭時点では、乗用車を中心とする四輪自動車に広く用いられる。
4気筒以下のエンジンを積んでいる車種の大半は前輪駆動、およびそれをベースとした4WD車である。

1970年代以降
トランスミッションとエンジンの搭載方法は、主に横置き配置が用いられるようになっているが、それ以前からの歴史がある縦置きの例も若干が残っている。

「後部エンジン・前輪駆動」も前輪駆動に入るが、
一般の自動車(乗用車やトラックなど)ではこのレイアウトにするメリットがないため存在しない。

二輪駆動のフォークリフトでは、運転席下部や後部にエンジンを搭載し前輪を駆動する方式が主流である。エンジン自身をカウンターウエイトにするためと、用途上バックで運転することが多いからである。

四輪自動車以外にも、オートバイやオート三輪にも前輪駆動のものが存在した。
多くは前輪真上ないし側面にエンジンを搭載し、チェーン駆動もしくはタイヤハブをローラーで摩擦駆動するものであったが、操縦性の制約や駆動摩擦力を得るための荷重不足によって一般化はしなかった。

簡易車両が主流を占めたこれら前輪駆動オートバイの中でも特異な例外的大型車はドイツのレース用オートバイのメゴラ (de:Megola 1921) で、640ccの星型5気筒エンジンを前輪ハブ内に搭載し、変速機やクラッチもなしに前輪を直接駆動した極めて異様なオートバイであった。

自転車は、19世紀、チェーンによる後輪駆動が確立される以前には、前輪を直接ペダル駆動するものが多かったが、後輪駆動車が普及してからはるか後年、リカンベントの一部、補助動力付き自転車の補助動力などで、前輪を駆動するものが出現(この場合、後輪とあわせ前輪「も」駆動する自転車、)



5月末 明日から6月
kei
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック