高級スポーツカー^^フェラーリ♪

フェラーリ・612スカリエッティ

612スカリエッティ
製造期間 2004年〜
ボディタイプ 2ドアクーペ(2+2)
エンジン ティーポ133型 V型12 5.7L 547PS
全長 4902mm
全幅 1957mm
全高 1344mm
ホイールベース 2950mm
車両重量 1840kg

サスペンション(前後) ダブルウィッシュボーン式サスペンション
この表は自動車のスペック表テンプレートを使用しています

2004年、
456GTのポジションを引き継ぐために開発されたのが、
612スカリエッティ(612 Scaglietti)である。

名称の由来は、

約6リッターのエンジンであること、

12はエンジンの気筒数から。

スカリエッティという名前は、
50年代〜60年代に於いてフェラーリと強力なパートナーシップを築き、
多くのコンペティションモデルの製作を手がけたボディ製作工場の
オーナー、セルジオ・スカリエッティ氏による。


スタイル・機構

456GTのポストを引き継ぐ車として、

2+2タイプの4シーターという室内レイアウトを保っている。

大きくなったボディとピニンファリーナの仕上げた巧妙な
パッケージングにより、後席も含めた居住性は拡大し、
実用性の面で進歩を果たす。

エンジンはティーポ133型と呼ばれる、575Mマラネロ用の5.75リッター
V型12気筒48バルブエンジン。

このユニットは547馬力の値を吐き出しているが、更なるトピックとして、456GTよりも低く、後方に搭載されることによって、
重心位置の低下と重量配分の適正化も図られている。



トランスミッションは6速
セミオートマチックトランスミッションである
F1マチックが用意されている。F1マチックは、ギア操作とクラッチ操作を油圧により自動操作する機構であり、トランスミッションそのものは
マニュアルミッションと共通である。

また、トランスミッションがトランスアクスル化されることにより、重量が大きくリア側に移動することとなり、フロントエンジン、4シーターながら、フロントよりリアの方が重くなっている。


またボディサイズの拡大による重量増加を回避するため、
360モデナで使用された押し出しアルミ材を使用した
スペースフレームの採用で相殺し、車重1840sに抑えることに成功。

4シーターながら、最高速315km/h以上を達成できると発表されている。


標高5231mへの挑戦

2005年8月、

フェラーリ社は612スカリエッティで中国を横断する
「チャイナ・ツアー」と称するPRキャラバンを行った

これにはロイヤル・ダッチ・シェル、ピレリが協賛しており、
フロント部分にフェラーリの中国語表記「法拉利」のデカールが貼っていた。

8月末、上海を出発し、9月末には
標高5231mのチベットのタングラシャン峠に到達した。




なんかぁ〜
す・・ゴイ馬力あります^^ぅ〜  

いいなぁ〜1回^^かわいい  乗りたいナァ^^〜♪♪



kei

この記事へのトラックバック