高級スポーツカー^^フェラーリ♪

フェラーリ♪

1960年代に経営が苦境に陥り、

1963年にフォードから買収を持ちかけられるが
(一説にはエンツォからアプローチしたともいわれるが、

「向こうが話を聞きたいというなら聞いてやらんでもない」という尊大な態度だったともいう)買収金額をめぐって交渉は決裂。

1969年にイタリア最大の自動車メーカーであるフィアット社の援助を受け、
その傘下に入ることで命脈をつないだ。

この買収の決裂を受けて、フォードは後に独自のスポーツカーGT40を開発し、その資本力に物を言わせ、ル・マン24時間レースでフェラーリを打ち破ることになる。

フィアットの傘下に入った後、ディーノ206/246のエンジンがグループ内でやりとりされることとなり、フィアットからはディーノ・クーペ/スパイダー、ランチアではストラトスが生まれた。このエンジンはキャブ、カム、ピストンに至るまでフェラーリ、
フィアットともにまったく同じにもかかわらず、政治的配慮からなのか、排気レイアウトの関係からフィアットの方が馬力的に有利にもかかわらずフィアットの方が馬力が少ない表示となっている。

またその後エンツォは、元来興味の薄い市販車部門からは一切の手を引いて
レースのみに専念することとなる。

そして市販車部門をフィアットの意向が支配するようになった結果、
比較的安価な量産スポーツカーとして308シリーズが生まれ、

フェラーリ史上最大のヒット作となった。

308のエンジンはランチアのレーシングマシンに使用され、ランチア・テーマにも積まれた。 これはやがて328、348と発展し、自動車メーカーとしての

フェラーリの屋台骨を支え、

現在のF430にも連なるV8フェラーリの系譜となった。

F430のエンジンはマセラティと共有であり(マセラティの方が先行採用)、
フィアット、ランチア、マセラティとその心臓部分を共有した歴史があるが、

アルファ・ロメオとは共有したことがなかった。

しかしアルファロメオ8Cコンペティツィオーネの市販決定によりついに

母(アルファ)と息子(エンツォ)のコラボレーションが成立したことになる






そ・・そうなんねぇ^^って
今年も後半日ですねぇ〜ありがとうーーーーっ

いつも覗いて頂き^^メチャ嬉しいです
2007年 いい年にしちゃいましょ〜^^♪


             では今年は^^これで〜    kei


この記事へのトラックバック