高級スポーツカー^^ポルシェ歴代3♪

ポルシェ


歴代モデル



964型(1989年〜1993年)

944と928のセールスが予想を下回ったことにより、
引き続き911シリーズは収益上の主力となっていた。

相変わらず北米市場での人気は高かったものの、顧客数の増大は新たな要求を生み、それに応えるためには、アップデートが必要な時期に来ていた。

さらにその後継車は911シリーズのイメージを継承する必要があり、
外観を大きく変えることが許されなかった。

そのために、
1989年にデビューした964(カレラ4)は、
930似の外観をまとってはいるものの、80%ものバーツを新製するといった
手の込んだ手法を採ることとなった。

なかでも特筆されるのは、ボディー構造が一般的なモノコックとなったことと、サスペンションのスプリングが全てコイルスプリングに変更されたことの二つである。


しかし、これにより964は一気に現代的なハンドリングを得ることに成功、

「最新のポルシェこそ、最善のポルシェ」という言葉の価値を一層高める一助となり、
エンジニアの多大な労苦は報われることになった。



排気量は3.6リッターとなり、フルタイム4WD機構に加え、
マニュアルシフトモードを持つAT、「ティプトロニック」が搭載された。


1990年には2WDのカレラ2が追加される。

1992年にはレーシングバージョンのカレラRSが追加された。

この頃ボディタイプはクーペ、タルガ、カブリオレに加え、
簡単な工具で脱着可能なウィンドシールドをもつスピードスターが加わり、
ポルシェ創設以来もっともバラエティに富んだ商品ラインナップとなった。


大掛かりなモデルチェンジとなった964では、当初ターボモデルの開発が追いつかず、

1991年に930モデルと同じ3.3リッターM30エンジンでデビューしたが、

1993年に3.6リッターM64エンジンをベースとしたターボ3.6が登場した。


また、
3.8リッターと空冷ポルシェ最大の排気量である
カレラ RS 3.8なども少量生産された。



993型(1993年〜1998年)
空冷最後のモデルとなる993。

キャビン周りに964のシルエットを残しながら、

太腿とも呼ばれたフロントフェンダーの峰は低くなり、

テールエンドのデザインも一新された。


リアサスペンションに採用されたマルチリンクのスペースを確保するため、
リアフェンダーもそれまでよりさらに拡幅される
(964までのNAモデルは日本の5ナンバー枠に収まる)。


拡大されたリアフェンダーはマフラー容量の増大と、
左右独立等長のエキゾーストをも実現し、排気系の改善に寄与した。

また、ターボモデルでは市販モデルの911で初めてターボ+4WDが実現。

ポルシェ 959、またボット博士が実現しようとした

965(964カレラ4ベースのターボモデル)のプロダクションモデルと見ることもできる。ターボSにはGT-2と同じエンジンが搭載される。


さらに特筆されるのは
タルガで、964までとは異なり、
ベバスト(Webasto、日本ではウェバストとも呼ばれていた)
製電動スライディング・グラストップに変更され、

スタイルもクーペのような美しいファストバックとなった。

ただし、開放感は964までのタルガのほうが若干上か。



1995年、ビスカスカップリング方式の四輪駆動システムを搭載した
カレラ4が登場、本国ではカレラと同様で排気量は3.6ℓだが、
日本国内モデルのみRSと同じ3.8ℓエンジンを搭載する。


1996年、可変バルブタイミング機構であるバリオラムを装備、
カレラで13psのアップ(285ps)、
カレラ4で15psのアップ(300ps)を果す。

ボッシュのH.I.D.ランプシステム、リトロニックをオプション設定。

また、この年にワイドボディー+ターボの足回りを纏ったカレラ4Sが登場。しかしながら本国同様3.6ℓエンジンの為、
日本国内では カレラ4>カレラ4S のパワー逆転現象が起きた。


1997年、往年の356のグリルを彷彿とさせる、
スプリットルーバーにワイドボディーを纏ったカレラSが登場。


このモデルまでは、ナローから連綿と続く室内レイアウトが共通であり
(964以降は4WDに対応するためフロアセンターが高くなってはいるが)、

「ポルシェを着る」

とされたタイト感が残る最後のモデルとも言えよう。


ただし、
964同様エンジン音も静かになり、快適性は向上している。

「最後の空冷」
のキーワードで中古での価格もなかなか下がらないが、

それだけ往年の911ファンが空冷を

今でも支持していることを証明しているのかもしれない。

997が空冷のテイストを醸し出そうと努力しているのもその顕れと
見ることができよう。


って・・長かったねぇ〜今日^^まぁ〜いいっか〜〜♪  kei

この記事へのトラックバック