高級スポーツカー^^ポルシェ歴代♪

ポルシェ



歴代モデル

901型
初代生産型は開発コードの901からそのまま901型と称される。


911型(通称ナロー911、1963年〜1974年)
4気筒エンジンを搭載する356の後継車として
1963年にデビューした911は新しい水平対向6気筒2リッターエンジンを
搭載していた。



1967年には180馬力を誇る911Sが追加された。
911は仕様の違いにより、911T、911E、911Sの3グレードが用意される。

1969年には全車ホイールベースを57mm延長して操縦性が大幅に改善される。

1970年に全車排気量を2.2リッターに拡大し、パワーアップを図る。

1972年には厳しくなる排ガス対策のため全車2.4リッターとなる。

1973年には名車として現在まで語り継がれる2.7リッターエンジン搭載の
 カレラRSが登場した。

356に比べ価格が大幅に上がってしまったため、
当初は911の車体に4気筒エンジンを搭載したポルシェ 912も存在していた。

930型(通称ビッグバンパー、1974年〜1989年)1974年モデルの911は米国の保安基準に従った5マイルバンパーが装着され
外観が一新された。

大きなバンパーが付いたことから、
1974年から1989年までの911は「ビッグバンパー」などと呼ばれている。
930という名称は本来ターボモデルのみを指すものであり、
NAモデルは1977年モデルまで、ビッグバンパーであってもタイプ911のままである。

2.7リッターエンジン搭載の911及び911Carreraの他に、
3リッターエンジン搭載のCarreraRSが108台限定生産された。
ボディの種類はクーペと脱着式のルーフをもつタルガの2種類。

1978年には全車3リッターエンジンを搭載しNAモデルもタイプ930となり、
911SCとなる。
日本市場においてはフル装備の911SCSが販売された。
356で人気のあったオープンモデルであるカブリオレが

1983年の911SCから復活。

この記事へのトラックバック