高級スポーツカー^^ポルシェ♪

ポルシェ


経営状況


年間生産台数

ポルシェは1990年代前半に
最大のマーケットでもある米国での販売不振により赤字が拡大し、
経営難をささやかれた時期があったが、

1996年に低価格のオープンカー (ロードスター型) 「ポルシェ・ボクスター」を投入、

翌年にはデザインと設計を全面的に一新した

996型「ポルシェ 911」

投入した効果により販売が好転。

2003年にはポルシェ初の4ドア車である「ポルシェ・カイエン」も投入し、

1999〜2000年度の生産台数が約4万5千台であったのに対し、
2003〜2004年度の生産台数は約8万台(フィンランド工場製を含む)と、
順調な伸びを示している。


生産拠点

ツッフェンハウゼン工場

ツッフェンハウゼン工場はシュツットガルト市にあり、
1940年代から続くポルシェの主力工場。

ポルシェ・ボクスターをフィンランドの工場に生産委託する以前は、
多くのポルシェをこの工場で生産していた。

工場は大小4つの建物から成り、ポルシェセンター(販売拠点)や
ポルシェ博物館、修理・特注工場が併設されている。





フィンランド工場

ポルシェは創業以来ドイツのツッフェンハウゼン工場で生産を行っていたが、ポルシェ・ボクスターが販売好調のためフィンランドの企業「ヴァルメット社」(Valmet) にボクスターの生産を委託。

2000〜2001年度の場合、
総生産台数の約4割りにあたる約2万台をフィンランド製ボクスターが
占めていた。
現在はドイツの新しいライプツィヒ工場の稼動により、
フィンランド工場製ボクスターの割合は大幅に縮小され、
約6千台となっている。

ライプツィヒ工場

生産能力増強のために、
ドイツのライプツィヒ (旧東ドイツ地区) に新しい工場を建設し、
2002年8月に稼動開始した。

テストコースも備える広大な敷地に、近代的な外観と設備を備えるライプツィヒ工場は年間3万台超の生産能力を誇っている。

現在、最も販売好調なポルシェ・カイエンと

少量生産車ポルシェ カレラGTの生産を行っている。


この記事へのトラックバック