高級車

高級車

ベントレーのフード・オーナメント高級車(こうきゅうしゃ)とは
装備が豪華で高額な自動車(おもに乗用車)のことである。
対義語に当たるものとしては大衆車がある。


かつては貴族や大富豪など、
一部の上流階級のためだけのものであったが、第二次世界大戦前後の階級社会の崩壊によって、アメリカや日本などの階級制度がない、
もしくは階級制度が崩壊した先進工業国を中心に一般層にまで
その所有層が広がり、それに併せてそのボディタイプも様変わりし、
古くはボディタイプはセダンやリムジンがほとんどだったが、
近年はスポーツカーやSUVもそのラインナップに入れられている。


高級車の定義

決まった定義というものは存在しない。

基本的にはそのクラスの相場以上の装備・価格を持った自動車を指すが、

メーカー自らが“高級車”と自称している車もある。

しかし実際には値段が高く装備(特に電装品)が充実しているだけで、
高級車と市場で認められていない車も多い
(日本車などの新興“高級車”に多い)。


装備と性能、価格に加え、高級車としての歴史と伝統などを兼ね揃えてあり、

市場で高級車であるとのブランドが形成されていなければ

高級車との評価を受けることはできず、

ただシートを革張りにしたり、木目調パネルを使用するなど、

内装を豪華にしただけでは本当の高級車とは言えない。



例えば、
当初はダイムラーなどの高級車の模倣から始めたジャガーは、
長年のモータースポーツでの活躍を通じて技術を磨くとともに名声を高めて高級車の仲間入りをした他、メルセデス・ベンツの大型車では、
エンジン音などの音でさえも、
多くの日本車のようにただ静かにするだけではなく、車内の人が心地よいと感じる音にするなどの工夫もされている。

内装も、数年間寝かせた木材を専門の職人が手間隙かけて仕上げた木目パネル(木目調ではない)や、素材を厳選した革を熟練のシート職人が手作業で丁寧に仕上げたシートなど、量産性を度外視して品格を保つ努力を続けている。

このような伝統や長年の経験に裏打ちされた工夫は、

日本の“高級車”にはまだ足りないと指摘されている。




この様な点から、古くから上流階級や富豪などを相手に高級車を造り続けてきたヨーロッパの高級車と違って、マーケティングありきで“高級車”を作り上げた日本車の場合は、まだまだ本当の意味での高級車ではないという意見が主流を占めており、実際、歴史と伝統を重んじるヨーロッパにおいて、日本の“高級車”は本当の高級車としての扱いを受けておらず、販売面でも苦戦を続けている。



高級車の特徴

同排気量の車種よりも高額
(概ね、日本の場合はサラリーマンの平均年収程度からの金額となる)。

手作業が多くいわゆる職人技が多い。
車種よっては、
ほぼすべての部品が手作業によって組み立てられている場合もある。



自動化が主流だが、内装やエンジンなどに手作業を多用するメーカー メルセデス・ベンツ、BMWなど
ほとんど自動化されておらず、ラインなどもないメーカー フェラーリ、ランボルギーニなど
排気量が大きい(3リッター以上のものが主流。)
税金が高い(懲罰的な税率をかけている国もある)


方向性の特化

メルセデス・ベンツやBMWなど、
500万円前〜1500万円の価格帯で提供している多くのブランドは、
おおむね、高級感と乗り心地、高速安定性など、

セダン的要素からの「高級志向の派生」を主なテーマとしている。

一方、1500万円以上の価格帯の高級車では、
ポルシェやフェラーリに代表されるスポーツ性や、

ロールスロイスやマイバァッハなどに代表されるショファーズカー(運転手による走行)など、ブランドの志向がいっそう精鋭化しているケースが多い。


プレミアムセダン プレミアムワゴン プレミアムSUV スーパーカー リムジン


税金

国によっては高級車や大型自動車に対して懲罰税的に高額な税金をかけており、かつては日本でも排気量2000ccを超えるガソリン乗用車には、

2000cc以下の倍以上の自動車税がかけられていた。

現在でも
大型車の増加によるガソリンの消費の増加を防ぐために多くの国で
同様の税制を取っている。

日本市場における高級車市場

現在の日本市場において、500万円以上の高級乗用車は、
メルセデス・ベンツ・BMW・アウディといったドイツ車や、
ジャガーやロールスロイスなどの他のヨーロッパ車が大半を占める。



日本製「高級車」の苦戦

その様な中で2005年8月よりトヨタ自動車がアメリカ(のみ)で人気のレクサス店の展開を開始した。
レクサス店では、ブランドイメージ維持の観点から、方針として
個人タクシーやハイヤーなどの営業車としての販売、
また暴力団関係者への販売禁止を打ち出している点も注目されている。

しかしながら、トヨタ自動車の作る自動車=量産車のイメージが強すぎる上、日本での高級車の販売に不慣れなこともあり、
真の高級車を求める消費者の心をつかみきれておらず、
営業面では苦戦を続けている市場での一般的な評価には下記のようなものが
ある。

ステータス性が薄い -
ライバルとしている、メルセデス・ベンツやBMWとくらべ価格が
安価なため、乗り換え=格落ちのイメージが拭い去れない。

デザインが個性的ではない - クラウンやマジェスタなどの他
のトヨタ車との類似性があり、常日頃から日本車に慣れている市場では
、個性を感じるまでにはなっていない。


主な高級車ブランド

アストンマーチン・ヴァンキッシュ ロールスロイスとベントレー
ランボルギーニ・ムルシエラゴ

イギリス ロールスロイス(ファントムなど)
ジャガー(XJ、XK、Sタイプなど) ベントレー レンジローバー
アストンマーチン

フランス ブガッティ

イタリア フェラーリ(430、エンツォなど)
マセラティ(クワトロポルテなど) ランチア(テージスなど)
ランボルギーニ(ガヤルドなど)


ドイツ
メルセデス・ベンツ(E、S、SL、CL、CLS、M、Rクラス、G、など)
BMW(5、6、7、X5シリーズなど) アウディ(A6、A8など)
マイバッハ(57、62) ポルシェ(911、ボクスター、カイエン、ケイマン)


アメリカ
キャディラック(STS、エスカレードなど) リンカーン

日本
アキュラ(本田技研工業が日本国外で展開している高級車ブランド。
代表車種に、TSX、NSXなどがある)

インフィニティ(日産自動車が日本国外で展開している高級車ブランド。代表車種に、Q45、M45、FXなどがある)

レクサス(トヨタの高級車ブランド。3ブランドのうち唯一日本でも販売されている。代表車種に、GS、LS、SCなどがある)


ふ〜〜ん・・そっか。。



日本車って、、まだまだ^^



永遠に高級車感〜〜〜無いんだぁーーっ


でもさっプレゼントBMW フェラーリプレゼント でいいから揺れるハート


ドアの外に・・置いてあったり〜〜〜〜〜眠い(睡眠)オヤスミ〜っ
 
kei


posted by kei at 22:40 | TrackBack(1) | 高級車〜って♪^^

この記事へのトラックバック

トヨタ クラウンについて
Excerpt: トヨタ クラウン5年の45歳男がお届けする、トヨタクラウン情報満載HPです。より良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪
Weblog: トヨタ クラウン
Tracked: 2006-10-24 14:21