ラッパーっ達に・・・と記事に

ラップ

この項目では音楽ジャンルのひとつのラップについて説明しています。


ラップ(rap)とは、破裂音を意味する音楽手法、音楽ジャンルのひとつ。メロディーをつけて歌うのではなく、

似た言葉や語尾が同じ言葉を繰り返す、
韻を踏む(ライム)のが特徴的な話し言葉に近い抑揚をつけて発声する唱法。

曲の拍感覚に合わせる場合(オン・ビート)と合わせない場合
(オフ・ビート)がある。ヒップホップの四大要素の一つ。
(ラップ=ヒップホップではない。ヒップホップとは
黒人の創造性の文化を指す)


誤解されやすいが、ラップは音楽に乗せた喋りや早口言葉ではない。

音楽に乗せた早口言葉はスキャットマン・ジョンに代表されるスキャット

であって、日本ではしばしばラップと混同されるが、
まったく別物である。




誕生の場は1960〜70年代、アメリカ合衆国ニューヨークでみられた
ブロック・パーティーだと言われるが、

古くはアフリカン・グリオ(文盲者に口伝で歴史や詩を伝える者達)に
そのルーツが見られ、マルコムXやキング牧師といった政治的指導者のスピーチも大きく影響を与えている。

モハメド・アリのインタビューなどで見られた言葉遊びによって、
より広まったといわれる。

あらかじめ用意した歌詞(リリック)ではなく、即興で歌詞を作り、
歌詞とライムの技術を競うフリースタイルもある。



また「ラップする者」を意味するラッパー(rapper)は
1976年シュガーヒル・ギャングのシングル「ラッパーズ・デライト(Rapper's Delight)」のヒット以降メディアが付けた通称で、

この呼び名を嫌がり、特にオールド・スクール世代の「ラップする者」
はMC(microphone controller)という名称を好んで使う。

日本人の「ラップする者」は、「ラッパー」という呼称を嫌う者が多い。

ヒップホップ発祥のアメリカでは、ニュー・スクール世代には
「ラッパー」という呼称も最近は普通に使われる。

日本でも若い世代には定着しており、
自分のことを「ラッパー」と言う者が増えてきている。



日本においては、多くの単語が共通の綴りで結ばれる
(-tion、-erなど)英語と違い、「

日本語でラップを行うことは困難」とされていた。
しかし1980年代以降、ヒップホップミュージックの隆盛にあわせ、
日本語ラップへの試みが行われ、多くのMC達の努力の結果、
次第に広まりをみせた。


昨今ではヒップホップに留まらず、ロックやJ-POPにも取り入れられる手法となり、チャート上位の曲でラップを聴く事も多くなった。

この流れは、かつての日本語によるロックの経緯と重なる部分がある。

音楽シーンでは、EAST END×YURIのシングル「DA・YO・NE」によって、
ラップの存在が一般に認知されるようになる。

その後Dragon Ashが登場する。Dragon Ashの影響は大きく、それまでのヒップホップアーティストには批判もされながらも、ラップはメジャーシーンに引き上げられ、日本のヒップホップは良くも悪くも変わっていく。


90年代半ばにオーバーグランドでEAST ENDが成功を収める一方、
アンダーグランドでキングギドラなどが隆盛を迎えていたことによって

「韻を踏んでないものはラップではない」とする意識が

ラップミュージックのファンやMC達の間に強く生まれた。
また商業的な成果だけを求める行為を

「セル・アウト(sell out)」と呼び、卑しむ文化が

ヒップホップにはある。

しかし現在日本の音楽界では商業的影響を考え、単なるスキャットを「ラップパートがある」と称してリリースされる曲が増えてきている。

このためポップ・ミュージシャンなど、ヒップホップ・シーンから見て
門外漢に当たる者がラップをすることに対する強い反感を生み出している。

現在アメリカではトップセールスを記録する曲はラップミュージックが多いが、日本ではラップやヒップホップの本質が、まだ正しく一般認知されていないのが現状である。


で^^


何故か ラグジュアリーにラッパーが出てたから調べたよ。。

って〜半分るんるん理解^^半分眠い(睡眠)  


じゃ^^オヤスミ   kei


この記事へのトラックバック