ラジエター

ラジエター


自動車のラジエターラジエター(Radiator)とは、
水冷式熱交換器の一種。


主に著しく熱を発生する装置(エンジンなど)
の放熱用に使用される。



ラジエータ、ラジエーターとも読書きする。
なお、「ジ」を「ヂ」と記述することもある(例:ラヂエター)。


自動車・バイクでのラジエター

水冷式エンジンを搭載する車種においては、
エンジンで発生する過剰な熱を発散するための装置であり、
アルミニウム(古くは鉄)の細管を多数並べた構造をしている。

細管内部に冷却水を満たし、
同じく冷却水を満たしたエンジンのウォータージャケットと接続して
冷却水を循環することにより、エンジンの冷却を行う。



冷却水は加圧により100℃では沸騰しないようになっていて、
より効率的にエンジンの冷却を行う。

外気温が0℃を下回る環境では冷却水が凍結-膨張することで
ラジエターを破壊することがある。
この対策として、冷却水にロングライフクーラント(LLC)や
不凍液などを添加し、凍結を防止する。



チューニングカーとラジエター

チューニングに従いエンジンの出力が上がると、
どうしても発熱量が高くなるために高性能のラジエターが必要になる。
しかし取り付けサイズは車のレイアウトによって固定されてしまうため、
厚みを増やし、冷却水の容量を上げる方向で強化していく事が多い。



そして次に考えられるのは材質の変更である。
よく使われる材質は銅とアルミニウムの2種である。それぞれ一長一短があり





冷却力弱、自己放熱性強、重量大
アルミニウム
冷却力強、自己放熱性弱、重量小
となっている。




発熱量が多くなる、また動力性能を上げる為に軽量化したいので
アルミニウムラジエターの方が良いとは言えるのだが、
ストリート兼用の車では渋滞に遭遇する確立も高くなる。


そうなると
自己放熱性の低いアルミニウムラジエターでは冷却風の導入が止まると
同時に一気に水温が上昇してしまう。

しかし銅ラジエターでは
そのような状況に陥ってもある程度は対応が出来る。


そのため多くのチューナーは
ストリート仕様なら銅、

サーキット専用車両なら
アルミニウムを推奨している。




パソコンでのラジエター

パーソナルコンピュータにおいては、
CPUの冷却に水冷式を採用するものがあり、
この場合に熱交換用のラジエターを装備する。




CPUには従来の空冷式に用いられてきたヒートシンクの代わりに
ウォーターブロックを装着、


ラジエターはパソコン背面などの放熱用通風孔が設けられている個所に設置、これらとポンプをそれぞれホースで繋ぎ、冷却水を循環させることによってCPUを冷やす
posted by kei at 21:34 | TrackBack(0) | 気まぐれ☆カー用語学

この記事へのトラックバック