一般エアロパーツ&レース用?

一般用エアロパーツとレース用エアロパーツ


一般販売車用として提供されるエアロパーツの大半は、
機能部品としてよりも車体を美しいフォルムに
変化させる事に重きを置いて開発されているため、
ダウンフォースを期待する事は難しい。


ボデイ周辺の気流を整流することで高速走行時(80 km/h 以上)の
安定性を高める効果は期待できる。




アウディ・TTが超高速域での事故多発を受け
リコール扱いでウイングが追加された例があるが、これもダウンフォースを増やすことが目的ではなく、流速を落とし浮力を減らすのが主たる目的である。




対照的にレースカーに装着されるエアロパーツの大半は、

ダウンフォースを得る事とドラッグ(空力的な走行抵抗)の低減に
重きを置いて設計されるため根本的な性質が異なる。



一般的にフロントスポイラーやリアバンパースポイラー等を
装着すると最低地上高が小さくなる。


あまり大きなパーツを取り付けると
投影断面積が増えドラッグが増加する。


GTレースカーのように車高を落として
低重心化した上で、高速走行のために、
より大きなダウンフォースも得る必要がある車両には、
車両底部を平坦にし(フラットボトム化)、フェンダーに装着するワイドフェンダーや、エアロボンネットといった全体を
エアロ化できるパーツを装着する必要がある。


特に、こうしたパーツを用いてエクステリア全体のエアロ化を行っておらず、基本的なエアロパーツしか装着していない一般自動車を車高調等で低重心化すると離対気流が発生したり、後方にできる空気の渦等を適切に処理できなくなり、狙いとは逆にドラッグを大きくしたり、操縦性に悪影響を及ぼすこともある。それとは逆にエクステリア全体のエアロ化を行ったレースカーの場合は車高を落とす事でより大きな安定性とダウンフォースを得る事ができる。





トラック用のエアロパーツ
トラックにもエアロパーツが設定されている。
トラックの場合はキャブ(運転台)よりも高さや幅のある荷台への空気抵抗を軽減する目的で装着され、主にバンボディを架装し、
高速道路を走る機会が多い宅配便の路線トラックや引っ越し業者に見られる。


求められる走行速度はそんなに速くはない
(スピードリミッターの装着が義務づけられているため100km/h程度)
とはいえ、投影面積が大きい分空気抵抗の軽減は燃費節約に効果がある。




エアデフレクター
運転台の上に装着され、荷台への空気抵抗を軽減する。


サイドパニエ(ギャップシールド)
運転台と荷台との間の隙間を埋める。
エアデフレクターとセットで装着すると効果がある。


サイドスカート・リアスカート
目的・効果は乗用車用と同じ。
通常のトラックではここに燃料タンクや冷凍装置などが
装着されているためむき出しになっていることが多い。

そう〜〜ってとりあえず^^読んだけど^^難しいねぇ〜kei
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック