エアロパーツ

エアロパーツ

エアロパーツ (aero parts) とは、主に自動車などの外観の印象を
変えたり走行時の気流を整流するエクステリアパーツ(外装部品)のこと
である。


主に
自動車の外観の印象をレーシーでより美しいスタイリングに変えたり、
走行時に車体が受ける気流を整え、抵抗(ドラッグ)を少なくしたり、
エンジン(ラジエター、ターボ車のインタークーラーを含む)の
冷却効率を高めたり、ダウンフォースを発生させるエクステリアパーツである。

三菱ふそう製のバス
「エアロバス」シリーズにはエアロパーツは装着されていないが、
路線バスのエアロスターを除いて空力特性を考慮したデザインになっている。


エアロパーツは
「エアロ」と略されたり、

エクステリア全体を整形していなくても基本となるエアロを全て装着していれば「フルエアロ」と呼ぶ。


またエアロパーツを装着する事を「エアロ化」と呼び、
基本となるエアロパーツを全て装着する事を「フルエアロ化」とも呼ぶ。

一般的にフルエアロと言えば、
フロントスポイラー、サイドスカート、リアスポイラーの
3点が装着された状態を指す。


種類と効果
以下に挙げるものの他にも、
車種や目的に応じて様々なエアロパーツがある。

フロントスポイラー
エアダムとも呼ばれる。

フロントバンパーの形状を最適化し、
ボンネット上部に抜ける気流を調整する。

フロントバンパーと一体式になったものは
「フロントバンパースポイラー」と呼び、

フロントバンパー下部に装着するものを「フロントアンダースポイラー」
「フロントハーフスポイラー」「リップスポイラー」「チンスポイラー」
などと呼ぶ。



フロントスポイラーを装着した場合、
その最低部が最低地上高となる場合が多い。
離対気流等、車体進行方向前方から気流を最も受けるパーツである。


サイドスポイラー
サイドスカート、サイドステップとも呼ばれる。
両サイドに装着し、車体横に流れ込む風を効率よく後部に受け流す。


(エッ・・ だと・・どんな?なんだろうか^^? )


リアスポイラー
リアハーフ、リアアンダーとも呼ばれる。
リアバンパーの形状を最適化し、後方にできる渦の発生を抑え、
スムーズに気流を受け流す。リアバンパーと一体式になったものは
「リアバンパースポイラー」と呼び、

リアバンパー下部に装着するものを「リアアンダースポイラー」
「リアハーフスポイラー」「リアスカート」などと呼ぶ。



リアスポイラー
リアウイング、ルーフウイングとも呼ばれる。
ウイングスポイラーは車体後方上部に装着し、
後方にできる渦の発生を抑え、スムーズに気流を受け流す。

後部ガラス上端部にスポイラーを設けるのが
最も整風効果が高いが、ドレスアップ性に欠けるため
セダンに使われることはない。



FF車のリアウィングは整風効果を期待するもので、
後輪のグリップ力増大は目的にしていない。
リアウィングは地面効果(ダウンフォース)により
主に後輪のグリップ力を増大させる効果が期待できる。




大型リアウイングを装着する場合は
構造変更申請が必要となる場合もあるが、走り屋やVIP車等には知らずに装着している者も多く、度々話題になる。
メーカー純正のリアスポイラーには構造変更申請が不要な物が多い。




エアロガーニッシュ
グリルガーニッシュとも呼ばれる。
グリル部に装着し、エンジンルーム内に進入する気流と受け流す気流を調整する。一定の冷却効果を狙ったものもある。



エアロガーニッシュは一見して
ドレスアップの目的のみに装着されると考えられる場合が多いが、
実際にはサイドスポイラーより気流の影響を受ける
エアロパーツとして知られ、

各メーカーでは度重なる風洞実験を繰り返しながら設計される。
ラジエターがフロントグリル後部に設置されている
タイプの自動車においては、開口部の大きさに重きが置かれ、
アンダーグリル部にラジエターが装着された自動車は、ボンネット上部に風を受け流すパーツとして、その角度に重きが置かれて設計される場合が多い。




カナード
スラストスポイラーとも呼ばれる。

主にフロントの浮き上がりを抑え離対気流の発生を防ぐ。
カナードはフロントの左右に装着される羽のようなもので、
場合によっては人を傷つける恐れがある事から、
基本的に公道では使用できない。




エアロミラー
純正のドアミラーは形状的に風切り音を誘発しやすい事から、
主にその風切り音を防止する。
可倒式(または脱落式)でなければ、公道で使用することはできない。





ふ〜んそうかっ・・て、、
多すぎだなぁ〜ワカンナイ・・カー用語だらけ、ただ意味は理解カモ^^。

こんなの^^オっなんてワカル人って天才って思うよ^^ホント  kei

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック