ラグジュアリーカスタム・・日本!

日本におけるラグジュアリーカスタム

日本国内においてラグジュアリーカスタムの対象となる車種は
そのモチーフにより北米で販売されている車となる

(よって北米で販売されていないセンチュリー、クラウンやプレジデント、ローレル等のラグジュアリーカスタムはありえない)。


愛好家たちにラグジュアリーベースと認知されているのは

現地にて高級車としての触れ込みで販売された車両が多い。

元々のモチーフとなったDUBカスタム自体は年代を限定するものではないが、

ビンテージカーはローライダーと区別するために、

国内においては対象からは除外される傾向にある。


この場合発売元メーカーの国籍・形状は問われず様々であるが、

日本においてはベースの入手のし易さにより、

国産のミドルセダンからビッグセダンが主流となっており、

次いで多いのはアメリカ産SUV(Sport Utility Vehicle (スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の略で、

「スポーツ多目的車」と訳しても呼ばれ)・国産SUVである。

それ以外の国籍・車両形状のカスタム車両も多数存在している。


DUBを意識した北米志向の強いカスタムであることから
時にUSDM(ユーエスディエム、United States domestic marketアメリカ国内市場北米市場)。

特に米国向けに設計、あるいは対米輸出時に仕様変更された
自動車車体や北米で流通している自動車関連製品に対して用いられる。
時にUSDMに含まれることもある。

なかなか・・^^。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック