少し^^興味出ちゃい〜スゴ!

ラグジュアリーカスタムは、

北米におけるDUBカスタムをモチーフとして日本国内に導入した
カスタムジャンルの一種である。

DUBとは「double dime」のスラングで、20インチ超の巨大なサイズの
ホイール(特にクロームがけされたホイール)のことを指す
(dimeは10セント硬貨の意で10を指す隠語)。

DUBカスタムはこれをベースに高級車、
またはエキゾチックカー
(時にはヒストリックカー、ビンテージカーも含まれる)に、

元より持っている高級感をさらに北米のセンスで
資金を惜しまず潤沢に演出したものであり、

ビバリーヒルズに住むようなセレブリティ、

特に著名なラッパーやスポーツ選手の間で成功の象徴として流行した
(日本において「ラグジュアリー」と呼ばれる所以はここにある)。

スポーツ選手の場合、
特にNBA選手らの間で流行していたことからDUBを指して
"ボーラースタイル"と呼ぶこともある。

また彼らの中の一部には元ギャング出身者もいることから、
そのスタイルをモチーフとすることもある。

これらは現在でもアメリカン・ドリームの具体的なイメージ
としてヒップホップミュージック等のプロモーションビデオに頻繁に登場する。

黒人の成功者"がDUBカスタムの中心にいることが多く、
またそのファッションなどのライフスタイルも
同時にフィーチャーされるため、時としてこれをヒップホップ文化の一部
として、あるいはヒップホップのライフスタイルから派生した文化として見る動きもある。


発祥は1990年代であり、カスタムジャンルとしての歴史は浅い。

そのルーツは西海岸におけるチカーノらによって行われていた
「ローライダー」にあるとされており、
そこから主に黒人たちを中心に高級志向へと派生していったといわれている。

カスタム手法においても
いくつかの類似性が見て取れる
(クロームが施された部品の多用や高級素材を用いた内装の製作、
オーディオ類の選択傾向など)。


クライスラー・300Cベースとなる車両はいわゆる
「高級車」であるが、

その内容は

フェラーリやランボルギーニ等のエキゾチックカー、ハマー・H2、シボレー・アバランチ、キャディラック・エスカレード、インフィニティ・FX等のLUV・ピックアップ・クロスオーバー、あるいはキャディラック、リンカーン、クライスラーのほかメルセデス・ベンツや、BMW、ジャガー、レクサス、インフィニティ、アキュラ製の高級クーペ・セダン等様々で、

ベース車両自体の形状についてはあまり問われず、

その後のカスタム過程において如何に華やかさを演出できているかが重要視されている。



日本国内への導入は、1990年代後期に

従来ミニトラックやピックアップを改造した所謂トラッキンと呼ばれるカスタムを行っていた人々や、
ローライダーのほかアメリカ製のSUVやバンをカスタムしていた人々らによって、現地のショーやメディアに露出しだしていたDUBカスタムを既存ジャンルの延長上の手法として取り入れることにより行われた。


確かに。。難しい車用語だらけ・・って誰でも??
理解で来ている。。。世界??なののかなぁ?
外車・・・いくつ知ってたっけ、、ん〜〜〜〜??
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック