ESP☆^^っ

ESP

ESP☆^^って? 今・・調べてみるねぇ



ESP
横滑り防止機構(よこすべりぼうしきこう)とは、
自動車の旋回時における姿勢を安定させる
装置の一種。


制動時に
車輪のロックを防ぐ ABS

加速時の車輪空転を防ぐ 
トラクションコントロールシステム(TCS)を
統合制御する事で、

旋回時における
アンダーステアや オーバーステアを防止する制御が可能
となるシステムを総称してこのように呼ぶ。


当機構を装着した車輌は、
保険会社により任意自動車保険割引を受けられる場合がある。


外国車や、後輪駆動車系の高級車には
全車標準装備になりつつあるが、

コンパクトカーや軽自動車では
一部のスポーツモデルにのみオプション設定のケースが多い。



価格面の問題
全車種に横滑り防止機構を標準装備か オプション設定するにしても、
メーカーが全車種についてテストなどのコストがかかるため
とされている。



歴史
技術的な進化の過程として

制動・加速時のロックを防ぐABSとTCS
      (通常この2つはセットで併用される)


より精密な制御と 作動時の車両の安定を狙って
    各輪独立制御(EBDなどと呼ばれる)付きABSとなり

これに舵角センサ
   (ステアリングの切れ角を測るセンサ)が組み合わされて

ステアリング切れ角に合わせて 
旋回時にも車両を安定させる統合制御が可能になったと
考えるとわかりやすい。


さらに近年
この舵角センサと 電動パワーステアリング(EPS)の
操舵トルクアシストとの統合制御に発展している。


2003年このシステムは
トヨタ・プリウスに「S-VSC」として搭載された。





そっか^^ESP
横滑り防止機構(よこすべりぼうしきこう)
電動パワーステアリング




なのねぇ^^






いい時間でーーーkei
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック