メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツ   

ベンツマーク メルセデス・ベンツ (Mercedes-Benz) は、
ドイツ・アメリカの自動車会社、 ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG) の一部門であり、
乗用車、バス、トラックのブランドである。


モータースポーツ

大戦後1952年
ル・マン24時間レース


1954年
F1世界選手権に参戦し、偉大なドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオやスターリング・モスの活躍によりそれぞれ大きな成果を挙げた。

特にF1では出走した12レースで9勝(ファンジオ8勝、モス1勝)という圧倒的な成績で、両年ともにファンジオがワールドチャンピオンを獲得するという「旋風」を巻き起こした。


1955年
ル・マン24時間レースで、ピエール・ルヴェーの運転するメルセデス300SLRがクラッシュし分解した。マシーンのエンジンとサスペンションが時速200kmを超える速度のまま観客席に飛び込む事故を起こし、200名以上の観客を死傷させる大惨事となった。

このレースでメルセデスチームは、ファンジオ・モス組がトップを走行していたにもかかわらず、すべての車両を途中でリタイアさせている(レースはホーソーン(ジャガー)が優勝)。
同年末で一切のモータースポーツ活動から撤退した。


1980年代後半
ザウバーと共同でWSPC(世界プロトタイプカー選手権)に出場する
徐々にモータースポーツとの関係を取り戻し始めた。

またこの頃、ミハエル・シューマッハをはじめとする若手ドイツ人ドライバーの育成プログラムを開始、本格的なレースへの復帰を模索し始めた。この頃にル・マンに復帰し、

1989年
総合優勝を遂げるが、

1999年
レースでまたしても宙を飛ぶ事故を起こし、犠牲者は出なかったが、やはりこのときも直後に全車をリタイアさせている。その後のル・マンには参戦していない。

1990年代序盤
フォーミュラカー用エンジンビルダーであるイルモアに資本参加し、インディカーおよびF1においてメルセデス・ブランドでのエンジン供給を開始。

現在はF1のマクラーレンに対してエンジンを独占供給する形で参戦しているが、マクラーレンを完全買収してメルセデス・ベンツ単独でのF1参加を画策しているという噂は根強い。




そうねぇ〜  モータースポーツの世界は 
Red Bull サイトのF1 でも感じたけれども・・・

命も宙を飛ぶ 命知らずって感じだなぁ
必死に集中しかない世界っ 魅力的だけど


>1999年 レースでまたしても宙を飛ぶ・・・・
犠牲者が出ないことが 大切ねぇ






さて 宙を飛ぶ 繋がりから
今年 翼を さずかったので

 ”Red Bull Gives You Wings

    レッドブル、翼をさずける。”


もちろん   来年は 活気と 飛躍の 年ねぇ
だから 


いつも応援頂いている

 ☆ あなたへ^^も活気と飛躍は 繋がります。 ☆



素晴らしい年で!
今年も^^ありがとうございます。


kei



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック