カーナビゲーション紹介♪

カー&バイク カーナビゲーション いらっしゃいませ〜^^♪

究極のエコカー時代へ各自動車メーカーは 技術と知恵を競う☆
カーナビ^^☆ 人気高いのは何故・・?
パスワードamazon カー&バイク用品ベストセラーランキング 毎日更新
プレゼントamazon カー&バイクの 一番欲しいものリストベスト☆毎日更新
ブロードゾーン(Broadzone) 迷WANMAX BZN-700(まよわん)

バイクにも人気だって・・修理専門(カーナビの より道^^♪)
^^☆
ボディーの凹みが簡単に蘇る「ひっぱり君」自分で修理・板金
は今は どちらへ・・・・わ^^
覗いてからココに  それは・・かなりの引っ張りグッズ
引き寄せのパワー^^。。。? 結ばなくても
楽天市場からお伝え
パワーカーロープ3t & S字フック
もう、結ばなくてもいいんです。今までにない画期的なロープにS字フックがついたお得なセット!!...

かなりの人気だから出てきてもらうのはコレ^^
チルスリング(50mm幅 3m)

Panasonic SSDポータブルカーナビステーション Gorillaゴリラ みっけ^^
カーナビゲーション 300アイテム☆^^

ーーっ☆今 頼んだら目来る?
超マニアック♪ラジコンカー熱い☆^^615アイテム
ーーあの プレゼント・・?。。
プジョーがいいなぁ〜 人気あり過ぎで在庫ありません??Get☆次回かなぁ・・

アラ^^
コレかわいいし^^【MINICHAMPS/ミニチャンプス】1/43 プジョー 205 1990 シルバー
さらに おまけだから
バイク超カッチョィィ^^☆
ハーレイ乗り回す・・?パンチ 

作る^^コレ左斜め下誰もが思う
プラモデルのバイク@@かなりスゴイ!マジ惚れソウ♪

ここamazonからの カーナビゲーション
ん・・ あ・・ メーカー別が見たいっ^^☆でしょ〜

ハイハイ^^かゆいところまで ”孫の手”
今・・・・少し待ってて 貼るから
好きな人?好きなもの^^好きなメーカーってある!
なので ^^
ん・・

☆スペース☆よん☆
ゴメン〜〜〜〜どうしても
あの カワイイ ☆ ウニモグ ☆ 1/10電動RCカーシリーズ No.414 メルセデ・ベンツ ウニモグ 406  タミヤ
☆ ウニモグ ☆^^
でねぇ〜^^ミニ4区なんて キュート出しちゃう♪
1/32 ミニ4駆シリーズ ウニモグ

☆2017年 目標っ 自分を大切に 楽しく^^☆ カーナビゲーション 
kei  ゆっくり方向転換中 時々カキコ!
池袋、練馬、鬼子母神♡雑司ヶ谷、 高尾山1回:案内ボラ活動☆ 朝起きストレッチ毎日15分 必須科目 ☆ 夢を繋げるサイトも作成中〜☆ 実は・・・ラジオ体操timeに 自宅で体操^^ウエストにいいヨ!

気になるアイテムが並んでたからUP
カー&バイク用品☆今^^面白い(amazon)
☆^^もっと気になるのが^^コレ☆
カー&バイク用品 の 一番ギフトとして贈られている商品ん・・☆
工具とかグッズ^^☆ 欲しいって思ったら〜〜♪
お気に入り見つかりましたかぁ〜^^☆ 短くしたよ^^☆

ここ数年の車の顔の変化

こんにちは、keiです。

ここ数年の 車の顔の変化が
不思議に思ってたら

怖い顔にすることで 車やバイクを見つけやすくなり
事故を防ぐという効果があるとのことを本で読みました。

へぇ〜〜〜

最近の車の顔は
丸目がカワイイMINIとかですよねぇ

空港での お仕事車を
photoしましたので

なんだか 愛らしい顔をみてください。

DSCN4638.JPG



DSCN4641.JPG

DSCN4639.JPG

ではよいGwで
kei
posted by kei at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。
                           ( Wikipediaから抜粋です。)

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

アレ もう一台 後ろも


LP400後部
1974年
市販モデルのLP400が登場。
オーバーヒート対策のためボディに多数のエアインテーク、アウトレットが設けられた。
エンジンはより扱いやすくミウラで実績も積んでいた3,929ccエンジンに換装された。
車体構造はテストドライブの際に剛性不足と判断されたため、セミモノコックから丸鋼管を溶接して組み上げたバードケージ(鳥かご)フレームにアルミボディを載せるデザインに変更され、剛性向上と軽量化を同時に果たしている。
LP400は、
マルチェロ・ガンディーニのオリジナルデザインに一番近い生産型、150台しか生産されなかった。
実際の車両重量についてはカタログ記載より約500kg程度重い1.6t、エンジン出力についても実際は330英馬力程度と云われている。これらの数値は実際の各種テストデータ、0〜400m13秒台後半、最高速度260km/hなどから考えての内容。

ウォルター・ウルフ・カウンタック
LP400のスペシャルモデルとして有名なのが、わずか3台のみが製作されたウォルター・ウルフ・カウンタックである(スーパーカーブーム当時の日本では「LP500S」と呼ばれた)。

1号車
カナダの石油王でF1チームのオーナーでもあったウォルター・ウルフは熱狂的なランボルギーニ・マニア、ランボルギーニの経営に乗り出そうと計画したほどであった。
1974年 ウルフはすぐさまオーダーし、LP400の量産3号車を手に入れることができた。

しかし、ウルフはこの新型車の仕上がりに不満を持っており、
1975年 ウルフの指導の元、大型リアウィング、オーバーフェンダー、コンセプトカーのブラーボから譲り受けたホイール、ピレリP7の超扁平タイヤなども装着された 赤の「1号車」が製作出荷。

2号車
この1号車には、排気量がプロトタイプより1リッター縮小されたエンジンが搭載されていたが、その性能に不満その性能に不満を持ったウルフは
1976年 特別に手を加えたエンジンを搭載し、サスペンションの改良を受けたカウンタックをランボルギーニに製作依頼。 青の「2号車」が製作出荷。

3号車
1978年 その後このエンジンはさらなるチューンを施された上でネイビーブルーの「3号車」に換装され、出荷。
この3号車はエンジンの換装、ダラーラの指揮の元でフレームやブレーキ、クラッチが強化され
「究極のウルフ・カウンタック」となった。
2号車には代わりに通常のLP400のエンジンが搭載された。

これらの3台は通称「ウルフ・カウンタック」(スーパーカーブーム当時の日本ではLP500S)と呼ばれ、特にエンジンの換装やダラーラが各所に大幅に手を加えたいきさつが詳しく語られることがなかった上に、
3号車、ウルフが手放した後に入手した日本人オーナーが一般に公開することを拒んだ、その存在自体が確認されない「幻の存在」として語られる事となる。ちなみにオーバーフェンダーやリアウィング等は後のLP400S、500S、5000にて正式採用されている。

各車の現在の状況
1号車
ブームが過ぎ去って以降も日本に留まり「蘇える金狼」の劇中車として使用されたり、僧侶・タレントの織田無道が所有していたことで知られている。
2号車
ドアミラーが変更されてドイツのロッソビアンコ・ミュージアムにて展示されていた。
2016年5月、
イタリアで開催された「Concorso d'Eleganza Villa d'Este 2016」にて、ランボルギーニの元テストドライバーであるヴァレンティーノ・バルボーニ氏の運転で会場に登場し、現存していることが確認できる。

3号車
新たな日本人オーナーの手に渡り2014年に完全な※レストアを受けた。
なおレストアを受ける前後にオーナー自らがウルフとダラーラと会い、3号車の開発のいきさつとエンジン換装についての確認を受け、さらにその内容が「Genroq」や「ベストカー」、「カーグラフィック」などに掲載されたことで「幻の存在」から脱却することになった。

※レストア
事故や損耗が理由の通常の修理や整備ではなく、製造時期から年数がある程度経ったビンテージモデルなどを復活、あるいは「保存」する事を目的に修復や復元する事を指す。リペア(repair)は一部の修理・補修を意味する。


ふう〜〜〜ん  そっか・・・・

ウォルター・ウルフさん他、熱狂的なランボルギーニ・マニアに申し訳ない話なのですが

今更 本音で  語ります。
ゴメン。。実は・・・ネット検索や Wikiで学ぶまで この車に対して 無知。。会ったことの無い車でした。
 
撮影日に  あ・・ 赤いスポーツカー?? と云い 一回。。素通りしていました。

しかも カメラで写したかなぁ・・・


 後、その車の周囲は、かなりのカメラマン なんだろう〜〜と確認すると

 ワァ〜 ドアが羽のごとく開いており カメラマンの隙間から 撮影。

 しかも。。国立のイベント兼お祭りで人気の シルクスイートを片手に^^

                      シルクスイートとは ⇒ 芋の品種名 

 焼き芋片手に カメラカシャ 白い犬の^^紳士?お嬢さん?が 鼻クンクンとスーパーモデル!!
 
 前回の photoに出演してくれていました。


  赤いスポーツカー と 白い犬 
  
    (シルクスイート激うま!味)keiは、あのワクワクした楽しい瞬間を

       一生涯忘れません^^ ありがとうございます。
 

さて〜今年の12月 また開催いただけたら行きたいわ。

 あんな美味しい無料のイベントはなかなか。

 無料のシャトルバス 満腹過ぎるオールドカー展示 & 国立の農産物の出店^^

 本当 ケータハムに  極近で 会えたり^^〜♬

明日から 4月 
新年度 いい時を^^
kei

ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。
                           ( Wikipediaから抜粋です。)

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

クンタック ランボルギーニ


LP500
カウンタックは、ミウラを凌駕する次世代の※6ミッドシップ・スーパースポーツカーとしてパオロ・スタンツァーニを中心に開発された。ミウラは横置きミッドシップのV型12気筒エンジンを導入して大成功を収めたが、極端に後寄りの重量配分に起因する高速走行時の不安定性、複雑なトランスミッション系に起因するシフトフィールの悪さなど、横置きエンジン固有の欠点が課題と残され。

※6ミッドシップ (Mid-Ship )自動車におけるエンジンの搭載法の1つ、船体中心という言葉が示す通りエンジンを車体の中心付近に配置する構造のこと。「ミドシップ」「ミッドエンジン」とも言われる



とはいえ巨大なV12エンジンを縦置きにすると、理想的な重量配分は得られるものの、
ホイールベースが長くなるために旋回性能が低下してしまう。

スタンツァーニは、
通常とは前後を反転しエンジンの前方にギアボックスを置くという配置を採用し縦置きエンジンであるにもかかわらずミウラよりさらに短い2,450 mmというホイールベースを確保するとともに、コクピット下にギアボックスがあるためワイヤーを介さずギアボックスに直接シフトレバーを取り付けることが可能、良好なシフトフィールも実現。
エンジンから前方のギアボックスに駆動力が伝達され、更にそこから折り返されたシャフトはオイルサンプを貫通し、後輪のデファレンシャルギアに伝達される。

車体はセミモノコック、サスペンションは前後ともダブル・ウィッシュボーン式。これにマルチェロ・ガンディーニのデザインによるボディを組み合わせ、カウンタックLP500は誕生。

LPはミッドシップ縦置き(Longitudinale Posteriore )、「500」は10倍にして排気量(cc)を示す。1971年
初登場、ジュネーブショー、革新的なデザインは大反響を呼んだ。
エンジンの冷却効率が悪くオーバーヒートが頻発し、量産には至らなかった。

ランボルギーニが経営危機に陥ったこともあって改良は難航。
LP500には市販車につながる形状の仮設エアインテークやダクトが設けられ、走行テストが繰り返された。
最終的にクラッシュテストに使用された後に廃棄され、この車両は現存しない。

LP500と市販のLP400の間には別のプロトタイプが存在し、緑色に塗られた1台はランボルギーニ博物館に展示されている。


博物館に展示されているのですか、とても貴重ですねぇ

明日から3月 そろそろ 暖かい日差しが
多くなるかなぁ〜?

風邪が流行っています。
手洗い うがいで
お元気にお過ごしください。
kei

ランボルギーニ・カウンタック

カウンタック(Countach])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)。
                            ( Wikipediaから抜粋です。)

Countach(クンタッシ)とは、イタリア南部の方言で「驚き」を表す言葉。
スーパーカーといえば同車を連想する人も多い。

1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、
文字通り世界中に驚きを与えた。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。

クンタック ランボルギーニ


後期型に見られるV型12気筒48バルブとキャブレターの組み合わせは、市販車における唯一の採用例
LP5000QVの北米向けモデル
インジェクション(ボッシュKジェトロニック)搭載エンジン
後期タイプのエンジン排気量アップはエンジン生産ラインの都合によりシリンダーヘッドとブロックの間にスリーブを挟むという強引な手法によるストローク伸長で実現されており、
ディアブロになってようやく※4ボア・ピッチが拡大された。

※5ガルウィングドアの代表的存在として扱われることがあるが正しくない。ガルウィングドアはルーフにヒンジがあり、正面から見て横開きに上がるもの、カウンタックのドアは前ヒンジで車体前方に上がる。
公式にはシザードアの名称が使われている。
座席からの後方視界の悪さ
(車室の後ろがすぐにエンジンルームになっているミッドシップなのでまるで見えない)、このドアを上方に開け上半身を外に乗り出すように後方を確認しつつバックさせる姿を
「カウンタック(クンタッシ)・リバース」と呼ぶ。

極端に車高が低く5000QV以降はダウンドラフトタイプのキャブレターを採用したことによりエンジンフードに突起物が付き後方視界は非常に劣悪である。

※4 ボア・ピッチ レシプロエンジンにおける隣接した気筒の中心間の距離。 通常ボアの値に気筒間壁厚さを加えたもの
※5ガルウィングドア ガルウィングドア(gull wing door )とは自動車などのドアの開閉方式の1つ。
「ガルウィング」は「カモメの翼」の意味。

ランボルギーニがクライスラーに買収される前、
創立25周年記念モデルの開発がスタートしたときに試作車のL150というモデルが開発された。
デザインはジュリオ・アルフィエーリで、ベースとなったのは1986年式クワトロバルボーレのインジェクション仕様であったがクライスラーの意向で廃案になり、現存は1台のみであり、現在日本にある。



さて〜〜
かなりレベルが高い カタカナが続いておりますが、飛ばして^^?
昨年12月に 初ゆっくり会えた ランボルギーニ カウンタック 素晴らしかった^^ 超羽ぽくて カッコイイなんて見とれてしまいました  のは 何十人もの人だかり しかも  その後 旧車パレード ワクワク最高 走っているのまで 見れました。 1日ゆったり過ごしていました。

エっ  
どこで?って

今年の 12月は、人がさらに増えて 見れるかどうか〜〜?  
穴場です。無料です。驚く程の旧車が走ってくれました。今年も開催を期待します。12月初め 国立 谷保。

2017年新年も ここを覗いて 立ち寄っていただき ありがとうございます。 
明日から  もう2月です。というか・・・後1時間。

昨日 東京で18℃ 今日はいつもの寒さに戻りました。
気温の急変で風邪と仲良くしないでねぇ

時間は 走り出していますねぇ〜
じゃ kei